初心者の方へ

さあ、自作を始めよう

 

自作は難しくない。

「PCを自作する」というと、とても難しいイメージがあると思いますが、自作PCは各パーツが規格品で構成されており、組み立てていくだけのとても簡単な作業です。

当サイトで推奨しているパーツ群は中でもとても作業しやすいものを選択しております。

自作は難しくないです。

ショップブランドのPCやメーカー製のPCを買っても半年も使っていけば中は埃だらけになってしまいます。

定期的な清掃は必ずしなくてはなりません。

その時、パソコンをばらすことになりますが、自作PCの組み立てとは、これに近いものです。

怖がらずにチャレンジして見ましょう。

 

実はamazonで無料のガイドブックが配布されています。

無料ですので、見ないともったいないですよ。

無料のため、簡単な説明にとどまっていますが、一通りの内容は理解できます。

 

もちろん有料の本もあります。

有料の本は内容がもっと充実しています。

現在BTOを使っている方にとってもPCのメンテナンスやパーツの種類などを理解するのに役に立つ内容ですので、興味のある方は是非一度手に取ってみることをお勧めします。

 

自作PCを始めるにあたって必要なもの

工具

実は自作PCはプラスドライバー一本あれば始めることが出来ます。

「難しそう」というイメージに反して、意外に思うかもしれませんが、スマホなどと違ってほとんどが規格品のため、普通のプラスドライバーだけで組み立て、分解をすることが出来るのです。

Fractal designのDefineシリーズはケースのいたるところに手回し式のねじが使われており、開けるだけならばプラスドライバーさえ必要ありません。

値段の高いケースと安いケースというのは、どこが違うかと言うと、こうした細かいところの使い勝手とケースの工作精度が違います。

最初に自作PCを作る場合は出来るだけ工作精度が高く、作業性の高いケースを選ぶのが快適に自作するコツです。

プラスドライバーならば、サイズさえ合えば何でもよいのですが、上のドライバーは先が磁石になっており、ケースにねじを落とした際、簡単に拾い上げることができることと、ねじを回す際にもミスして外れた時にドライバーにくっついて下に落ちることを防止できるので、かなり作業がしやすくなります。

 

自作PCにあったほうが良いもの

次に自作PCを組み立て・分解・メンテナンスするにあたってあったほうが良いものを紹介します。

大抵のことはプラスドライバー一本でどうにでもなってしまうのですが、作業に当たってあったほうが良いものというのはやはりあります。

作成中

更新日:

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.