その他

本日、アナリストが7nmの市場シェア拡大を予測した後、AMDの株価は急上昇

更新日:

Advanced Micro Devices(NASDAQ:AMD 28.725 -1.02%)は、アナリストが同社の7nm製品に強い将来性があるとの理由で株価の「買い」評価を発表した後、日中の急上昇中に株価が急上昇した。

David WongはInstinetのアナリストで、本日、1株あたり33ドルの目標価格でAMDの取材を開始しました。

これは、今日の29.02ドルの終値から15%の上昇を表し、それ自体はAMDの6ヶ月ぶりの最高値です。

 

インスティネットの報道が広まった後、投資家は株買いを急ぎ、その日の1日の売買高は1億1,300万株となり、10日後の平均6万8000万株を大幅に上回りました。

午後の時間帯には、日中の価格は8%前後まで少し緩和する前に、ランチタイムで12%以上急騰しました。

 

AMDはすべての主要分野で成長する見込み

Wongは、主に同社の次期7nm製品スタックを中心に、AMDのいくつかの主要分野で成長すると予見しています。

例えば、アナリストは、EPYCの市場シェアが現在の3〜4パーセントから近い将来には10パーセントに倍増すると見ています。

彼は、来年の第三世代のRyzen CPU製品によって、ノートブックとデスクトップのx86が来年の半ばまで成長するとしています。

そして最後に、AMDはGPUの出荷台数で大打撃を受けているが、アナリストは今年後半に予定されている次のNavi世代の製品からの強い期待をしている。

Naviが販売チャネルを飽和させると、GPUの市場シェアは現在の20パーセント以下から30パーセント以上に増加する可能性があります。

それはAMDに収益性をもたらすでしょう、それは長年の間、苦労してきたことです。

 

「AMDの報告によると、GAAPのEPSは2019年まで上昇し、その後の2019年3月四半期のほぼ終値から有意に上昇すると予測しています」と彼は書いています。

「今後数年間のうちに、AMDはEPSパワーが2.00ドル以上を発揮できるようになると確信しています。」

AMDは1株当たり0.68ドルのEPSで2018年を終えた。 1株当たり2.00ドルで、同社は収益を3倍にするでしょう。

※ EPSとはEarnings Per Shareの略で一株当たりの純利益のことです。投資用語ですね。

 

Digitimes社が2019年を締めくくるために、CPUとGPU両方の出荷において全般的な強みを語ったことを発表した後、株価はさらに上昇しました。

それらの多くがAMD製品であると仮定します。

PCとノートPCの市場全体が堅調で、TSMCが7nmで堅調な販売量を示しているのであれば、AMDはここで最高の成長を遂げていると考えられます。

 

カリフォルニア州サンタクララに本社を置く半導体企業は、2016年初めの史上最低の株価以来着実に勢いを増してきました。

AMDが7nmプロセスを進めている。

これは、次世代のRyzen製品の開発に使用されている。

投資家は、AMDがこの機会を利用する時が来たことに同意しているようだ。

ここで注目すべきことは、同社がすでにインフレされた株価収益率で取引を行っているため、AMDの収益になるだろう。つまり、現在の価格では、投資家はすでに多くのAMDの将来の成長に対して値を付けています。

 もちろん、AMDが今月後半に2019年第1四半期の収益数を発表した後に、さらに多くの情報を報告する予定です。

ソース:wccftech - AMD Stock Soars Today After Analyst Predicts 7nm Market Share Increase

AMD logo

解説:

アメリカのアナリストがAMDの7nm製品に強い将来性があると判断した後、株価が急騰したというニュースです。

私もこのアナリストの意見におおむね同意ですが、唯一単体GPUだけはNaviを投入してもシェアはそこまで戻らないのではないかと思っています。

誤解のないようにお断りしておきますが、私はNaviを購入予定です。

根拠もなくdisっているわけではありません。

冷静に考えてNaviの強みとはPS5やXboxとStadia(ただし、StadiaのGPUは不明です。)に採用されてることで単体GPUとしての性能にはありません。

この辺が多数の業界を紋切り型で分析するアナリストかなと思います(笑。

AMDのGPUの強みとはEPYCと合わせてStadiaのサーバーやAPUとしてゲーム機に押し込む力であり、単体GPUにはありません。

単体GPUはすでにRTXとDLSSというnVidiaの技術が制している(制しつつある)と言ってもよいでしょう。

Naviが如何に優秀なGPUだったとしても予想されうる性能が最高でGTX1080程度といわれていることもあり、新しい存在感を発揮するのは難しい状況でしょう。

丁度Polarisみたいな立ち位置ですね。

Polarisと違うのは7nmで低発熱、省電力を期待できるところです。

そうでなければNaviの発売が遅れるかもしれないという噂は出てこないと思います。

AMDはもはや単体GPUが売れなくても何とも思わないのではないかと思います。

すでにAMDの考えている争点というのはPC向けのdGPUには無いと思います。

STADIAやPS5、Xbox、いずれがマーケットを制したとしてもそこにあるのはAMDのGPUです。

nVidiaのいない世界で覇権を取って、PS5やXboxが勝てば今と同じような形が続くと思いますが、STADIAが勝てばnVidiaのGPUを一掃できる可能性もあります。

Stadiaにも弱点はありますので、必ずそうなるとは言い切れないことはお断りしておきます。

 

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.