GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 2060リファレンスモデル写真付き、デュアルファンクーラー&8ピンコネクタ - GeForce GTX 1160もOEMによって確認済み

更新日:

Videocardzのご好意による、NVIDIAの次期GeForce RTX 2060およびGeForce GTX 1160グラフィックスカードに関する新たなリークがいくつかあります。

GeForce RTX 2060の参照モデルが描かれているだけでなく、HD-Technologiaから漏れる最初のAIBモデルと、OEMから直接入ってくるGeForce GTX 1160に関するいくつかの新しい詳細もあります。

 

NVIDIA GeForce RTX 2060参照モデルの写真(デュアルファンNVTTMクーラー付き) - GeForce GTX 1160、Lenovoによって確認済み

NVIDIA GeForce RTX 2060は、TuringファミリーのGeForceグラフィックスカードの最新製品です。

主流市場と250ドル - 300ドルの価格目標を目指して、グラフィックスカードはその発売以来現在Steamのハードウェアデータベースのトップスポットを保持しているその前身であるGeForce GTX 1060のようなゲームコミュニティの間で人気が出るでしょう。

 

NVIDIA GeForce RTX 2060 - 仕様

仕様の面で詳細に来ると、我々はカードがTU106 GPUコアを使用することを知っています。

このGPU SKUは、1920個のCUDAコア、240個のTensorコア、30個のRTコア、120個のTMU、および48個のROPを備えたRTX 2070のフルバリエーションからわずかに削減されます。

このカードは1360 MHz(Base)および1680 MHz(Boost)の範囲のクロック速度を特長とし、最大6.5 TFLOPのComputeパフォーマンスを提供します。

このカードにはRTX 2070RTコアが6個少ないため、1秒間に4〜5GigaRays相当のレイトレーシングパフォーマンスとなる可能性があります。 これにより、中程度の設定とFPSをでの1080pでのレイ・トレーシングが利用可能になります。

メモリの仕様は、14 Gbpsで動作し、192ビットのバスインターフェイスと一緒に6 GBのGDDR6メモリを搭載するでしょう。

これは、10 Gbps GDDR 5Xダイを備えたGeForce GTX 1080よりも高い、336 GB /秒の帯域幅をカードに提供します。

 

NVIDIA GeForce RTX 2060 - デザイン

設計に直結すると、このカードがGeForce RTX 2070と同じカバーを使用していることがわかります。

これはRTX 2080およびRTX 2080 Tiに装備されているものよりも小型です。

それにはデュアルファンとアルミダイキャスト金属フレームが付属しています。

RTX 2060のロゴが真ん中に見えます。

このカードのカバーは、カード全体を覆いっています。

裏面にもバックプレートが付いています。

 

RTX 2070のような1つの8ピンコネクタがありますが、カードはRTX 2070よりわずかに低い電力を使用することになります。

ディスプレイ出力は2x DP、1x HDMI、1 USB Type-CとDVI-Iポートを含みます。

このカードには、TU106チップベースの製品から予想される通り、NVLINKコネクタも搭載されていません。

 

NVIDIA GeForce RTX 2060 - カスタムモデル

先に進みます、私たちは目の前にリファレンスモデルの情報を持っているだけでなく、ZOTACのカスタムモデルの情報も持っています。

GeForce RTX 2060 AMPと呼ばれるモデルは、前面カバーにデュアルファンを備えた完全カスタムデザインで、側面にLED用のカットアウトがあります。

デザインはZOTAC GeForce RTX 2070とRTX 2080シリーズハイエンドカードに似ていますが、それらと比較して長さが非常に短く、その兄弟モデルのように完全に覆っていたRGBLEDカバーがありません。

 

彼のカードは両方とも8ピンコネクタを使用していますが、ここで興味深いのはPCBが非常に短いということです。

実際、クーラーカバーはPCBを超えて延長され、デュアルヒートパイプが金属ブロックを貫通しており、GPU、VRMおよびメモリが覆われています。

その他の詳細は明らかにされていませんが、1月中旬頃にこのカードが発売されると予想されています。

 

ノートPC向け、LenovoにリストされているNVIDIA GeForce GTX 1160 6 GBおよび3 GBモデル

最後に、私達はそれらのLegion Y530ラップトップ仕様ページを通してLenovoによってさらに確認されるGeForce 11シリーズの噂についての新しい開発をしています。

このページには、GeForce GTX 1160(および次世代GPU)が正式にリストされています。

これは、数日前の情報を裏付けるものです。

グラフィックスカードは、3GBと6GBのバリエーションで最初にモバイルユーザーをターゲットにしており、おそらくGDDR5メモリダイを搭載しているようです。

 

GeForce 11シリーズが、Turing GPUを使用していながら、より安価で効果的な製品のためにレイトレーシングコア非搭載とし、リテール向けラインよりOEM用のラインナップであるかどうかを考えるのは興味深いことでしょう。

RTXカードよりも安くなるのであれば、20シリーズのカードより11シリーズのカードを手に入れたいというシナリオが考えられます。

しかし、繰り返しになりますが、そのようになるのでOEM向けでなくてはなりませんが、リテール向けのバージョンもNVIDIAのAIBパートナーによって提供される可能性があると報告から読み取れます。

今後も詳細をお知らせしますが、さまざまなモビリティチップが発表される予定のNVIDIAのCES 2019基調講演にご注目ください。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 2060 Reference Model Pictured, Dual Fan Cooler & 8-Pin Connector – GeForce GTX 1160 Also Confirmed by OEM

 

 

解説:

いよいよ具体的にRTX2060、GTX1160のモデルの話が上がってきました。

GTX1160搭載モデルのリークがLenovoのノートPCだったため、ひょっとしたらOEM専用モデルじゃないのかという話が出ていますが、わたくしの予想ではおそらくは普通にデスクトップ向けのGPUとして出ると思います。

そう考える理由は単純で、来年の後半にNaviと価格競争する必要があるからです。

nVidiaとしてはRTX搭載カードの値段を下げる気は全くないと思いますので、GTX1160のようなRTX非搭載のカードの値段を下げて対抗するつもりなのでしょう。

これで前世代のミドルハイ(中の上)クラスだったGTX1070-GTX1070Tiがミドルレンジになることになります。

FullHD環境をお使いの方はこれでもはや何ら不満はない性能を手に入れられることになります。

以前に、GPU旧世代と現世代の性能比較でも書きましたが、DirectX11だとGTX1070Ti=GTX980Ti程度の性能ですので、2世代前の最高クラスのスペックがミドルレンジに降りてくることになります。

ハイエンドゲーマーの方は早めに4K、HDRの環境を手に入れて、リッチなコンテンツを楽しめるようにしておきましょう。

LenovoのゲーミングノートでGTX1160搭載モデルの情報もありますが、やはり所詮はノート、RTX無しのGTX1160搭載モデルとなっています。

モバイル版のGPUとの性能差が小さくなったとはいえ、デスクトップ版もぎりぎりまで性能を上げていますので、どうあがいても差は存在します。

熱と消費電力と性能の関係というのはそれほどに厳しいものだからです。

RTX2080Tiの初期に販売されたカードのほとんどすべてが3スロットの巨大なものだったことを考えれば、あの性能をノートの小さな筐体に収めるのが如何に困難かわかるのではないかと思います。

これらを技術的なパラダイムシフト無しに解決しようとすればすべてが価格に跳ね返ってきます。

「コスパ」(笑 が好きな人はノートはやめておきましょう。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.