GPU情報

[疑惑]:AMD、2019年に7nmのRadeon GPUでNVIDIAのTuringを採用

投稿日:

 

我々にとって、グラフィックスが激動の時代の終わりに見えてきました。

当初、暗号バブルによって引き起こされたGPU価格の不当なインフレに悩まされていましたが、それが終わったと同時にとても高価なNVIDIA RTX Turing製品ラインナップが現れました。

さて、暗号バブルが崩壊し、グラフィックス・チャンネルが売れ残ったGPU在庫で過飽和状態になり、TSMCの最先端7nm FinFETプロセスに基づくまったく新しい世代のグラフィックス製品の終焉を迎えます。

まあ、2019は、ディスクリートグラフィックス市場にとって2018年のものとは正反対のものになっています。

 

7nmを手にして、AMDはNVIDIAのTuringをTangoに採用

CEOのリサ・スー(Lisa Su)氏は私たちが信じたくないと思う発言をしました。

NVIDIAの新しいレイトレーシングに焦点を当てたTuringグラフィックスアーキテクチャとの競争をどのように計画しているかについて尋ねられたとき、彼女が先週話したことを思い出してください。

 

AMD CEO Lisa Su - 2018年11月27日 - 第22回クレディ・スイス・テクノロジー、メディア&テレコムカンファレンス

「われわれは信じています。全体的に非常に競争力がありります。それにはGPU市場のハイエンドが含まれる。 私たちは新製品も用意していますし、ミックスすることが正しいでしょう。」

「レイトレーシングには特に重要な技術だと思うが、すべての重要な技術と同様に、実際に採用するには時間がかかる。 ハードウェアとソフトウェアの両方の解決策として非常に緊密に連携しており、レイトレーシングは市場の主流になるにつれて重要な要素となることを期待しています」

- Wccftech.comのトランスクリプト

これは、バロン氏とのインタビューで、「AMDがハイエンドグラフィックスで競争力がある」と主張していた1ヵ月前のインタビューで、AMDは「高性能の高品質製品を製造し、長期的な基盤を確立する」と述べています。

 

TSMCの7nmプロセスは、そのすべてにとって重要です。

AMDのCEO、リサ・ス - Q3 2018 Earnings Call

「次世代の高性能製品に移行し、業界初の7nmのx86 CPUとディスクリートGPUを次の四半期に投入する際に、この勢いで構築する重要な機会のように見える」

同社がNVIDIAのハイエンドTuringグラフィックスカードとどのくらい競争する予定かはっきりしていません。

特に、私たちは、AMDの7nm NaviがGTX 1080クラスの性能を備えた主流の製品であることを一貫して聞いています。

 

AMDはATiの全盛期の精神を取り戻そうとしています

同社は実際には、第1世代のEPYC、Threadripper、第2世代のEPYCという形でCPU側で非常に成功したことが証明された後、実際にGPU側でチップレット戦略を発表する予定です。

それはDavid Wangの舵取りに新鮮で非常に熱心なゼネラルマネージャーが加わり、AMDはまだタオルを入れる準備ができていないということです。

pcgamesn.comと話すWangは、他の年を飛び交う古いATiとNVIDIAの日と、その競争心をどのように戻すのかについて話しました。

 

「それで、あなたはこのビジネスを非常にエキサイティングにし、とても面白いものにしています」と彼は言いました。

「これは、ゲーマーを毎年新しいハードウェアに興奮させる方法です。 どういうわけか私たちはその勢いを失ったと思う。

しかし、私が言っていることは、このビジネスをより楽しくするために、そのリズムに戻ることに決心しているということです。

デイビッド・ワンは物事をきちんと実行するだけでなく、話をする準備ができていることは間違いありません。

Radeonのファンのためだけでなく、GPU市場全体のために。 強力で競争力のあるRadeon製品ラインナップは、GeForceファンにとっても安価なNVIDIA製品を意味します。

ソース:wccftech - AMD Pledges to Take On NVIDIA’s Turing With 7nm Radeon GPUs in 2019

 

AMD logo

 

 

解説:凄いニュースだと思って翻訳したのですが、AMDの役員が明確に「Take On Turing」と発言している部分がありません。

AMDのCEOやゼネラルマネージャーの話を総合して、断片的な説明から、「AMDはTuringを採用するのではないか」という話が膨れ上がったということのようです。

実際にゲーマー向けの7nm版Vegaが発売されるかどうかははっきりしてません。

しかし、Radeonの開発チームを手放したAMDがTuringに対抗できるレイトレーシング対応のGPUを開発できる能力があるかどうかははっきり言って微妙だとわたくしも思っていました。

このニュース(説?)が正しいかどうかは未知数だと思います。いや、思いたいです。

原文が慣用表現を含んだ翻訳しづらい文章で、かなり超訳(跳躍)していますので、英語力に自信のある方は原文を読んでみることをお勧めします。

どこかに明確にAMDがTuringを採用するという部分があるかと思ったのですが、タイトル以外にその部分はありませんでした。

こんな東スポみたいな記事を海外の大手メディアが書くとはびっくりです。

一応第一報としてお知らせはしておきますが、あまりに東スポライクな記事なのでタイトルに[疑惑]を入れさせていただきました。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.