CPU情報

intel Cascade Lake AP 48コアXeonプロセッサの概要を発表、AMD 32コアEPYCより最大3.4倍高速

投稿日:

インテルは次世代のXeon、Cascade Lake-APまたはAdvanced Performanceプロセッサの多くの性能を発表しました。

先週Intelが発表した新しいXeonプロセッサは、Supercomputing 18で詳細を発表すると約束しました。

約束通り、その性能の詳細が発表されました。

 

インテル、AMDのEPYC 32コアと比較して、Cascade Lake APの48コアXeon性能数値を発表

先週、IntelはXeonのラインナップからAdvanced Performanceの命名規則の下で新しいプレミアムチップラインを作ると発表しました。

このラインナップの最初のプロセッサは、Cascade Lakeアーキテクチャーに基づいているため、Cascade Lake Advanced Performanceの命名規則を使用します。

これらのプロセッサは、MCP(マルチチップパッケージ)設計でパッケージ化され、チップ当たり最大48コアと96スレッドを備えています。

また、12個のDDR4チャネルをサポートし、非常に高密度のDIMMとOptane DCメモリをサポートします。

先週、インテルは、2ソケットサーバーから得られた予備のパフォーマンス数値を示しました.

48コアの2つのチップは合計96コアと192スレッドを意味します。

12チャンネルメモリは合計24個のDIMMスロットを提供し、実際に高密度のECCメモリで満たすことができると考えて、最大3 TBのメモリサポートを検討しています。

ECCメモリに加えて、新しいXeonsは最大512 GBの容量を備えたOptane DC Persistentメモリもサポートします。

2Sサーバーのうち24台が、12TBのシステムメモリを驚かせます。

これは、Cascade Lake-APのクラスのCPUを通じてのみ可能な、前例のない量のメモリ帯域幅を提供します。

パフォーマンスの結果は以下のとおりです。 結果は製造前のハードウェアに基づいているため、初期のエンジニアリングサンプルに基づいた結果を確認している可能性があります。

Industry Benchmarks:

  • LinpackでAMD EPYC 7601 (2S)より3.4倍高速
  • LinpackでIntel Xeon Scalable 8180 (2S) より1.2倍高速
  • Stream TriadでAMD EPYC 7601 (2S) より1.3倍高速
  • Stream Triadで Intel Xeon Scalable 8180 (2S)1.83倍高速
  • AI/DL inferenceでIntel Xeon Scalableに対してイメージ/秒で17倍高速

Real World Benchmarks:

  • MILCでAMD EPYC 7601 (2S) より1.5倍高速
  • WRFでAMD EPYC 7601 (2S) より1.6倍高速
  • OpenFOAMでAMD EPYC 7601 (2S)より1.6倍高速
  • NAMD (APOA1)でAMD EPYC 7601 (2S)より2.1倍高速
  • YASK (ISO3DFD)でAMD EPYC 7601 (2S) より3.1倍高速

インテルがスーパーコンピューティング2018で発表した内容:

インテルは、スーパーコンピュータ2018で、次世代のCascade Lake advanced performance processorsを発表しました。

これは、統合ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)および人工知能(AI)ワークロードをサポートするように設計された新しいクラスのインテルXeonスケーラブル・プロセッサです。

2019年の上半期に発売予定のCascade Lake advanced performance processorsは、物理学、気象モデリング、製造、ライフ・マテリアル・サイエンスなどの分野のアプリケーションを高速化するように設計されています。

プロセッサーはインテル DLブースト技術を採用しており、2017年のロンチ時にインテル Xeon Platinumプロセッサーの測定と比較して、AI /深部学習の推論性能を最大17倍向上させています。

北ドイツスーパーコンピューティングアライアンスは、次世代のスーパーコンピュータでカスケードレイクの高性能プロセッサを採用し、大幅な計算効率と効率の向上を実現します。

Bull Atos *、Colfax *、Cray *、HPE *、Inspur *、Lenovo *、Megware *、Penguin *、Quanta *、Sugon *、Supermicro *などの複数のOEMが、Cascade Lake advanced performance processorsをサポートすることを発表しました。

インテルより

また、プラットフォームがSkylake-SPに対応しているPurleyとは異なる設計であり、今後のCascade Lake-SP Xeonsを収容する予定であることが読み取れます。

おそらく、BGA 5903であると噂された別のソケットである可能性があります。

したがって、別のプラットフォームである可能性が高いでしょう。

新しいCascade Lake-SP Xeon CPUは2019年初頭に出荷される予定で、Cascade Lake-AP Xeon CPUが近い将来に出荷される予定です。

インテルは発売日を発表していませんが、詳細がわかればお知らせします。

ブランド名 Skylake-SP Cascade Lake-SP Cascade Lake-AP Cooper Lake Ice Lake-SP Ice Lake-AP
製造プロセス 14nm+ 14nm++ 14nm++ 14nm++ 10nm+ 10nm+
プラットフォーム Intel Purley Intel Purley 不明 Intel Whitley Intel Whitley 不明
マルチソケット No No Yes No No Yes
ソケット LGA 3647 LGA 3647 BGA 5903 LGA 4189 LGA 4189 不明
最大コア数 28 28 48 28 不明 不明
最大スレッド数 56 56 96 56 不明 不明
最大L3容量 38.5 MB L3 38.5 MB L3 不明 不明 不明 不明
サポートメモリ DDR4-2666 6-Channel DDR4-2933 6-Channel DDR4 2933 12-Channel 不明 8-Channel 不明
TDPレンジ 140W-205W 165W-205W 不明 不明 Up To 230W 不明
競合 AMD EPYC Naples 14nm AMD EPYC Rome 7nm AMD EPYC Rome 7nm AMD EPYC Rome 7nm AMD EPYC Milan 7nm+ AMD EPYC Milan 7nm+
発売時期 2017 2018 2019 2019 2020 2020?

ソース:wccftech - Intel Unveils More Cascade Lake-AP 48 Core Xeon CPU Performance Numbers – Up To 3.4X Faster Than AMD EPYC 32 Core CPU

 

intelがAMDのZen2に対して新たな手を打ってきましたね。

intelはリソースがたくさんあるので、設計を変えて様々なプロセッサを展開できます。

無理にデスクトップと一緒の設計を使う必要がないのもintelの強さを一つです。

対するAMDはサーバーとデスクトップで全く別の設計にすることができません。

わたくしが「intelは多少不利になってもつぶれない」と言っている根拠がこれですね。

そうはいっても第二世代のEPYCをそのまま放置しておくわけにはいきませんので、利益率の高そうな分野から早速手を打ってきたというところでしょう。

あまりゲーミング向けには関係なさそうな分野ですが、ひょっとしたらCascade Lake-APの流れをくむ設計のCPUがデスクトップ向けに降りてくる可能性もあります。

「こんな話もあるよ」くらいに考えてもらえると幸いです。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.