GPU情報

Nvidia、特定のGPUとPCのスタッタリング問題に対処するホットフィックスドライバをリリース - すべての現行グラフィックスカードに対応

投稿日:

ドライバ551.46は、Nvidiaがここしばらくの間にリリースした修正ドライバの中でも最大級のものだ。

NvidiaがHotfixドライバをリリースすることは稀であり、リリースされたとしても、通常は次のメジャードライバリリースが行われる前にパッチを適用する必要がある超クリティカルなバグに関連する1つか2つの修正が行われるだけである。

しかし、今回、Nvidiaは、より広範なホットフィックスドライバであるバージョン551.46をリリースし、主にスタッタリング問題に関連する合計4つのバグ修正を行った。

これに加え、Nvidiaは、ドライバ551.23の分岐バージョンであるにもかかわらず、このドライバにRTX 4080 Superのサポートも静かに追加した。

Nvidiaのパッチノートによると、V-Syncを有効にしたゲームで断続的にマイクロスタッタリングが発生する問題を修正した。

これがNvidiaのドライバV-Sync、Fast Sync、ゲーム内V-Sync、あるいはそれら全てに特有のものなのかどうかは定かではないが、Nvidiaの表現によれば、V-Syncの全ての形態に影響するようだ。

修正された他の3つの問題には、特定のシステム構成におけるウェブブラウザのスクロールにまつわるスタッタリング問題、レッド・デッド・リデンプション2の高度なOptimusラップトップで観察されたスタッタリング、およびImmortals of Aveumにおける安定性の問題が含まれる。(Immortalsは、FSR 3をサポートした最初のゲームの1つである)。

Nvidiaがリストアップしたこれらの問題のいずれかをお持ちの場合、この新しいHotfixドライバで解決できるはずです。

しかし、NvidiaがこれらのHotfixドライバを「ベータ」ドライバとみなしていることは言及しておく価値がある。

Hotfixドライバは、ゲーム対応ドライバのアップデートに特化したNvidiaの品質および管理チャネルのほとんどをバイパスして、できるだけ早く出荷されます。

上記のような問題がない場合、Nvidiaの最新Hotfixドライバに安定性の問題があった場合に備えて、最新のGame Readyドライバを使用する価値があるかもしれません。

ソース:Tom's Hardware - Nvidia releases hotfix driver to address stuttering problems with certain GPUs and PCs — supports all current graphics cards

 

 

 

 

解説:

nVIDIAが珍しくHotfixドライバをリリース。

nVIDIAのドライバ551.46はスタッタリング(画面のカクツキ)に対する改善が含まれるようです。

ゲーム用途としてはかなり致命的だと思いますが、緊急的にリリースされたところを見ると、この問題をあることを確認していたようですね。

残念ながら、これはベータドライバで、正式な対応には今しばらく時間を要するようです。

とりあえず不具合に遭遇している方は入れてみたらよいのではないかと思います。

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2024/02/28 07:32:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.