CPU情報 その他

AMD、サーバー、デスクトップ、ノートブックでインテルから市場シェアを奪う - マーキュリー・リサーチの新データによる2023年第4四半期のデータ

投稿日:

第4世代EPYCとRyzen 7000シリーズプロセッサーは、勝利のコンボとなった。

コンピューティング市場と半導体市場には回復の兆しが見えてきており、Mercury Researchの新しいデータでは、AMDがその恩恵を受ける主要企業のひとつであることが明らかになっている。

「AMDは、サーバー、デスクトップ、ノートブックの収益シェアを前年比で大きく伸ばした」と、Mercury Researchのデータを共有した電子メールの中で述べている。

AMDの販売台数シェアも好調だった。

第4世代EPYCとRyzen 7000シリーズの両プロセッサに対する堅調な需要が、AMDの明らかな成功の背景にあると、市場調査会社は主張している。

デスクトップPC、モバイル、クライアント 売上高/台数シェア

マーキュリーの発表によると、AMDの売上高シェアは前年同期比2.0%増の15.4%、販売台数シェアは同3.1%増の20.1%となっている。

PC市場を注視している人なら、クライアントPC市場が2023年の大半までやや厳しい状況にあったことを知っているだろう。

しかし、かつて問題を抱えたメモリー・メーカーなど、さまざまなセグメントからの報告では、2024年に向けて楽観的な見方が多いことが明らかになっている。

忘れてはならないのは、2024年はAI PCの年になるということである。

そうなれば、マイクロソフトはアップグレード者に新しいシステムやNPUを搭載したプロセッサーの購入を促すだろうし、いくつかの機能には少なくとも16GBのRAMが必要になるかもしれない。

これらの予想される出来事のいくつかは、本稿執筆時点ではまだ確定していないが、PCビジネスにとってはポジティブなものになりそうだ。

マーキュリー・リサーチのAMDデスクトップCPUシェア

23Q423Q323Q223Q122Q422Q322Q222Q121Q421Q321Q221Q120Q420Q320Q220Q119Q419Q319Q219Q118Q418Q318Q218Q117Q417Q317Q217Q116Q416Q3
AMD デスクトップ
シェア(個数)
19.8%19.2%19.4%19.2%18.6%13.9%20.5%18.3%16.2%17.0%17.1%19.3%19.3%20.1%19.2%18.6%18.3%18.0%17.1%17.1%15.8%13.0%12.3%12.2%12.0%10.9%11.1%11.4%9.9%9.1%
対前四半期比/
対前年同期比 (pp)
+0.6 / +1.2-0.2 / +0.5+0.1 / -1.02+0.6 / +0.9+4.7 / +2.4-6.6 / -3.1+2.2 / +3.4+2.1 / -1.0-0.8 / -3.1-0.1 / -3.1-2.3 / -2.1+0.1 / +0.7-0.8 / +1.0+0.9 / +2.1+0.6 / +2.1+0.3 / +1.5+0.3 / +2.4+0.9 / +5Flat / +4.8+1.3 / +4.9+2.8 / +3.8+0.7 / +2.1+0.1 / +1.2+0.2 / +0.8+1.1 / +2.1-0.2 / +1.8-0.3 / -+1.5 / -+0.8 / --

マーキュリー・リサーチのAMDモバイルCPUシェア

23Q423Q323Q223Q122Q422Q322Q222Q121Q421Q321Q221Q120Q420Q320Q220Q119Q419Q319Q219Q118Q418Q318Q2
AMD モバイル
シェア(個数)
20.3%19.5%16.5%16.2%16.4%15.7%24.8%22.5%21.6%22.0%20.0%18.0%19.0%20.2%19.9%17.1%16.2%14.7%14.1%13.1%12.2%10.9%8.8%
対前四半期比/
対前年同期比 (pp)
0.8 / 3.92.9 / 3.80.3 / -8.3-0.2 / -6.3+0.8 / -5.1-9.1 / -6.4+2.3 / +4.8+0.9 / +4.4-0.4 / +2.6+2.0 / +1.8+1.9 / +0.01-1.0 / +1.1-1.2 / +2.8+0.3 / +5.5+2.9 / +5.8+0.9 / +3.2+1.5 / +4.0+0.7 / +3.8+1.0 / +5.3+0.9 / ?

サーバー売上高/台数シェア
サーバーCPU(マーキュリーリサーチ調べ)

23Q423Q323Q223Q122Q422Q322Q222Q121Q421Q321Q221Q120Q420Q320Q220Q119Q419Q319Q219Q118Q418Q318Q217Q4
AMD サーバー
シェア(個数)
23.1%23.3%18.6%18.0%17.6%17.5%13.9%11.6%10.7%10.2%9.5%8.9%7.1%6.6%5.8%5.1%4.5%4.3%3.4%2.9%3.2%1.6%1.4%0.8%
対前四半期比/
対前年同期比 (pp)
-0.2 / 5.54.7 / 5.80.6 / 4.7+0.4 / +6.3+0.1 / +6.9+3.6 / +7.3+2.3 / +4.4+0.9 / +2.7+0.5% / +3.6+0.7 / +3.6+0.6 / +3.7+1.8 / +3.8+0.5 / +2.6+0.8 / +2.3+0.7 / +2.4+0.6 / 2.2+0.2 / +1.4+0.9 / +2.7+0.5 / +2.0-0.3 / -+1.6 / 2.4+0.2 / -

AMDのサーバー事業は、EPYCプロセッサーによってクライアント側よりもさらに好調だ。

AMDは、サーバー市場における売上高シェア31.1%は同社にとって過去最高であると強調している。

売上高シェアは前年同期比で4.0%上昇し、このセグメントから過去最高の利益を上げている。

サーバー台数シェアはAMDの売上台数シェアよりもさらに良かった。

2023年第4四半期のレッドチームのサーバー台数シェアは前年同期比5.5%増の23.1%であった。

これは、もうひとつの激戦市場において大きな増加である。

AMDは、集計データでも明らかなように、前四半期比で数量シェアがわずかに減少しているが、これは「データセンター以外の用途に販売される競合他社のサーバー・プロセッサーの数が増えたこと、およびAtomの出荷台数が増加したことを反映している」と強調している。

名前の挙がっていないの主要競合他社とは、もちろんインテルのことである。

インテルの業績について詳しく知りたい方は、1月下旬に発表されたインテルの2023年度第4四半期業績に関する分析をご覧いただきたい。

簡単に言えば、インテルの2023年第4四半期は、全体的に精彩を欠いたが、最終四半期には活気を取り戻したということだ。

AMDとは対照的に、同社のデータセンター事業は減少(前年同期比10%減)したが、その原因の一部は市場全体の縮小と在庫調整であった。

ソース:Tom's Hardware - AMD takes market share from Intel in server, desktop, and notebooks — new Mercury Research data shows Q4 2023 data

 

 

 

解説:

業績を回復させるAMD、ゲーマーから見て不満でも結局AMDの経営判断は正しかったという結果に。

残念なお知らせです。

ゲーマーとしてはここ数年のAMDの方針は不満の極みでしたが、それに反して一時期落ちたAMDのシェアは順調に回復しています。

特にサーバー部門では17Q4は0.8%とほぼ0でしたが、直近の23Q4では23%台ともう少しで1/4である25%に達しそうな勢いです。

Zenシリーズのアーキテクチャー自体がサーバー向けとなっていて、シングル性能を上げるのはあまり得意な構造になっていないため、デスクトップでは一見不利に見えても、利益率の高いサーバーでは特に困ってないということになります。

デスクトップに関しては増えているとは言っても微増にとどまっており、AM4がamazonのランキング上位に来ているのは転売屋が在庫を確保して売るのに22カウントされているというのが大きいようです。

非常に迷惑な話ですが、今後amazonの売り上げランキングはもう役に立たないと考えたほうがよさそう。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

 

 

-CPU情報, その他
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.