CPU情報

AMDの次世代APU「Zen 5」が登場 - RDNA 3.5 GPUを搭載した「Strix Point」と「Strix Halo」がROCmコードに掲載

投稿日:

AMDはROCmソフトウェアスタックに次世代APUのサポートを追加した。

Kepler_L2氏の指摘により、AMDはGPUのプログラミングに使用されるROCmソフトウェア・スタックに、コードネーム「Strix Point」と呼ばれる次世代アクセラレーテッド・プロセッシング・ユニットのサポートを追加した。

この追加により、Zen 5マイクロアーキテクチャに基づくAMDの次期プロセッサーが、RDNA 3.5アーキテクチャに基づくGPUを搭載することが確認された。

AMDのStrix Point Halo APUは、RDNA 3.5クラスターを備えたAMDのGFX1151 GPU IPを搭載するが、通常のStrix Pointプロセッサーは、GFX1150と特定される別のGPUを搭載し、RDNA 3.5 GPUクラスターの数が少なくなる。

AMDのRDNA 3とRDNA 3.5 GPUアーキテクチャの正確な違いは不明だが、パフォーマンスと電力効率の向上が期待できるのは確かだ。

AMDのStrix Point製品は、同社のRyzen 8050シリーズ・プロセッサーに属し、2024年または2025年にリリースされる予定だ。

一方、Strix Point Haloは、Zen 5マイクロアーキテクチャとより高性能なRDNA 3.5 GPUをベースにすると予測されている。

対照的に、通常のStrix Pointは、Zen 5とZen 5cコアの組み合わせ(合計12コア)と、より小型で低性能のRDNA 3.5 GPUを搭載すると噂されている。

また、すべてのRyzen 8050シリーズAPUには、XDNA 2ベースのAIエンジンが搭載される見込みだ。

また、ハードウェア愛好家の間では、AMDのStrix Point Haloは通常版とは異なるデザインを採用するとの憶測も流れている。バニラのStrix Pointはモノリシックなデザインを採用するのに対し、Haloはチップレット構造を採用するとみられている。しかし、これらの主張を立証する証拠も反論する証拠も今のところ得られていない。

AMDのStrix Pointについて特に興味深いことの1つは、ROCmコードにその記述が見つかったことだ。

ROCmはAMDの人工知能(AI)およびハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)用ソフトウェア・スタックであるため、AMDのGFX1150およびGFX1151 GPUの追加は、APUがそのGPUコアでAIまたはHPCアプリケーションを実行できることを示す可能性がある。

初期のStrix Point APUは主にラップトップや小型フォームファクタのデスクトップに対応するが、AMDは最終的にAM5マザーボードに収まるこれらのプロセッサのデスクトップ版をリリースする見込みだ。

ソース:Tom's Hardware - AMD's next-gen Zen 5 APUs appear — Strix Point and Strix Halo listed in ROCm Code with RDNA 3.5 GPU

 

 

 

解説:

ROCmのコードにStrix PointとStrix Haloの記述が発見される。

最近音沙汰のないStrix PointとStrix Haloですが、発売に向けて着々と準備は進んでいるようです。

ROCmのコードに記述が見つかるということはROCmで使用できる可能性があるということでしょう。

当サイトのスクリプトを利用しているユーザーの報告によるとRadeon 780Mでも使用できたようですから、おそらくStrix PointとStrix Haloでも使えるものと思います。

Strix PointはZen5+Zen5cのハイブリッドで合計12コア、内臓GPUは16CUになり、Radeon 780Mの12CUから大幅に強化されます。

当サイトで力を入れているStable Diffusion WebUIで十分な性能を発揮できるとは言い難い仕様ですが、メモリの帯域の問題もあり、どのくらいの実性能を発揮するのかは興味が尽きないところです。

また、AIEも搭載されるということです。

AIEやTensorコアのようなハードウェアAIアクセラレーターは利用にあたってonnxなどデータを別の形式に変換する都合上、Stable Diffusion WebUIでの利用においてはCUDAの強化と同列には扱えないところが難しいところです。

この辺が解決すればAIEがあるかないかを判断材料にする人も増えていくと思います。

いずれにしても大ヒットしたといってもいいPhoenixからさらに進化した製品ということで市場に大きなインパクトを与えることは間違いないでしょう。

2025年にARM版WindowsのQualcomm社独占が解除されますので、出すのであれば、そろそろARMのSoCの話が出てもよいころだと思います。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.