ストレージについて その他

Samsungの大容量8 TB 「T 5 Evo」 が外付けSSD容量の壁を破ったが、中国での発売希望小売価格を大幅に下回った

投稿日:

現在、MRSPより150ドルほど安いと見ている。

1週間前のSamsung T5 Evo(8TB)ポータブルSSDのレビューでは、希望小売価格の問題を強調した。

これらのドライブは米国ではまだ入手できないが、中国で希望小売価格をはるかに下回る価格で販売されているのは喜ばしいことだ。

例えば、我々がレビューした8TBモデルの希望小売価格は649ドルだった。

しかし、MyDriversは本日、中国のjd.comでこれらのドライブが販売されているのを発見し、8TBモデルが約500米ドル相当で販売されているのを確認した。

Samsung T5 Evo ポータブル SSD の希望小売価格と中国価格を以下に示します。

現在の為替レートで)直接換算した価格は、必ずしも米国での小売価格がそのまま反映されるわけではありませんが、現時点での最善のものであることに注意してください。

また、中国の標準的な付加価値税(VAT)13%を除いた欄も追加した。

ブラックフライデーのSSD案件を考えると、価格がさらに下がることは想像に難くない。

一例として、Samsung 990 Pro 4TBは希望小売価格354.99ドルで発売された。

今現在、AmazonではSamsung 990 Pro 4TBをわずか249.99ドルで購入することができる。

希望小売価格と実際の価格にはかなりの開きがある。

Samsung T5 Evoの価格比較

モデルUS希望
小売価格
中国での価格
(ドル換算)
中国での
税抜き価格
2TB$189.99$140$125
4TB$349.99$250$221
8TB$649.99$500$445

以上のことから、私たちがレビューしたSamsung T5 Evo 8TBの米国価格は、650ドルではなく445ドル程度に下がる可能性がある。

これは大きな違いであり、非常に歓迎すべきことでもある。500ドルでも650ドルよりはるかに理にかなっている。

SamsungのT5 Evoの希望小売価格は、自社厩舎のより上位の、より高速な性能を持つポータブルSSDと比較する意味すらない。

T5 Evoファミリーは米国ではまだ発売されていないが、より高速なSamsung SSD T7 2TBはすでに約135ドルで入手可能であり、IP65準拠の堅牢なSamsung T7 Shield 2TBは実際にはより安価な約120ドル、4TBモデルは約200ドルとなっている。

これらのT7ファミリー・ポータブル・ドライブはTLC NANDを使用しており、新しいT5 Evoよりも一般的に優れた代替品となっている。

上記の例はすべて、転送速度が遅く、QLC NANDを搭載した下位モデルのT5 Evoを下回っている。

Samsungとその小売パートナーは、下位の製品に高い価格を付け、台数の増加を期待することができないのは明らかだ。

T5 Evoの唯一の利点は、ファミリーの中で最も容量の大きいモデルが、便利でコンパクトな1つのデバイスになんと8TBのストレージを提供していることだ。

ソース:Tom's Hardware - Samsung's capacious 8TB T5 Evo breaks the external SSD capacity barrier but maybe not the bank, debuting well below its eye-watering launch MSRP in China

 

 

 

 

解説:

Samsung T5 Evo 8TB

に関する価格です。

中国では500ドルで販売されています。

付加価値税を抜くと445ドルであり、650ドルで販売されているアメリカと比較すると大きくかけ離れています。

日本ではどうかと言うと

created by Rinker
サムスン(SAMSUNG)
¥111,596 (2024/05/25 19:52:32時点 Amazon調べ-詳細)

9万円を超える価格で売られており、中国の445ドル=67,195円(税抜)価格より、アメリカの650ドル=98,150円に近いと言えると思います。

元記事では中国での価格に会わされるのではないかと期待されています。

中国ではアメリカより国民一人当たりの購買力が弱く、生産地であることとアメリカに制裁を受けているため比較的物が余っていることもあって価格の下落圧力が強いです。

これらの価格下落圧力が強まるとアメリカの店頭価格にも影響を与えるのではないかと期待されています。

こうした現象は「デフレの輸出」と言われています。

実際、特に内蔵SSDなどは中国国内で余っている製品が日本にも回ってきて大きく値下げをする要因になっています。

日本のみならず、世界中でこうした現象を引き起こしているということです。

消費者にとってはうれしいですが、メーカーとしてはたまらないでしょうね。

2024年からはアメリカも長期の不況に突入すると言われており、需要は全体的に落ち込みますから、デフレの輸出は一層強くなるかもしれません。

 

-ストレージについて, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.