GPU情報

Nvidia GeForce RTX 4080 Superは20GBのVRAMを搭載するとの噂

投稿日:

RTX 4090が制裁を受けそうな中国では特別な魅力があるかもしれない。

ここ数日、NvidiaのAda Lovelaceコンシューマー向けグラフィックスカード・ポートフォリオにGeForce RTX 4000 Super SKUが追加されるという噂がさらに浮上している。

最大の潜在的ニュースは、中国の技術テストサイトBenchlifeが、20GBのVRAMを搭載したGeForce RTX 4080 Superが登場する兆候を見たことだ。

このアップグレードは、16GBの既存のRTX 4080の改良に値すると考える人もいるだろう。

Superエディションに関するその他の重要な詳細はさらに薄くなっているが、以下にRTX 4000 Superの噂の状況を抽出してみる。塩を持ってきてください。

今月初め、我々はMEGAsizeGPU経由でもたらされたRTX 4000 Superの噂の最初の価値あるセットを熟考した。そのTweet/Xから得られた重要な情報は、GeForce RTX 4080 Super(多分Ti)が2024年初頭に登場するというものだった。

さらに、それはAD102 GPUをベースとし、450W以下のTGPを持ち、既存のRTX 4080と同様の価格である。

今週、同じ情報提供者は、Nvidiaとパートナーが「AD103ベースで、256ビットの帯域幅と16GのVRAMを持つ」RTX 4070 Superのリリースも準備していると主張した。

さらにMEGAsizeGPUは、GDDR6を搭載したRX 4070 D6モデルも登場すると見ている。

Benchlifeは実際にこのツイートをニュースセクションに埋め込み、独自の情報源から20GBのGeForce RTX 4080 Superが準備されていることを示唆するデータを追加した。

モデルGDDR6X
VRAM
GPU
RTX 409024 GBAD102
RTX 4080 Super20 GBAD102
RTX 408016 GBAD103
RTX 4070 Super12 GBAD103
RTX 4070 Ti12 GBAD104
RTX 407012 GBAD104
RTX 4070 D616 GB (GDDR6)AD104

Ada Lovelaceシリーズに追加されると噂されているものを加えると、上記のようなものになるはずだ(下位のカードは無視する)。

GPU Rumorvilleは、新しいSuperシリーズGPUのCUDAコア数については把握していない。

ただ、RTX 4060 D6がGDDR6XからGDDR6への移行を除けば同一であろうと主張している。

RTX 4080 Superが本当に既存のRTX 4080と同じ価格で登場するのであれば、Nvidia製品がAMDのRadeon RX 7900 XTXフラッグシップが闊歩するこの分野で競争するのを助けるために、おそらくSuper以外のカードの価格を下げることになるだろう。

一方、RTX 4070 SuperとRTX 4070 D6は、ターゲットとするのに十分な価格と性能のギャップを埋めるものである。

最近の米国/中国制裁のニュースを考慮すると、RTX 4080 Superも中国で特別な魅力を持つことになるかもしれない。

おそらく、新しいAD102ベースのRTX 4080 Superカードは、11月16日から施行される帯域幅/演算能力の輸出規制のレッドラインぎりぎりに来るようにスペックが調整されるでしょう。

ソース:Tom's Hardware - Nvidia GeForce RTX 4080 Super Rumored to Feature 20 GB VRAM

 

 

 

解説:

RTX4080SUPERのスペックがリーク

それによるとAD102を使用し、メモリは20GBであるようです。

メモリバスは320bitになりますね。

わざわざAD102を使うのであれば、CUDAコア数はAD103のフルシリコンである10,752よりも多くなると思われます。

当然これがRTX4080無印と同じ価格で出るならば、かなりのお買い得モデルとなると思います。

恐らく、規制後の中国でRTX4090として売るのでしょうから、規制ギリギリまでスペックを上げてくるのではないかと思います。

 

RTX4070SUPERはAD103を使用し、メモリは12GBと変わらず、これは残念ですね。

AD103を使うのであればCUDAコア数は7,680より上で、RTX4080の9,728より下になると思われます。

メモリバス幅は当然192bitで変わらず。

12GBなのは残念ですね。

 

RTX4070 D6 16GBはAD104を使ったモデルで、メモリをGDDR6XからGDDR6へ落とし、メモリ容量を16GBにアップしたモデルです。

CUDAコア数は変わらずだと思います。

 

これから出る新モデルなのでしょうが、この3つのモデルの感想というか筆者の意見を書いておきます。

RTX4080SUIPERは価格次第ですが、場合によってはかなりの人気モデルになる可能性があると思います。

価格が今のRTX4080と同じだった場合、相当お買い得なモデルと言えるでしょう。

※ 忘れている方もいると思いますが、SUPERとは元々そう言う位置づけのモデルです。

 

RTX4070SUPERは今回発表されたモデルの中では一番不遇なモデルでしょう。

CUDAコア数がどのくらい増量されるのかわかりませんが、このクラスでメモリが12GBなのは痛いです。

価格は恐らくTiと同じレンジになると思います。

 

RTX4070 D6 16GBも価格次第で評価が分かれるモデルです。

願望込みですが、メモリをGDDR6XからGDDR6に劣化させていることから考えると価格はRTX4070とほぼ同じになるのではないでしょうか。

そうでなかったら不人気モデル確定ですね。

わざわざ仕様が劣化したモデルならば、RTX4070 D6 16GBの発売を受けてRTX4060Ti 16GBの価格が下がるのでしょうから、価格重視の方は其方を買うのではないでしょうか。

性能が欲しい方はRTX4080SUPERの発売を受けて価格が下がると思われるRTX4080を狙った方が良いと思います。

Geforceのミドル以下のモデルは何かと不遇ですが、わざわざ仕様を劣化させる意味があるのでしょうか?

 

今回リークした3モデル全て、価格がカギを握っていると思います。

価格が高ければあまり魅力は感じませんし、価格が安いならばかなり良いと思います。

これからモデル末期になるRTX4000シリーズのてこ入れとしてうまく機能してほしいところです。

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2023/12/11 06:55:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.