その他

わずか176MBのRAMで動作するWindows 11のデモ

投稿日:

開発者がウィンドウズ11を必要最小限に削減

偽名開発者NTDevは、わずか176MBのRAMを搭載したシステムでWindows 11を起動し、動作させるデモに成功した。

このRAM容量は、マイクロソフトが推奨する最低量の約20分の1である。

この大胆な世界記録を達成するために、Tiny11プロジェクトの頭脳によれば、Windows 11とそのドライバーは必要最低限にまで削減された。

NTDevのビデオでは、小さなアプリやユーティリティを使用した場合、高度に制約されたシステムは、反応しないまでも「驚くほど使える」ことがわかる。

しかし、この簡素化されたTiny11システムは、エクスプローラーではなくコマンド・プロンプトで起動する。

これは、200MBのRAMでWindows 11を起動した場合とは対照的である。

デフォルトのWindowsデスクトップ・ファイルマネージャー・アプリをバックグラウンドで実行しながら200MBのTiny11をテストしたところ、"ひどく遅い "ことが確認されたからだ。

NTDevはどうやったのか?開発者によれば、「どのドライバとサービスがWindows 11を起動させるために絶対に必要なものなのか」を見極めながら、広範囲に及ぶ試行錯誤を繰り返しました。

「どのディスク・ドライブのインターフェイスが使用されているか(IDEが使用されている)なども考慮された」と開発者は述べている。

埋め込まれたビデオでは、NTDevが起動時にどのドライバが起動され、どのドライバが停止され、どのドライバが無効化されたかを示しているのを見ることができる。

開発者はNirSoftのServiWinツールを176MBのRAMシステム上で実行し、このレベルの細かな調整を行った。

NTDevのツイートに対して、Windows Insiderの開発者Xenoは、「テキストのみのWindows 11」オプションがわずか96MBで実行できると指摘した。

Xenoはすぐに、この絶対的にフラット化されたWindows 11のインストールが実用的でないことを認めた。

NTDevは、この最新のWindows 11の互換性とユーザビリティを緊張させる偉業の背後にいる、ますますおなじみの名前です。

以前、彼のTiny11とTiny10 OSパッケージについて読んだことがあるかもしれない。

彼はまた、Windows 11をGPUのVRAMで完全に動作させることにも成功している。誰にでも趣味は必要だ。

もしあなたが自分自身の小さなWindows 11インストールを作りたいと思うなら、その方法を紹介するチュートリアルがある。

ソース:Tom's Hardware - Windows 11 Demoed Running in Just 176 MB RAM

 

 

 

解説:

Tiny Windows11が存在する

極めて趣味的な試みのようですが、たったの176MBのメモリで動作するWindows11と言うものが存在するようです。

小さな起動環境を用意するのであれば、Linuxを使った方が簡単ですが、あえてWindowsでやってみようという試みがあるのはそれなりに意義があると思います。

今はWindowsPEがありますので、小さな起動環境を用意したいという欲求があるのは理解できます。

WindowsXP時代、WindowsPEはかなり流行しました。

英語圏ではどのくらい小さく出来るかの試みが積極的に行われていましたが、日本では1CDに出来るだけ多くの機能を詰め込むということが流行していたと思います。

これは、日本語のサポートが必要である以上、あまり小さく出来なかったということが関係していると言われていました。

今回も日本語周りのシステムを実装する必要があるのであればもっと大きなメモリを必要とするかもしれませんね。

今のIMEよくも悪くも昔あったFEPのように小さくは出来ないでしょう。

そう言ったことを考えると日本でこういった試みがあまり流行しないのも理解できます。

 

 

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥21,000 (2024/05/19 13:09:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥10,800 (2024/05/19 13:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.