その他

[リマインダー] Windows 10を完全無料でダウンロードして、Windows 7をアップグレードします。

投稿日:

-当初は2019年9月23日に公開

はい、無料のWindows 10アップグレードオファーはまだ有効です。

2015年のWindows 10の発売後、MicrosoftはWindows 10を無料でダウンロードし、Windows 7を新しいオペレーティングシステムにアップグレードすることをユーザーに提供していました。

このオファーは「公式」に1年間有効で、2016年7月29日に終了しました。

ただし、その期限の数か月後も数年後も確認を続けたため、Microsoftはユーザーが最新のWindowsバージョンを無料でダウンロードできるようにし続けました。

Windows 7のサービス終了期限は2020年1月14日です。その後、オペレーティングシステムはマイクロソフトからの更新プログラムの取得を停止します。

締め切りは数か月先なので、複数の広告がユーザーにWindows 10のコピーの購入を提案し始めています。しかし、公式の無料アップグレードの提供はまだ有効です。

Windows 7をアップグレードしてWindows 10を無料でダウンロードする方法(公式の有効な方法)

Windows 10を無料でダウンロードするプロセスは、長年にわたって変わっていません。

Windows 7を最新のオペレーティングシステムにアップグレードする場合は、次の手順に従って、Windows 10の正当なコピーをコンピューターにインストールしてください。

  1. システム要件を確認して、問題なくW10を実行できることを確認してください。
  2. このリンクに移動し、[ツールを今すぐダウンロード]ボタンをクリックします。
  3. メディア作成ツールをダウンロードしたら、クリックして実行します。
  4. ライセンス条項に同意し、(このPCを今すぐアップグレードする)をクリックして(アップグレードするWindows 7マシンでこのツールを実行している場合)または別のPC用のインストールメディアを作成します(別のPC用にWindows 10をダウンロードする場合)。
  5. [次へ]ボタンをクリックして続行します。
  6. このプロセス全体では、プロダクトキーは要求されません。 Windows 7の正当なコピーを実行している限り、問題なく完了します(問題の可能性については後で詳しく説明します)。 キーを求められたら、有効なWindows 7またはWindows 8.1のプロダクトキーを入力するだけです。

Windows 10の有効性は、[設定]> [更新とセキュリティ]> [アクティベーション]で確認できます。

お使いのデバイスが互換性保持下にある場合、無料アップグレードのオファーは機能しません

オファーが終了した後、なぜ人々がWindows 10を無料でダウンロードできるのかをMicrosoftに尋ねたとき、Windowsメーカーは、2017年の終わりに、継続的な無料アップグレードのオファーを否定せずに次の声明を送りました。

Windows 8.1およびWindows 7からWindows 10 Upgrade Assistantとメディア作成ツールの両方を使用して初めてアップグレードする場合、有効なプロダクトキーを入力するよう求められます。

ユーザーは引き続きMedia Creation Toolを使用してWindows 10インストールメディアを作成できます。

デバイスに初めてWindows 10をインストールする場合、プロダクトキーが必要になります。

Windows 10 Upgrade Assistantを使用して、Windows 10 PCを最新バージョンに更新することもできます。

ZDNetの人々は、この無料の方法でWindows 7からWindows 10へのアップグレードが機能しないという不満を持っているのは、Microsoftが新しいリリース後に実装する複数の互換性ブロックによるものだと示唆しています。

アップグレードプロセスが失敗した場合は、この公式サポートドキュメントでこれらのブロックの完全なリストを確認し、ブロックされたハードウェア/ドライバーに関係があるかどうかを確認できます。

まだWindows 7を実行している場合は、しゃっくりを乗り越えて新しいオペレーティングシステムをダウンロードします。

2020年1月のサポート終了後、セキュリティの脅威は間違いなく増加します。完全にインターネットに接続されていないマシンを使用している場合を除き、最新のセキュリティアップデートを入手して、破損を防ぎます。

有効なWindows 7または8.1キーがない場合、MicrosoftはWindows 10 Homeを139.99ドルで、Windows 10 Proを199.99ドルで提供しています。

更新[23/09]:読者の1人であるAndrew Hは、このプロセスを通じて週末にWindows 10をインストールすることを確認しました。

彼はWindows 7 Ultimateを実行しているDell Alienwareマシンをアップグレードし、インストールプロセス後にプロダクトキーを入力せずにWindows 10 Proエディションに更新されました。

更新[25/09]:プロセスが機能しない場合は、これらの互換性ブロックが原因であるかどうかを確認してください。

影響を受けるソフトウェアの最新バージョンをインストールして、これらのブロックのほとんどをバイパスできます。

ソース:wccftech - [Reminder] Download Windows 10 for Absolutely Free & Upgrade Windows 7 Ahead of End of Support Deadline the Official Way

 

解説:

日本人は空気が読めない病気です。

Windows7、8.1からWindows10への無料アップグレードオファーはWindows10発売から1年間続いていましたが、終了後もずっと無料でアップグレード出来ました。

これは、マイクロソフトの社内で、「すでにOSで商売する時代ではない」という共通認識のもと続けられたものらしいです。

しかし、株主の手前があるので、公言出来なかったということらしいですね。

本当に空気が読める人間ならば、これらの事情を鑑みてMSの意図をくみ取れると思うのですが、日本では「ライセンス違反かもしれないから」とビクビクおびえている人ばかりだったような気がします。

ツールをダウンロードするサーバーだって無料ではないのですから、続けているということはOKということのはずで、問題なくアップグレードしてよかったということですね。

空気を読む、読めないということであれば、普段自慢気に空気が読めると言っている大部分の日本人は空気が読めなかったということです。(笑

私は早々に一度アップグレードしていたので、特に問題はありませんでした。

一部古いOSに拘っている人たちがいますが、あれは仕事で使っている人たちが互換性の問題でこだわっているだけです。

ゲーマーの人たちは古いOSにしがみついても意味はないので、早々にアップグレードしましょう。

「Windows10なんてダメだ(キリッ」って言ってた方がかっこいいと思ってる人たちも一定数いると思います。

2020年1月14日から問答無用でサポート切れになりますから、さっさとWindows10に切り替えてください。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.