その他

NVIDIAの価値は1兆ドルになった

投稿日:

NVIDIA、AI人気で1兆ドルのマイルストーンを達成

NVIDIAは、時価総額1兆ドルを達成し、前例のないマイルストーンに到達しました。

この達成は、NVIDIAがハイテク業界の強者としての地位を固めただけでなく、ゲーム、人工知能(AI)、データセンターなど、さまざまな分野でGPUの重要性が増していることを示すものです。

エヌビディアの記念すべき時価総額の主な原動力の1つは、ゲーム業界における優位性とAIの人気の高まりです。

同社はゲーム用グラフィックスカードで成功を収めたが、その後、データセンター、AIアクセラレーション、ソフトウェア開発など、より収益性の高い市場に進出している。

エヌビディアの時価総額急増は、AIの世界やデータセンター市場で同社が強い存在感を示していることが直接の理由です。

GPUは、AIの計算を加速させるための重要なコンポーネントとして登場した。

このため、AIの研究、トレーニング、推論においてNVIDIA GPUが広く採用されるようになりました。さらに、生成AIへの大きな関心が、NVIDIA GPUの需要増につながっています。

1兆ドルがどれほどのものかを例えると、6億台以上のRTX 4090 GPU、NVIDIA CEOのレザージャケットでいっぱいになったワードローブに相当します。

ソース:Videocardz.com - NVIDIA is now worth 1 trillion dollars

 

 

 

 

解説:

ちなみに1兆ドル日本円に直すと139兆円になります。

日本の令和5年度の国家予算が114兆3812億円ですから、日本の国家予算以上の価値になったということになります。

今のnVidiaの勢いがどれほど凄いのか理解できるのではないでしょうか。

正直、元記事にある6億台以上のRTX4090の例えは分かりにくすぎます。

nvidiaはジェネレーティブAIの活況でサーバー向けのGPUを生産しまくっていますから、もうコンシュマーの方は見てないのではないかと思います。

「嫌なら買うな」状態でしょうね。

我々のような個人ユーザーや木っ端メディアがいくら喚いてももうnvidiaの耳には届いていなさそうです。

残念ですが、もう今後Geforceの価格には期待しない方がよいでしょう。

買うときは札束を握りしめろと言うことです。

AMDやIntelが今のGeforceを脅かすほどの製品を作り出せるかと言ったら難しいと思います。

私もROCm5.5向けのPytorchのビルドをしましたが、OSがLinuxでは反応が1件しか返ってこなかったので、やはり差が大きいなあと言うことを実感しています。

ゲーマー受難の時代はまだまだ続きそうです。

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥97,108 (2023/10/03 06:08:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.