GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiの発売日がイタリアの小売業者によって再確認、1月5日に店頭に並ぶ。

投稿日:

NVIDIAのGeForce RTX 4070 Tiグラフィックスカードの発売日が、イタリアの小売店Drakoによって1月5日に決定されたことが明らかになった。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiグラフィックスカードが1月5日発売確定、ASUS TUF Gamingカスタムモデルも写真掲載

イタリアの小売店Drako.itは、AIB、ASUSから登場したNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiグラフィックカードのカスタムモデルを初めて掲載した。

このグラフィックカードはASUS GeForce RTX 4070 Ti TUF Gaming OCバージョンで、SKUコードは「90YV0IJ0-M0NA00」です。

このグラフィックスカードは1月5日に発売されると言われており、これは先月の独占記事でお伝えした発売日と同じです。

  • 製品発表会 - 2023年1月3日
  • 製品レビュー - 2023年1月4日
  • 発売日:2023年1月5日

さて、NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiがどのようなグラフィックスカードになるのかについてですが、実はこのカードは「未発売」のGeForce RTX 4080 12GBと同じ仕様になり、まさにそうなる可能性があるとわかってきました。

このグラフィックスカードは、NVIDIAが実際に4070レベルのカードを900ドルの米国価格帯で提供しようとしていたことを意味するため、4070として位置づけられることはないでしょう。

この販売店には、このカードが今から31日後に発売されることを示すカウンターがあり、これは1月5日を指しています。

また、RTX 4070 Ti TUF Gaming OCグラフィックスカードと思われる写真もありますが、プレースホルダ画像で実際にはASUS RTX 4090 TUF Gamingグラフィックスカードが写っているようです。

NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti 12GB「公式」仕様

NVIDIA GeForce RTX 4070 Tiは、フルファットSKUである7680コアまたは60SMsを有効にした「Ada Lovelace」AD104-400 GPU構成を利用する予定です。

GPUは48MBのL2キャッシュを搭載し、192-bitバスインターフェイスを採用しているため、最大で12GBのGDDR6X容量が搭載されることになる。

メモリは21Gbpsで動作し、504GB/sのメモリ帯域幅を実現するという。ブーストクロックは2610MHzとされているが、ピーク周波数はもっと高くなる予定だ。

  • NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti 12 GB "公式 "TBP - 285W
  • NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8 GB "公式 "TBP - 290W

消費電力については、TBPが285Wに設定され、RTX 3080の10GBモデルから35W、RTX 3070 Tiから5W減少している。

新型グラフィックスカードはRTX 3080よりも性能が向上する見込みだが、4080 16GBよりもスペックダウンしていることを考えると、両モデルの間には30~40%程度の大きな開きがあることになる。

最も重要な問題は、NVIDIAがグラフィックスカードに同じ899ドルの価格を採用するのか、それとも価格を少しトーンダウンするのか、ということだ。

GeForce RTX 4080 12GBは、RTX 3090 Tiとほぼ同等であり、RTまたはDLSSを使用した場合、いくつかのケースでより速くなったことがベンチマークでわかっています。

AMDは、RX 7900 XTで6950 XTに対して最大40~50%の性能向上を約束し、価格は899ドルです。

そのため、この2枚のカードでは、激しいバトルが繰り広げられることになる。しかし、AMDは12月に数週間早くカードをリリースするので、そこで優位に立つことができるだろう。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ公式スペック:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080
NVIDIA GeForce
RTX 4070 Ti
GPU名Ada Lovelace
AD102-300
Ada Lovelace
AD103-300
Ada Lovelace
AD104-400
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4N
ダイサイズ608mm2378.6mm2294.5mm2
トランジスタ数760億459億358億
CUDAコア数16,3849,7287,680
TMU数 /
ROP数
512 / 176320 / 112240 / 80
Tensor /
RT コア数
512 / 128304 / 76240 / 60
ベースクロック2230 MHz2210 MHz2310 MHz
ブーストクロック2520 MHz2510 MHz2610 MHz
FP32演算性能83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs
RT TFLOPs191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs
Tensor-TOPs1321 TOPs780 TOPs641 TOPs
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit256-bit192-bit
メモリ速度21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps
メモリ帯域幅1008 GB/s736 GB/s504 GB/s
TBP450W320W285W
価格 (希望小売
価格 / FE版)
$1599 US /
1949 EU
$1199 US /
1469 EU
不明
価格 (現在)$1599 US /
1859 EU
$1199 US /
1399 EU
不明
発売日2022/10/122022/11/162023/01/05

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti Launch Date Confirmed By Italian Retailer, Hitting Store Shelves On 5th January

 

 

 

 

解説:

RTX4070Tiの発売日が2023/1/5であることがイタリアの業者のHPから再確認される。

RTX4080のプライスカットとRTX7900XTX/XTの発売、RTX4070Tiの発売と年末と正月を挟んで話題の新製品が続々と発売されます。

RTX4070Tiは2023/1/5発売で間違いないようです。

今頃大量にRTX4080 12GBの代わりのパッケージを印刷しているのかもしれませんね。

さて、RTX4080 16GBもプライスカットの噂が出ていますが、RTX4070Tiも当初の899ドルから値下がりするのではないかと言われています。

転売屋はRTX4080を買って爆死したようですが、PCパーツと言うのは玩具のゲーム機と違って、シビアな目で見られるので、コスパが悪いと売れません。

それが理解できずに単にGeforceと言う看板にすがるしか能がないのは商売のセンスがないです。

早々に転売なんてやめた方が良いと思います。

nVidiaもギリギリになって価格やネーミングなどのマーケティング戦略を変更することがあります。

そのため、ド素人の転売屋が簡単に儲けられるほどこの世界は甘くないです。

まあ、商売のセンスがある人は転売屋などとっくに止めて普通の小売やってると思います。

 

 

というわけで、日本でも17万弱のプライスタグが付けられた旧RTX4080 12GBが少しでも値段が下がってくれるとありがたいですね。

AD104のフルシリコンがどのくらい取れているかわかりませんけど、AD104自体はそれなりに数が出ると思います。

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥115,000 (2023/02/04 05:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,780 (2023/02/04 06:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.