GPU情報

AMD Radeon RX 6000 & NVIDIA GeForce RTX 3000グラフィックスカードの価格は、いくつかのGPUが希望小売価格より安く入手できるようになり、改善を続けている。

投稿日:

AMD Radeon RX 6000 & NVIDIA GeForce RTX 3000グラフィックスカードの最新価格レポートが3DCenterより公開され、GPU価格の改善が続いており、いくつかのカードは希望小売価格を下回る価格を示していることも明らかになりました。

NVIDIA GeForce RTX 3000 & AMD Radeon RX 6000グラフィックスカードの価格は改善を続け、いくつかのGPUは希望小売価格を下回る価格で販売されています。

3DCenterによる最新のレポートでは、NVIDIA GeForceとAMD Radeonの両グラフィックスカードのGPU価格が下がり続けていることがわかりますが、これは2021年末から目撃されている傾向なので驚くことではありません。

NVIDIA GeForce RTX 3000シリーズの価格は現在、平均して希望小売価格より約6%高い一方、AMDのRadeon RX 6000シリーズの販売価格は平均して希望小売価格より2%高くなっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

それに加えて、GPUの供給は豊富で、現在、世界中の小売店でグラフィックスカードが店頭に並んでいないところはありません(数四半期前はそうではありませんでしたが)。

赤と緑のチームは、NVIDIAによる「Restocked and Reloaded」や、AMDもRadeon RX 6000シリーズカードが希望小売価格レベルで入手できることを発表するなど、さまざまなプロモ-ションを発表している。

AMD Radeon & NVIDIA GeForceグラフィックスカードの価格推移(ソース:3DCenter):

米国 希望小売
価格 対 店頭価格
2021/12/122022/01/022022/01/232022/02/132022/03/062022/03/272022/04/172022/05/082022/05/29
AMD Radeon RX 6000
シリーズ
83%+78%
-5PP
+63%
-15PP
+45%
-18PP
+35%
-10PP
+25%
-10PP
+12%
-13PP
+7%
-5PP
+2%
-5PP
nVidia GeForce
RTX 3000
シリーズ
87%+85%
-2PP
+77%
-8PP
+57%
-20PP
+42%
-15PP
+26%
-16PP
+17%
-9PP
+13%
-4PP
+6%
-7PP
中核製品の価格
(RX6700XT,
RX6800 &
RX6800XT +
RTX3060Ti,
RTX3070 &
RTX3080-
10GB のみ)
106%+100%
-6PP
+88%
-12PP
+67%
-21PP
+56%
-11PP
+39%
-17PP
+28%
-11PP
+23%
-5PP
+17%
-6PP

まずAMDの価格についてですが、今回もRadeon RX 6000シリーズ内のほぼすべてのグラフィックスカードが希望小売価格の+1~+10%の間で販売されています。

平均して希望小売価格の20~35%増で販売されているのは、Radeon RX 6800シリーズだけです。

これは、これらのカードが発売以来そうであり、その理由の1つは、RX 6800 Non-XTが静かに製造中止となり、6800 XTはAMDが上位のRX 6950 XT & 6900グラフィックスカードに集中しているため、まだ品薄であることです。

同時に、RX 6500 XTは希望小売価格より19%安い価格で購入でき、RX 6700シリーズは希望小売価格で購入できるようになりました。

AMD Radeon RX 6000 シリーズ グラフィックスカード価格 (RDNA 2 GPU) 3DCenterより:

希望小売
価格
上乗せ価格最低価格小売価格との差5/8からの
変化
入手性
Radeon RX
6950 XT
$10991229-1400€1229€より  
(Mindfactory)
+1%より-3
Radeon RX
6900 XT
$999969-1100€969€より  
(Mindfactory)
+12%より–11PP5
Radeon RX
6800 XT
$649879-1050€879€より  
(Mindfactory)
+22%より–5PP4
Radeon
RX 6800
$579865-1050€865€より  
(Mindfactory)
+35%より-1PP4
Radeon RX
6750 XT
$549609-700€609€より  
(Mindfactory)
±0%より-4
Radeon RX
6700 XT
$479529-600€529€より  
(Mindfactory)
±0%より–11PP5
Radeon RX
6650 XT
$399449-500€449より€  
(Mindfactory)
+2%より-4
Radeon RX
6600 XT
$379429-480€429€より  
(Mindfactory)
+2%より+3PP5
Radeon
RX 6600
$329325-380€325€より  
(Mindfactory)
+11%より–8PP5
Radeon RX
6500 XT
$199178-240€178€より  
(Mindfactory)
–19%より–8PP4
Radeon
RX 6400
$159179-210€179€より  
(Computeruniverse)
+2%より+1PP4

※ 入手性とは買いやすさを表す・1が最低(入手しにくい)、5が最高(入手しやすい)

NVIDIAのラインナップは、平均して希望小売価格より+6%程度の価格となっていますが、現時点で希望小売価格の+12%以上の価格となっているのは、RTX 3050、RTX 3060 Ti、RTX 3070の3枚のみとなっています。

エンスージアスト向けのRTX 3080 Tiは、実際に希望小売価格を下回る価格で見つけることができ、数百ドル高いRTX 3090 Tiと同様の性能を提供していることを考えると印象的です。

RTX 3060 Tiは、まだ希望小売価格の20%以上で販売されていますが、これは需要が高いためかもしれません。

NVIDIA GeForce RTX 3000シリーズ グラフィックカードの価格(Ampere GPU)3DCenterより:

希望小売
価格
上乗せ価格最低価格小売価格との差5/8からの
変化
入手性
GeForce
RTX 3090 Ti
$19992079-2250€1999€より
(case king)
+10%より–5PP4
GeForce
RTX 3090
$14991699-1900€1620€より
(Saturn)
+2%より–8PP5
GeForce
RTX 3080 Ti
$11991249-1400€1200€より
(Saturn)
+10%より–6PP5
GeForce RTX
3080 12GB
($849)999-1200€990€より
(Saturn)
+5%より–13PP5
GeForce RTX
3080 10GB
$699869-1050€€869より
(notebooks cheaper)
+12%より–2PP5
GeForce
RTX 3070 Ti
$599719-850€€719より
(notebooks cheaper)
+8%より–3PP5
GeForce
RTX 3070
$499619-720€619€より
(notebooks cheaper)
+12%より–9PP5
GeForce RTX 3060 Ti$399534-600€534€より
(X-Kom)
+21%より-10PP5
GeForce
RTX 3060
$329409-470€409€より
(notebooks cheaper)
+12%より-1PP5
GeForce
RTX 3050
$249310-380€310€より
(Asus e-Shop)
+12%より–12PP5

※ 入手性とは買いやすさを表す・1が最低(入手しにくい)、5が最高(入手しやすい)

最近、Newegg USでAMD Radeon RX 6900 XTが希望小売価格より100ドル安い価格で販売されているのを見ました。

現在、需要があり、希望小売価格の数字を達成するのに数ヶ月かかるカードがいくつかありますが、NVIDIA GeForce RTX 3000とAMD Radeon RX 6000ラインアップの大部分は、現在、通常価格で販売されています。

これは、現在価格が希望小売価格以下に戻ってきたことと合わせて、GPU市場の悪化が解消され、価格/入手性が正常に戻ることを意味します。

しかし、同時に、私は、今年の後半に新世代のグラフィックスカードに入るので、この時期には、既存のグラフィックスカードのほとんどが割引や値下げを受けているはずですが、GPU市場のインフレにより、今世代はそうなっていないため、価格の更新にそれほど満足はしていないのです。

世界中の消費者にとってそれが一番なので、二度とこのような状況がないことを願うばかりです。

とはいえ、GPU価格の大暴落が間近に迫っているのかもしれない。

ソース:wccftech - Has NVIDIA Rung The Warning Bells For Upcoming GPU Price Crash?

 

 

 

解説:

さがり続けるGPU価格

イーサリアムのPoS導入を睨んでか、価格が下がり続けているからなのか、連動するようにGPU価格が下がり続けています。

もはや一直線と言ってもよいほどです。

しかし、まだ希望小売価格よりは高止まりしています。

Radeonで一番価格が低いのはRX6500XT、GeforceだとRTX3080Tiです。

RTX3080Tiはもちろん価格は高いですが、RTX3090/Tiとほとんど性能が変わらないことを考えると、爆安と言ってもおかしくないレベルの価格となっています。

RTX3080TiとRTX3090/Tiの一番大きな違いはメモリ容量です。

RTX3090/Tiくらいあったほうがレンダリングでは有利とされています。

プロもしくはセミプロの方がプリレンダ画像作成のために使っているのでしょうか?

そんな需要が大きいとはとても思えないのですが、人気があるのは確かです。

上位モデルのは購入できる層が限られているだけにいったん行きわたるとなかなか売れなくなるのは必然とはいえ、RTX3080Tiのようなモデルは狙い目と言えると思います。

RTX3080無印の購入を検討されている方はもう少し頑張ってRTX3080Tiを購入したほうが幸せになれるかもしれません。

 

-GPU情報
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.