CPU情報

AMD次世代コアアーキテクチャ「Zen 4」「Zen 4C」「Zen 5」「Zen 6」の噂。Zen 4とZen 4CはRaphael、Dragon Range、Phoenix、Storm Peak、そしてGenoa-X CPUに搭載される可能性があります。

投稿日:

AMDの次世代Zen 4、Zen 4C、Zen 5、Zen 6アーキテクチャに関するマザーロードの情報がMoore's Law is Deadによって共有されています。

AMD次世代Zen 4、Zen 4C、Zen 5、Zen 6コアアーキテクチャの詳細。コア、クロック、IPCは各世代で上昇!

MLIDが明らかにした情報は確定したものではありませんが、彼の最近の実績を念頭に置くと、彼の報告データのほとんどは本物に近いものになる可能性があります。

最新のビデオでは、MLIDは、Zen 4、Zen 4C、Zen 5、およびZen 6を含む将来のAMD Zenコアに関する詳細を共有しています。

我々は、Zen 4とZen 4Cで発売される製品のほとんどを知っているので、それらの簡単なオーバービューを提供するだけですが、共有されているZen 5とZen 6のラインアップの中でいくつかの重要な製品もあります。

AMD 5nm Zen 4コア・アーキテクチャ

AMD Zen 4コアアーキテクチャは、現在のサーバー、デスクトップ、モバイルのすべてのセグメントを駆動する既存のZen 3を直接置き換えるものです。

Zen 4は、Zen 3コアのオーバーホールを行い、キャッシュを増強し、クロックを向上させると言われています。

Zen 4は、Zen 3コアと比較して、IPCが15~24%、シングルスレッド性能が28~37%向上し、マルチスレッド性能は同等以上に向上すると予想されています。

Zen 4コアの大きな特徴の1つは、クロックが大幅に向上することです。

すでに最大5.2GHzのクロックのプロトタイプやサンプルが登場しており、Zen 3からの全体的な性能向上に大きな役割を果たすことになります。

クロックは、最近のリーク情報にもあるように、Zen 3に比べて8~14%(持続的に)向上すると予想されています。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで開きます。

 

このほか、Zen 3と同じL3キャッシュを維持しつつ、最近のEPYC Genoaのサンプルリストで見られた前述のL2キャッシュの倍増が行われます。

Zen 4では、PCIe 5.0、DDR5、LPDDR5のサポートなど、I/O分野も大きく改善されることになります。

Zen 4のAVX-512の性能も、同じスレッド/クロックでIce Lake-Xに匹敵し、同じクロックでZen 3より50%向上するとアピールしている。以上をまとめると、Zen 4は以下を提供することになります。

  • 15-24%のIPC向上(Zen 3と比較して)
  • 8-14%のクロック向上(Zen 3と比較して)
  • 28-37%のST性能の向上(Zen 3と比較して)
  • ST並みまたはそれ以上のMT性能の向上(Zen 3と比較して)
  • コアあたり1 MB L2 / 4 MB L3 (Zen 3コアあたり512 KB / 4 MB L3に対して)
  • PCIe 5.0サポート(レーン数増加)
  • DDR5/LPDDR5 メモリのサポート (DDR5-5200+)

 

製品としては、AMDのZen 4のラインアップは以下のようになります。

  • EPYC Genoa 7004(~2022年第4四半期) - A0シリコンは3月にテープアウト、B0テストは継続中
  • Ryzen 7000「Raphael」(~2022年後半) - サンプルはすでに稼働中、まもなく生産開始
  • Ryzen 7000 Dragon Range(~2023年第1四半期) - 今年中にサンプリング予定
  • Ryzen 7000 Phoenix (~2023第1四半期) - テストではGenoaの後方に位置します
  • Threadripper 7000 Storm Peak (~ 2023前半) - 計画されています。

AMD 5nm Zen 4Cコアアーキテクチャ

Zen 4の後継はZen 4Cと呼ばれるが、真の後継ではないでしょう。

実際、Zen 4Cは、特定の顧客向けの一時しのぎのソリューションになると言われており、そのほとんどはデータセンター向けCPUですだ。

AMDはすでに、BergamoがZen 4Cコアを利用する製品の1つであることを確認しており、これは計算密度向けに設計されており、標準のZen 4コアであるGenoaの96コアに対して最大128のコア数を提供します。

Zen 4とZen 4Cの両製品は、TSMCの5nmプロセスノードで製造される予定です。

EPYC Bergamoについては、ハイパースレッディングをサポートするチップとされているので、128コア256スレッドとなる。ソケットはSP5「LGA 6096」で、12チャネルメモリをサポートし、Genoaで噂されている最新のSDCI(Smart Data Cache Injection)とSDXI(Smart Data Acceleration Interface)エンジンが搭載されます。

どちらもIOD内に注入されるアクセラレータで、前者は遅延に敏感なアプリで最適なCCXに接続デバイスからのキャッシュヒットの増加を提供し、後者はZen 4コアを使用せずにデバイス間で直接データのコピー/移動を担当すると言われています。ということで、Zen 4Cの製品はこれだけになりそうです。

EPYC Bergamo 700X (~2023前半) - 2022年7月にステッピングA0テープアウトすることが目標

AMD Zen 5のコアアーキテクチャ

Zen 5に入ると、コアアーキテクチャはZen 2と同じくらい大きく飛躍し、11~15カ月後に登場すると言われています。

しかし、それが実現しない可能性もあるため、これから少しずつ紹介していきます。

Zen 5のコアアーキテクチャは、アーキテクチャの再設計で、Zen 4よりも高いIPCの向上(Zen 3との比較)をもたらし、さらに2つの変更点としてデータファブリック(IFC)とキャッシュ設計が完全に再組織化されるとされています。

クロックは、複数のアクセラレータを搭載し、民生部品向けにスレッド数を増やしたチップで、停滞したままか、ほとんど改善されないと言われています。

また、SMT4は実現されない。2ウェイSMTのままですが、チップレットあたりのコア数が増えることになります。

さて、プロセスノードだが、Zen 5コアはTSMCのN3またはN4Pノードで製造されると予想されています。

AMDはどちらのルートでも行けるが、最近の報道を見る限り、ほとんどの製品ラインアップは2024~2025年に発売されることが大いに予想されています。

EPYC Turinのように、2023年第4四半期のサンプリングを目指すとされる一部の製品は早期に出荷されるかもしれないが、それ以外の大半の製品は、2024年第1四半期、あるいは第2四半期までには出荷を開始するはずです。

とはいえ、Zen 5コアアーキテクチャで期待される製品には、次のようなものがあります。

  • EPYC Turin 700X(~2023年後半)
  • Ryzen 8000「Granite Ridge」(~2024年後半)。
  • Ryzen 8000「Strix Point」(~2025年前半)。

AMD Zen 6コアアーキテクチャ

さて、Zen 5の先では、AMDがコアアーキテクチャにZenのブランドを使うかどうかが見えてくる。

最近の憶測ですが、Zen 5の後継は2025年までには登場しないと予想されているので、まだ時間はありますし、もし変更があれば、AMDはユーザーに次のことを知らせる前に、間違いなくロードマップを更新するでしょう。

とはいえ、Zen 6については、2025年までに発売されると噂されていること以外はほとんど知られておらず、コアの増加、クロック、キャッシュ設計の一新、アクセラレータなどが搭載されることになります。

もちろん、この設計は今から発売まで大きく変わる可能性があますが、次の話に移りましょう。

MLIDは、2025年以降、AMDはサーバーとノートPCのラインナップを「プレミアム」ブランドに再フォーカスするとしています。

これによって、サーバー分野では復活したIntelを、HPC/AI分野とモバイル分野ではNVIDIAを後押しすることになる。

これがどのように展開されるかは、まだ少なくとも3年間は待つ必要があります。

AMD CPUロードマップ(2017年~2022年)

202420232021-202220212020201920182017
アーキテクチャーZen (4) / Zen (5)Zen (4) / Zen (4C)Zen (4) / Zen 3 (+)Zen (3) / Zen 3 (+)Zen (3) / Zen 2Zen (2) / Zen+Zen (1) / Zen+Zen (1)
製造プロセス5nm / 3nm?5nm5nm / 6nm7nm7nm7nm14nm / 12nm14nm
サーバーEPYC TurinEPYC BergamoEPYC 'Genoa'EPYC 'Milan'EPYC 'Rome'EPYC 'Rome'EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'
最大サーバーコア数
/スレッド数
256/512128/25696/19264/12864/12864/12832/6432/64
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen Threadripper
8000 シリーズ
Ryzen Threadripper
7000 シリーズ
Ryzen Threadripper
6000 シリーズ (不明)
Ryzen Threadripper
5000 シリーズ
(Chagall)
Ryzen Threadripper
3000 シリーズ
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
3000シリーズ
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
2000 シリーズ
(Coflax)
Ryzen Threadripper
1000 シリーズ
(White Haven)
Ryzen
ファミリー
Ryzen 8000
シリーズ
Ryzen 7000
シリーズ
Ryzen 6000
シリーズ
Ryzen 5000
シリーズ
Ryzen 4000/5000
シリーズ
Ryzen 3000
シリーズ
Ryzen 2000
シリーズ
Ryzen 1000
シリーズ
最大HEDT コア数
/ スレッド数
不明不明不明64/12864/12864/12832/6416/32
メインストリーム
デスクトップ
Ryzen 8000
シリーズ
(Granite Ridge)
不明Ryzen 7000
シリーズ
(Raphael)
Ryzen 5000
シリーズ
(Vermeer-X)
Ryzen 5000
シリーズ
(Vermeer)
Ryzen 3000
シリーズ (Matisse)
Ryzen 2000
シリーズ
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 1000
シリーズ
(Summit Ridge)
最大メインストリーム
デスクトップコア数
/ スレッド数
不明不明16/3216/3216/3216/328/168/16
低価格APURyzen 8000
(Strix Point Zen 5)
Ryzen 7000
シリーズ (Phoenix Zen 4)
Ryzen 6000
シリーズ (Rembrandt Zen 3+)
Ryzen 5000
シリーズ (Cezanne Zen 3)
Ryzen 4000
シリーズ (Renoir Zen 2)
Ryzen 3000
シリーズ
(Picasso Zen+)
Ryzen 2000
シリーズ
(Raven Ridge)
N/A

ソース:wccftech - AMD Next-Gen Zen 4, Zen 4C, Zen 5, Zen 6 Core Architectures Rumors: Zen 4 & Zen 4C Power Raphael, Dragon Range, Phoenix, Storm Peak & Possibly Genoa-X CPUs

 

 

 

解説:

ようやく、Zen6までの予定が噂に上るようになりました。

  • 2022年 Zen4(5nm)
  • 2023年 Zen5(N3/N4P)
  • 2025年 Zen6

Zen6はRyzenブランドを使うかどうかは分からないようです。

個人的にはZen5がN3を使えるのかどうかが気になります。

また、それぞれの性能は以下のようになるようです。

  • Zen4 Zen3よりIPC+15-24%、クロック+8-14%、シングル/マルチスレッド性能+28-37%それぞれ向上
  • Zen5 IPCの向上、クロックはZen4からほとんど向上しない、チップレット当たりのコア数増加
  • Zen6 ほとんど不明

具体的な詳細が明かされているのはZen5までで、Zen6はほとんど名前が登場しただけということです。

Zen6はRyzenブランドは使わない可能性があるので、アーキテクチャーも大きく変わる可能性があるのでしょう。

ブランド名が変わるということはジム・ケラー氏が描いた絵はZen5までなんですかね。

ちょっと気になるところです。

Zen4Cの名前も挙がっていますが、ほぼサーバー向けと言うことでデスクトップに降りてくることは無いものと思われます。

Zen4に関しては思ったより性能が上がりそうな感じです。

シングルスレッド性能がZen3比で+28-37%向上と言うのは体感でわかるレベルでしょう。

Zen3から革命的な性能向上になりそうな予感です。

これだけ性能が上がればRaptorLakeと同等以上になるかもしれません。

また、Threadripperがワークステーション系列のみになるのかデスクトップとして売り出すのかどうかもはっきりとは書かれていませんね。

そこが一番気になるのですが・・・。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,889 (2022/10/05 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-, , , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.