CPU情報

Intel Core i9-12900KS 5.5GHz Alder Lake CPUはベースTDPが150W、米国価格750ドル以上で出品

投稿日:

インテルの次期デスクトップCPU「Core i9-12900KS Alder Lake」は、ブーストクロック5.5GHz&非常識な消費電力の怪物チップになりそうです。

IntelのフラッグシップAlder LakeデスクトップCPU「Core i9-12900K」は、ブーストクロック5.5GHz&TDP150Wをロック、価格は750USドル超

CES 2022で、IntelはCore i9-12900KというCPUを大幅に増量したCore i9-12900KSをコンシューマセグメントへ投入することを確認した。

このチップは、純粋にハイエンドのエンスージアストとオーバークロックのコミュニティ向けに設計されており、そのため、いくつかの強力なスペックを備えています。

インテル Core i9-12900KS 16コア/24スレッドデスクトップCPU

Intel Core i9-12900KSは、第12世代Alder LakeデスクトップCPUラインアップのフラッグシップチップとなります。

Golden Coveコア8個、Gracemontコア8個の合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)を搭載する。

Pコア(Golden Cove)は1-2コアで最大5.5GHz、全コアアクティブで最大5.2GHz、Eコア(Gracemont)は1-4コアで3.90GHz、全コアロードで最大3.7GHzで動作する。CPUは30MBのL3キャッシュを搭載する。

主な変更点は、周波数の上昇に対応するため、IntelがCore i9-12900KよりもベースTDPを25W引き上げたことです。

そのため、12900KSはベースTDPが150Wとなり、ターボ時の最大定格電力も従来のKの241Wから引き上げられる可能性が高い。

スペックはさておき、価格はどうなるのだろうか。現在、このチップはShopBLTで780ドル(トレイ)および790ドル(ボックス)の暫定価格で販売されています。

最終的な価格は750ドルに近い数字になると思われ、「KS」バージョンは標準の「K」バージョンより150ドルほど高くなります。

世界記録を破るような高いブーストとオールコアブースト周波数を求める人は、間違いなくこれらの超選別品チップにお金を払うことになるでしょうが、標準的なゲーマーは、「KS」バリアントがもたらす追加価格に大きな利益を見出すことはできないはずです。

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック "速報版"

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900KS
8816 / 243.2 / 5.5 GHz5.2 GHz2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB150W未確認$750 US
程度?
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 242.4 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 202.1/ 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.3 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5
-12500
606 / 123.0 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB65W未確認未確認
Core i5
-12500T
606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 122.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認18 MB65W~200W$210
$180(F)
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12300
404 / 82.5 / 4.4 GHz未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100
404 / 83.3 /
4.3 GHz
未確認未確認未確認12 MB60W
58W(F)
~100W$140
$110
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W無し未確認
Intel Pentium
G7400
202 / 43.7 GHzN/AN/AN/A6 MB46W無し$80 US
Intel Celeron
G6900
202 / 43.4 GHzN/AN/AN/A4 MB46W無し$60 US

ソース:wccftech - Intel Core i9-12900KS 5.5 GHz Alder Lake CPU To Feature 150W Base TDP, Listed With Over $750 US Price

 

 

 

解説:

Zen3絶対殺すマンの12900KSがアメリカの小売店SopBLTにて出品される

価格は791.94ドルでこちらはいつもの発売前後のご祝儀価格か、後から価格調整をすることが前提の価格と思われます。

一応具体的な予定はありませんが、近いうちに発売されると思います。

某サイトでは「発売を特に急ぐ理由はない」と書いていましたが、当然、今年の末にはRaptorLakeが控えていますので、発売を延期する理由も存在しません。

Intelとしては出来る限り5800X3D発売日の近くに持っていきたいところでしょう。

Zen4は7-8月に発売されると言われていますので、そちらの対策は年末まで無策になるということになります。

AMDとしてはZen2で初めてIntelを抑えた時期にあやかってComputexでブチ上げて7月あたりに発売したいと思っているのではないかと思います。

AMDもZen2とZen3でIntelを容赦なく追い詰めましたので、Intelもこの機を逃さずAMDを追い詰めることになるのは当然でしょう。

AMDはサーバーでは元気よくEPYCでMilan-X出していますが、Fabのリソース不足でデスクトップまでには回ってきていません。

製品のランクとしてRyzen 7 5800X3DはCore i9-12900KSには敵わないと思いますので、今回もIntelの勝利になると思われます。

やはりサーバーの片手間に出す製品では苦しいと言わざるを得ません。

IntelがここまでRyzenを潰すことにこだわるのはAlderlakeに自信があるからでしょう。

万が一にもRyzenの方が優れているという結果を許さないということです。

このあたりがIntelパラノイア(自称)の所以でしょうね。

残念ですが、反撃はZen4までお預けと言うことになりそうです。

Intelは当面快進撃を続けることになるでしょう。

AMDには頑張ってもらいたいところです。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.