GPU情報

AMD、Radeon RX 6500 XT 4GB発売の数時間前に「4GB VRAMはゲームには不十分」マーケティングを削除

投稿日:

AMDはかつて、ゲーマーがNVIDIAのエントリーレベルのラインナップに取り組むには、4GB VRAMでは不十分だと主張していましたが、Radeon RX 6500 XTが店頭に並ぶ数時間前に、そのマーケティング声明を撤回することになりました。

AMDは、Radeon RX 6500 XT 4 GBグラフィックスカード発売の数時間前に「4GB VRAMはゲームには不十分」マーケティングを削除しています。

更新:カードは発売されましたが、ほとんどのレビュワーは、これまでで最悪のGPUの発売と呼んでいます。

KitGuruが(Videocardzを介して)発見したように、Radeon RX 5500 XTのAMDマーケティングブログでは、ゲームには4GBでは不十分であると述べられていましたが削除されました。

これは、レッドチームが4GBのメモリを搭載した非常に物議を醸しているRadeonRX 6500XTグラフィックカードを正式に発売するわずか数時間前のことです。

AMDは、製品全体を通じて、ゲーマーに大容量VRAMグラフィックス・ソリューションを提供し、業界をリードしています。

同様のエントリーレベルの価格帯の競合製品は、最大4GBのVRAMを提供していますが、これは明らかに今日のゲームには十分ではありません。

4GBを超えるビデオメモリで設定変更も可能です。

6GBまたは8GBのVRAMを搭載したRadeonTM RXシリーズGPUでプレイすれば、最大設定でゲームを楽しむことができます。

AMDマーケティングブログ Radeon RX 6500 XT用(現在は削除されています) Videocardz

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

は、そのマーケティングブログが2022年の発売としてRadeon RX 6500 XT 4GBグラフィックスカードを本当に悪いものに見せていただろうから、驚くには値しない。ここでは、Radeon RX 6500 XTグラフィックカードのポイントを紹介します。

  • 2022年には4GBのVRAMのみ
  • わずか4つのPCIeレーンに制限(Gen 3プラットフォームでは深刻な性能低下を招く)
  • AV1デコード不可
  • H264/H265エンコードなし
  • 希望小売価格は199ドルだが、AIBは339ドル/299ユーロ以上を示唆
  • 入手困難な製品

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

さらに、複数のレビュアーがレビュー用にRadeon RX 6500 XTグラフィックスカードを割り当てられていないことも判明しています。

TechPowerUpやComputerbaseといった有名な技術系アウトレットは、AMDやそのAIBパートナーからサンプルを入手することはできないだろうと報告しています。

https://twitter.com/ComputerBase/status/1483432788409954308?ref_src=twsrc%5Etfw

いくつかの設計上の選択は、制約の多い市場において、グラフィックスカードをゲーマーにとって有力な選択肢とするために行われました(あるいは、そう信じさせようとしたのでしょう)。

しかし、これらの決定は技術コミュニティから大きな反発を招き、Radeon RX 5500 XTやRadeon RX 480といった古い選択肢でさえ、新しい変種と比べるとより良い選択肢のように見えることがわかった。

Benchlifeは、早くもこのカードのレビューを掲載し、GTX 1650 SUPER OCに対する性能は期待外れだったようだ。

 

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

しかし、それだけではなく、RX 6500 XTグラフィックスカードの最新のリストは、希望小売価格をはるかに超えています。

実際、これらのカードは、希望小売価格のほぼ2倍で、最大378.44ユーロで販売されています。

これは、換算すると400ドルから430ドルで、希望小売価格は米国市場向けに199ドルです。

ASUSがカスタムカードの価格設定を299ユーロとしているのを見たことがあるが、実際にはもっと高くなりそうだ。

6nm Navi 24 XT GPU搭載 AMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカード 199USドル/1月19日発売

AMD Radeon RX 6500 XTは、Navi 24 XT GPUのダイをフルに活用する予定です。

内部的には「ベージュゴビー」と呼ばれるAMD Navi 24 GPUは、RDNA 2ラインナップの中で最も小さく、単一のSDMAエンジンを搭載している。チップは2つのシェーダアレイを備え、合計8WGPと最大16Compute Unitsを搭載する。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMDは、1つのコンピュートユニットあたり64個のストリームプロセッサを搭載しているため、Navi 24 GPUの総コア数は1024となり、32個のコンピュートユニットで2048個のストリームプロセッサを提供するNavi 23 GPUの半分となります。

RX 6500 XTのGPUは、ブースト2815MHz、ゲームクロック2610MHzとなり、これまでのRDNA 2 GPUの中で最高クロックとなる。

このチップのFP32性能は約5.7TFLOPsに相当する。

コア数に加えて、各シェーダーアレイには128KBのL1キャッシュ、1MBのL2キャッシュ、16MBのInfinity Cache(LLC)が搭載される予定である。

AMD Navi 24 RDNA 2 GPUは、64-bitバスインターフェイスを採用し、ローエンドのRadeon RX 6500またはRX 6400シリーズに搭載される予定となっている。

このカードの帯域幅は144GB/sだが、AMDは総帯域幅(Infinity Cacheを含む)を232GB/sとする新しいマーケティング名を打ち出している。

仕様としては、AMD Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードは、1024コア、4GBのGDDR6メモリーを搭載するとのことです。

このカードは、ETHを中心としたマイニングアルゴリズムで動作することはできないだろう。

トップモデルのTDPは107Wとなるため、起動には外部電源コネクタが必要になる。

グラフィックスカードが発売され、我々はそれらのどれもAMDによって約束されたように$ 199米国のMSRPに一致しないことを確認するためにいくつかの小売業者のリンクでこの記事を更新します.

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ107mm2107mm2237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数不明不明110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
SP数768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数48/3264/32112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック2039 MHz2160 MHz2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック2321 MHz2815 MHz2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能3.5 TFLOPs5.7 TFLOPs9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps18Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s144GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W107W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格$143 US?$199 US$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Removes ‘4GB VRAM is not enough for games’ Marketing Hours Before Radeon RX 6500 XT 4 GB Launch

 

 

 

解説:

x4が性能の足を引っ張り各レビュワーからボロクソに叩かれるRX6500XT

私が懸念した通りになりました。

低価格帯を好むユーザーはそもそもPCIe Gen4の環境を持っていません。

そのため、PCIe Gen3 x4として使うことになるのですが、さすがにこれでは帯域が不足して、半分程度しかその実力を発揮できません。

Gen3の環境では型落ちのGTX1650 SUPER OCに対抗することすらもむずしいようで、Youtubeのサムネイルでは「RX Teribble XT」、「BAD」などの文字が躍っています。

どのくらいのコストカットになるのかわかりませんが、せめてRX5500XTと同じx8にできなかったのかと思います。

今のレビューと言うのは一般のレビュアーが一斉にレビューを出すので、商業メディアでも嘘は書けなくなっています。

かつてIntelもRyzenに対して仲良しの会社を使って自社製品の方が優れているというレビューをpdfで配布しましたが、ボロクソに批判を浴びました。

正直に書かないことは大きく信頼性を損ない、メディアとしての致命傷になるSNS時代において製品の仕様をミスするとこうなるということです。

RX6500XTはAMDの失敗作として永遠にその名を刻まれそうです。

こういう詰めの甘さがRadeonがここまで追いつめられる理由なんでしょうね。残念です。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.