GPU情報

インテル ARC Alchemist グラフィックス・ラインナップ、2種類のハイエンドモデルを3月に発売。DG2-512 16GB GPUはRTX 3070 Tiに対応、DG2-384 12GBはRTX 3060 Tiに対応する。

投稿日:

CES 2022の開催が近づくにつれ、Xe-HPG DG2GPUをベースにしたインテルのゲーミンググラフィックスカードラインアップ「ARC Alchemist」に関する噂が多く聞かれるようになってきました。

Intel ARC Alchemistハイエンドグラフィックラインナップは3月発売の噂、DG2-512 16GB & DG2-384 12GBバリアントを含む予定

Expreviewフォーラム(ITHomeより)からの最新の噂によると、Intelは当初、ARC Alchemistグラフィックスラインナップを2022年1月に発売する予定だったが、それが第1四半期末に延期され、もしかしたら第2四半期にずれ込むかもしれないと言われているが、Intelが計画を変更して発売を前倒しした可能性もあるのでまだ不明である。

最初のARC Alchemist DG2 GPUは、すでに主要なAIBパートナーにデバッグ用に出荷されているので、リファレンスモデルとともに、さまざまなカスタムカードがローンチ時に用意されることが予想される。

ラインナップ自体は、DG2-128 GPU(SOC 2)を搭載するエントリーモデルのARC A380のほか、IntelはDG2-512 SKU(SOC 1)をベースにしたARC Alchemistグラフィックスカードを2種類用意すると言われている。

それぞれのIntel ARC Alchemist GPUの構成については、以下に詳細を記載する。

Intel Xe-HPG 512 EU GPU搭載ARC Alchemistゲーミンググラフィックスラインナップ

Alchemist 512 EU(32 Xe Cores)のトップバリエーションは、少なくとも3つの構成を備えていると言われています。

4096コア、256-bitバスインターフェイス、最大16GBのGDDR6メモリを搭載し、クロックは16Gbpsだが、噂では18Gbpsも否定されていない。以下は、DG2-SOC1をベースに予想されるARC 512 EUの全バリエーションである。

  • 512 EU (4096 ALUs) / 16 GB @ Up To 18 Gbps / 256-bit / 225W (Desktop) & 120-150W (ノートPC)
  • 384 EU (3072 ALUs) / 12 GB @ Up To 16 Gbps / 192-bit / 150-200W (Desktop) & 80-120W (ノートPC)
  • 256 EU (2048 ALUs) / 8 GB @ Up To 16 Gbps / 128-bit / 60-80W (ノートPC)

Xe-HPG Alchemist 512 EUチップのクロックは約2.2~2.5GHzとされていますが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかは不明です。仮に最大クロックだとすると、このカードは最大 18.5 TFLOPs の FP32 演算を実現することになり、RX 6700 XT より 40% 多いが NVIDIA RTX 3070 より 9% 低いことになる。

性能の位置づけとしては、デスクトップでは、上位の512EU版がRTX 3070 / RTX 3070 Tiに、384EU版がRTX 3060 / RTX 3060 Tiに対抗するとされています。

ノートPC側では、512 EUはRTX 3080と同程度の速度、384 EUのバリエーションはRTX 3070レベル程度、256 EUはRTX 3060に対して終了する可能性があるという。

また、Intelの当初のTDP目標は225~250Wだったが、現在は275W程度に引き上げられたと記載されている。

Intelがさらにクロックを上げようとするならば、デュアル8ピンコネクタの300Wのバリエーションも期待できる。

いずれの場合も、最終的なモデルは8+6ピンコネクタ構成になると予想されます。

リファレンスモデルは、IntelがARCブランド公開時に公開したドローンマーケティングショットに非常によく似た外観になる予定です。

AIBは、カスタムPCB設計でテストするための最終ダイを待っている間、デスクトップ型が最初に発売され、次にラップトップ型、そして2022年後半にワークステーション型が発売されるかもしれません。

intel ARC Alchemist vs NVIDIA GA104 & AMD Navi 22 GPU

グラフィック
カード名
Intel
ARC A780?
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti
AMD Radeon
RX 6700 XT
GPU名Alchemist
DG-512
NVIDIA GA104AMD Navi 22
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nm
ダイサイズ~396mm2392mm2335mm2
FP32演算コア数32 Xe Cores48 SM Units40 Compute Units
FP32演算ユニット数409661442560
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit
メモリ容量
・種類
16 GB GDDR68 GB GDDR6X16 GB GDDR6
発売時期2022Q12021Q22021Q1

Intel Xe-HPG 128 EU GPU搭載 ARC Alchemistゲーミング・グラフィックス・ラインナップ

そして最後に、Intel Xe-HPG Alchemist 128 EU (8 Xe Cores)のパーツをご紹介します。

1024コアのフルファットSKUを搭載した2つの構成があり、それぞれメモリ容量が6GBと4GBの96bitと64bitのバリエーションが用意されています。

96bitは1024コア、64bitは4GB GDDR6を搭載する。

このチップは、約2.2~2.5GHzのクロックスピードと75W以下の消費電力を特徴とし、エントリーレベル・セグメント向けのコネクタレス・グラフィックスカードが登場することを意味します。

以下は、DG2-SOC2をベースに予想されるARC 128 EUのすべてのバリエーションである。

  • 128 EU (1024 ALUs) / 6 GB @ Up To 16 Gbps / 96-bit / ~75W (Desktop)
  • 128 EU (1024 ALUs) / 4 GB @ Up To 16 Gbps / 64-bit / 35-30W (ノートPC)
  • 96 EU (768 ALUs) / 4 GB @ Up To 16 Gbps / 64-bit / ~35W (ノートPC)

性能はGeForce GTX 1650とGTX 1650 SUPERの間に着地すると思われますが、レイトレーシング機能を搭載しています。

AMDやIntelに対して大きなアドバンテージとなり得るのは、これらのカードで、現世代のカードでは完全に見捨てられた250ドル以下の米国市場に参入する可能性があることだ。

GeForce RTX 3050シリーズは、これまでラップトップのリリースしかなく、RTX 3060は329USドルでエントリーレベルのAmpereセグメントにサービスを提供し、RX 6600は約300USドルでAMDのエントリーレベルソリューションになると予想されています。

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードに非常に似ていますが、Alchemistは、より改良されたアーキテクチャ設計で、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

このラインナップは、スペックから見て、間違いなくエントリーレベルのデスクトップ用ディスクリート市場に向けたものとなるだろう。

インテルARC AlchemistとNVIDIA GA106 & AMD Navi 24 GPUの比較

グラフィック
カード名
Intel
ARC A350?
NVIDIA GeForce
RTX 2050
AMD Radeon
RX 6500 XT
Intel
ARC A380?
NVIDIA GeForce
RTX 3050
GPU名ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA107AMD Navi 24ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA106
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2Xe-HPGAmpere
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nmTSMC 6nmSamsung 8nm
ダイサイズ~155mm2不明不明~155mm2276mm2
FP32演算
コア数
8 Xe Cores16 SM Units16 Compute Units8 Xe Cores24 SM Units
FP32演算
ユニット数
10242048102410243072
メモリバス幅64-bit64-bit64-bit96-bit128-bit
メモリ容量
・種類
4 GB GDDR64 GB GDDR64 GB GDDR66 GB GDDR68 GB GDDR6
TDP35-50W30-45W~75W~75W~75W
発売時期2022Q12022Q12022Q22022Q12022Q1

このスケジュールからすると、両社とも2022年ぎりぎりまで次世代製品を発売しない見込みなので、Xe-HPG Alchemistのラインナップは、NVIDIAのAmpere & AMD RDNA 2 GPUと競合することになる。

NVIDIAとAMDは2022年初頭にリフレッシュをリリースする見込みなので、Intelの新ラインナップに競争力を与えるかもしれないが、現在の性能予想からすると、リフレッシュしてもラインナップに劇的な性能差をもたらすことはないかもしれない。

Xe-HPG ARC GPUもモバイルプラットフォームに登場し、Alder Lake-PのノートPCに搭載される予定だ。2023年には、IntelはARC Battlemageという形で、NVIDIAのAda LovelaceやAMD RDNA 3チップに対抗する適切なハイエンドグラフィックカードラインアップを用意することになるのだろう。

Intel Xe-HPGベースのディスクリートAlchemist GPUの構成:

GPUモデルグラフィック
カードモデル
GPUダイ実行ユニット数Shadingユニット数
(コア数)
メモリ容量
・種類
メモリ速度メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
ARC A780?Alchemist
-512EU
512 EU4096最大32/16 GB
GDDR6
18 / 16 / 14 Gbps256-bit~225W (Desktop)
120-150W (NotePC)
Xe-HPG
384EU
ARC A750?Alchemist
-512EU
384 EU3072最大12 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps192-bit150-200W (Desktop)
80-120W (NotePC)
Xe-HPG
256EU
ARC A580?Alchemist
-512EU
256 EU2048最大8 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps128-bit60-80W (NotePC)
Xe-HPG
128EU
ARC A380?Alchemist
-128EU
128 EU1024最大6 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps96-bit~75W (Desktop)
Xe-HPG
128EU
ARC A350?Alchemist
-128EU
128 EU1024最大4 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps64-bit35-50W (NotePC)
Xe-HPG
96EU
ARC A330?Alchemist
-128EU
86 EU768最大4 GB
GDDR6
16 / 14 Gbps64-bit~35W (NotePC)

ソース:wcctech - Intel ARC Alchemist Graphics Lineup To Launch In March With Two High-End Variants: DG2-512 16 GB GPU To Tackle RTX 3070 Ti & DG2-384 12 GB Tackles RTX 3060 Ti

 

 

 

解説:

Alchmistのトップモデルの性能はRTx3070Ti程度か?

また、384EUの性能はRTX3060Ti程度の性能にとどまると予想されています。

一応、クロック次第ではRTX3080を超えると言われていたAlchemistですが、最新のリークではこの程度に収まるのではないかと言われています。

Intelは次のBattleMageでいきなりAMDのRNDA3やnVidiaのLovelaceのフラッグシップに追いつく予定のようですが、第一世代の製品を見てみないと何とも言えないところです。

性能レンジで見ればいきなり先行する2つのメーカーに追いつくのは難しいように見えます。

少なくとも私の目にはそう見えます。

出る出ると言われてなかなか出てこないAlchemistですが、いよいよ2022年には登場するものと思います。

そうなればおのずとその実力は明らかになるでしょう。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.