CPU情報

AMD、最近の四半期で「EPYC」の市場シェアが過去最高の16%を達成

投稿日:

アナリスト企業であるOmdia社は先日、AMDが最近の四半期に16%のサーバー市場シェアを達成したと報告しました。

この歴史的な市場シェアの一部は、「ハイパースケールクラウドサービスプロバイダー、特にGoogleからの需要」によるものだと、Business Wireは報じています。

AMD、EPYC CPUのおかげで16%のサーバー市場シェアを達成、Omidaレポート

サーバーのニーズに対する膨大な要件があり、業界が時間どおりに注文を処理する能力に苦しんでいるにもかかわらず、AMDは「合計215億ドルのベンダー収益」を示しました。

サーバーからの収益は11%の成長が見込まれ、合計920億ドルにアクセスすると予想されています。

サーバー市場は、サーバーの価格が上昇していることに加え、AIやアナリティクスなどの最適な演算ワークロードや重いデータタスクの活用により、着実に増加しています。

そのため、より効率的なストレージソリューションやメモリの増加が求められています。

PMIC(Power Management Integrated Circuit)などの一部の重要部品が大幅に不足しており、特に年末のサーバ出荷に影響を及ぼす可能性があります。

サーバーベンダーは、部品の不足を緩和し、長いリードタイムの影響を抑えるために、部品の在庫レベルを増やしています。

このような短期的な解決策は、すでに逼迫しているサーバー部品のサプライチェーンにさらなる負担をかけ、価格を押し上げています。

「スマートフォンをはじめとするパーソナルエレクトロニクス機器の普及や、自動車の電子化、モノのインターネット化などにより、電源管理に関連する半導体の需要は急激に増加しています。PMICのような部品は、通常、価格競争力を高めるために8インチのウェハーで製造されます。過去何年もの間、8インチファブは利益率の低いビジネスと考えられていたため、大規模な投資は行われていませんでした。そのため、短期的には供給不足の問題を解決することは困難です」と、Omdia社のデータセンター・コンピューティング&ネットワーキング担当プリンシパル・アナリストのManoj Sukumaran氏は述べています。

「今年、供給不足が悪化したため、一部の企業は8インチのキャパシティへの投資を開始しましたが、キャパシティの拡張には生産性を高めるために少なくとも1年かかることを考えると、PMICの供給不足は来年まで続くと思われます」と述べています。

インテルは、最新のプロセッサーでは、CPUアーキテクチャーに異なるアプローチを試みることを予告しています。

「スループットの効率化とマルチタスク化を実現するとともに、低電圧動作により、より要求の厳しいワークロードのために周波数を上げて性能をスケールアップするためのヘッドルームを確保します。パフォーマンス・コア・デザインは、シングルスレッドのアプリケーション・パフォーマンスを適切にターゲットとしています」と述べています。

インテルの最新CPUアーキテクチャは、より多くのアプリケーションに合わせてCPUをカスタマイズすることを可能にします。

x86アーキテクチャの争いが続く中、ArmベースのCPUベンダーは、超大規模クラウドサービスプロバイダーのサーバーへの浸透を大きく進めています。

第2四半期には、AWSでのGravitonの導入がやや減速したものの、OracleではAmpereのCPUを搭載したサーバーの導入が加速しました。

※ AmpereはNeoverseというサーバー向けARM CPU製品を販売しています。Intelを退職した女性幹部が社長で、Intel本社がある町に本社があるという曰くつきの会社です。Geforceのことではありませんので、念のためお断りしておきます。

また、富士通やHuaweiのArmベースのCPUにも良い勢いが見られました。

Omdia社は、最近のAMD社の前四半期の市場シェアの結果について、民生用スーパーコンピューターなどの技術的なブレークスルーの増加の必要性と併せて、次のように述べています:

Omdia社のクラウド・データセンターリサーチ部門のディレクターであるVlad Galabovは次のように述べています。「当社は、テクノロジーの消費モデルの進化を長年にわたって追跡してきましたが、サーバーベンダーが、顧客の敷地内にあるとはいえ、インフラをサービスとして提供しようとする新たな取り組みに驚きはありませんでした。」

「2021年の第2四半期には、HPE、Dell、Lenovoの3社が、それぞれの提供サービスに強い支持を集めました。興味深いのは、HPEがサービスとしてスーパーコンピュータを提供したことです。これは、大企業で見られる、運用費の増加を優先して資本支出を削減するという幅広い傾向と一致しています。」

世界のデータセンターサーバのベンダー別売上高

売上高 (百万ドル)変化(%)
2020Q22021Q12021Q22021Q2 vs.
2021Q1
2021Q2 vs.
2020Q2
White Box
Vendors
$5,084$4,748$5,56617%9%
Dell EMC$3,261$3,521$3,6554%12%
HPE$2,747$2,586$2,7275%-1%
Inspur$2,412$1,577$2,28545%-5%
Lenovo$1,466$1,435$1,65215%13%
IBM$913$815$8514%-7%
Huawei$1,270$1,096$820-25%-35%
Cisco$822$789$729-8%-11%
Super Micro$689$622$70814%3%
H3C$481$425$51822%8%
その他$1,817$1,735$1,97214%9%
合計$20,964$19,349$21,48211%2%

ソース:wccftech - AMD Achieves ‘EPYC’ Record-Breaking 16% Market Share In Recent Quarter

 

 

 

解説:

AMD EPYCが悲願を達成。

目標を掲げながら、なかなか達成できなかったサーバーCPUシェア10%超をようやく達成しました。

Intelが圧倒的強さを占めるサーバーの世界でAMDがこれだけのシェアを達成するというのはZenアーキテクチャーの優秀性を証明しているものと思います。

IntelもSapphire Rapidsで挽回に動くと思いますが、AMDも負けじと新製品を投入し続けると思います。

この辺はデスクトップと事情はさほど変わりません。

違うのは利益率と両社の真剣度です。

利益率の高いサーバーはIntelの本気も本気、絶対に負けられない分野ですから、死ぬ気で挽回に動くでしょう。

ゲームとは直接関係ありませんが、世間からの評価がどのような行われるかと言うのがわかるのではないかと思います。

リーク情報が出た段階では世間からの評価はされません。

あくまでも製品が発売されて、その優秀性が知れ渡ってからの評価になります。

現在、Alder Lakeの優秀性はまだ知れ渡っていませんが、一般の人は発売されるまでは認知していないということになります。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.