CPU情報

インテル第12世代Alder Lake-SデスクトップCPUとZ690マザーボード、11月19日発売

投稿日:

インテルの第12世代Alder Lake-SデスクトップCPUファミリーとZ690マザーボードのラインアップは、チップジラの今年の最大の発表となるでしょう。

新しいアーキテクチャやIPCの向上だけでなく、チップ全体のデザインが一新され、第12世代Coreファミリーは、ハイブリッドx86プロセッサのコンシューマ向けデスクトップ製品としては初の発表となります。

第12世代Alder Lake-SデスクトップCPUとZ690マザーボードは11月19日発売

Intel Alder Lake-S Desktop CPUのラインナップには、第12世代Coreプロセッサが含まれます。

このラインナップには、第12世代Coreプロセッサが含まれています。

インテルは、入門用の「K」および「Non-K」チップでラインナップを開始し、その後数週間のうちに、よりメインストリームな製品を発売します。

当社の情報筋によれば、インテルの第12世代CoreプロセッサーのラインナップとZ690マザーボードは、11月19日に発売される予定です。

また、インテルは、10月27日と28日に開催される「イノベーション」イベントにおいて、次世代ファミリーの価格、仕様、一般的な性能を公開する発売前の発表会を行います。

インテルがハイブリッド・アーキテクチャーを採用したx86 CPUをコンシューマー向けにリリースするのは初めてではありませんが、最適化された状態で正式にリリースされるのはこれが初めてです。

Lakefieldは、一部のノートPCに限定されていましたが、ハイブリッドアーキテクチャーのアプローチのテストケースと見ることができます。

一方、Alder Lakeは、デスクトップとモバイルの両方のプラットフォームに主眼を置いており、マイクロソフトのWindows 11 OSでは、スケジューリングやコアの最適化も行われます。

インテルのAlder Lake-Sは、ハイブリッド・アーキテクチャーを大いに活用し、ビッグコアとスモールコアへの依存度をさらに高めた次世代Coreシリーズへの道を開くことになるでしょう。

Alder Lakeの場合は、Performance CoresにGolden Coveアーキテクチャ、Efficiency CoresにGracemontアーキテクチャを採用しています。

また、インテルは、600シリーズのチップセットという形で、デスクトッププラットフォームを一新します。

この新しい600シリーズは、Kチップと非Kチップの両方をサポートするZ690マザーボードでデビューします。また、Z690プラットフォームは、DDR5、PCIe Gen5.0、その他の主要機能をサポートし、オーバークロック機能も強化されます。Z690チップセットを搭載したマザーボードは、Alder Lake-SデスクトップCPUと同日に発売されますが、DDR5メモリーキットはそれよりも若干早く発売されます。

いくつかのメーカーはすでにリテール分野で最初のDDR5キットを発売しており、10月までにさらに多くのゲーミングモジュールが市場に登場する予定です。

Intel Alder LakeデスクトップCPUプラットフォーム - Z690フラッグシップを含む600シリーズチップセット

Intel Alder LakeデスクトップCPUは、Z690マザーボードを含む600シリーズプラットフォームに対応しています。

このマザーボードは、Alder Lakeおよび将来の世代のCPUに合わせて設計されたLGA 1700ソケットを搭載します。

また、フラッグシップモデルのZ690マザーボードのみがネイティブスピード4800MHzのDDR5メモリをサポートしますが、メインストリームおよび低価格帯のチップセットを搭載した安価なマザーボード(H670、B650、H610)はDDR4-3200をサポートします。

それに加えて、Intel Alder LakeのCPUは、16本のPCIe Gen5.0(ディスクリートグラフィックス)と4本のPCIe Gen4.0レーンを搭載します。

チップセットは、12個のGen 4レーンと16個のGen 3レーンを提供します。600シリーズチップセット搭載マザーボードの残りの機能については、以下をご覧ください。

  • eDP / 4DDI (DP, HDMI) ディスプレイ機能
  • 2チャンネル(最大DDR5-4800 / 最大DDR4-3200)メモリーサポート
  • x16 PCIe 5.0 / x4 PCIe 4.0レーン (CPU)
  • PCIe Express 4.0およびPCIe Express 3.0サポート(600シリーズチップセット
  • SATA 3.0
  • 統合WiFi 6E
  • ディスクリートThunderbolt 4 (USB 4準拠)
  • USB3(20G)/USB3(10G)/USB3(5G)/USB2.0
  • インテルLAN PHY
  • インテルOptaneメモリーH20(H10後継機

このチップのパッケージサイズは、既存のLGA 1200パッケージが37.5×37.5mmであるのに対し、45.0×37.5mmとなっています。

また、Intel Alder LakeのCPUは、最大で16コア、24スレッド(Golden Coveベースで8コア/16スレッド、Gracemontベースで8コア/8スレッド)のコア構成で登場することがわかっています。

インテル Core i9-12900K 16コア/24スレッド デスクトップCPU

インテル Core i9-12900K」は、第12世代Alder LakeデスクトップCPUのフラッグシップチップとなります。

8個のGolden Coveコアと8個のGracemontコアを搭載し、合計16コア(8+8)、24スレッド(16+8)の性能を発揮します。

Pコア(Golden Cove)は、1~2個のアクティブコアで最大5.3GHz、全コアアクティブで5.0GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1~4個のコアで3.90GHz、全コア搭載時には最大3.7GHzで動作します。

このCPUは30MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)と228W(PL2)を維持します。

インテル Core i7-12700K 12コア/20スレッド デスクトップCPU

Core i7に移行したインテルは、Golden Coveコアを8個提供するが、Gracemontコアを4個に削減し、合計12コア(8+4)、20スレッド(16+4)となる。

Pコア(Golden Cove)は、1-2個のアクティブコアで最大5.0GHz、全コアアクティブで4.7GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4個のコアで3.8GHz、全コア搭載時には最大3.6GHzで動作します。

また、25MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

インテル Core i5-12600K 10コア/16スレッド デスクトップCPU

最後にご紹介するのは、エントリーレベルのアンロックド・チップとなる「インテル Core i5-12600K」です。

Golden Cove」コアを6個、「Gracemont」コアを4個搭載し、合計10コア(6+4)、16スレッド(12+4)となっています。

Pコア(Golden Cove)は、1-2コア使用時に最大4.9GHz、全コア使用時に最大4.5GHzの最大ブースト周波数で動作し、Eコア(Gracemont)は、1-4コア使用時に3.6GHz、全コア使用時に最大3.4GHzで動作します。

このCPUは20MBのL3キャッシュを搭載し、TDP値は125W(PL1)および228W(PL2)を維持しています。

Intel第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック(噂)

CPU名Pコア数Eコア数全コア数/
スレッド数
Pコアベース /
ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース /
ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)価格
Intel Core i9-12900K8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
未確認
/ 3.9 GHz
3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W228W未確認
Intel Core i7-12700K8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
未確認
/ 3.8 GHz
3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W228W未確認
Intel Core i5-12600K6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
未確認
/ 3.6 GHz
3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W228W未確認

ソース:wccftech - Intel 12th Gen Alder Lake-S Desktop CPUs & Z690 Motherboards Launching on 19th November

 

 

 

解説:

AlderLakeは10月27日発表、11月19日発売

となります。

今年中に発売されるはCore i9-12900K、Core i7-12700K、Core i5-12600Kの3モデルとZ690マザーボードのみで、その他のモデル、マザーボードの発売は来年になります。

10/27、28はインテルが開催するイノベーションイベントで発表されるようです。

まだ公式アナウンスではないので、確定してわけではありませんが、タイミング的に言ってクリスマスシーズンに間に合うギリギリのタイミングですから、ほぼ確定と言ってもよいのではないでしょうか。

DDR5、PCIe5、PコアとEコア、2種類のコアを搭載するbig.Littleフィロソフィなど新しい技術がゲーミングの世界にやってきます。

そのころにはWindows11も世に出ているでしょうから、ソフト、ハードともに全く新しい世代に突入することになります。

Winodws11はWindows10とあまり変わってないという印象を持たれる方も多いと思いますが、Winodws10よりbig.Littleフィロソフィの性能が上がるなど最新の環境での性能に影響を与えると言われていますので、AlderLakeを購入予定の方は同時に導入すると良いのではないかと思います。

PCIe5に関しては当面、活躍する機会はないかもしれません。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.