GPU情報

インテル、2022年第1四半期にデスクトップPCとノートブックPCに搭載されるAlchemist GPUのArcグラフィックスラインアップを発表 - 高性能ゲームとレイトレーシングのデモを実施

更新日:

インテル社は、AMD社の「Radeon」やNVIDIA社の「GeForce」に対抗して、デスクトップやノートPCに搭載する次世代ディスクリート製品のコードネームとなる、次世代グラフィックス「ARC」のデモを行いました。

今回の発表に加えて、インテルは次世代ARC製品のロードマップを発表しています。

インテル、次世代デスクトップおよびラップトップ製品のARCグラフィックスブランドを発表、Alchemist「DG2」GPUは2022年第1四半期に発売、高性能レイトレーシングのデモを披露

インテル社は、次世代ARCファミリーの新しい詳細を発表しました。

ARCファミリーは、AMDが自社製品を「Radeon」、NVIDIAが自社製品を「GeForce」と呼んでいるのと同様に、インテルが今後発売するグラフィックス製品のコードネームとなります。

ARCシリーズは、2022年第1四半期に「Alchemist(アルケミスト)」と呼ばれるGPUラインアップとして発売されます。

このAlchemistラインナップは、現在我々がIntel Xe-HPG「DG2」GPUとして知っているものだ。

また、IntelはARCの後続製品として、Battle Mage(バトルメイジ)、Celestial(セレスティアル)、Druid(ドルイド)という名称を確認している。

ゲーム向けに開発されたCodename Alchemist SoCを搭載したIntel Arcグラフィックス製品は、2022年第1四半期に世界のパートナー企業からデスクトップやノートブックに搭載されます。

今回は、#IntelArcプリプロダクション・シリコンで撮影されたゲームプレイを初公開します。収録されているゲームは、Mount & Blade II Bannerlord、Forza Horizon 4、Psychonauts 2、Player Unknown Battlegrounds、Subnautica Below Zero、Metro Exodus、Rift Breaker、Days Gone、Chivalry II、Crysis Remastered Trilogyです。

Intelより

他の製品の発売はまだ先になりますが、ここではARC AlchemistシリーズのGPUに話を戻します。

インテルは、ARC Alchemist GPUが複数のAAAタイトルを動作させる新しいデモを公開しました。

その中には、レイトレーシングのティーザーと思われるものも含まれており、さらに重要なのは、以前から確認されていたインテル独自の社内AIスーパーサンプリングソリューションです。

翻訳

因みに、Intel Arc GPUは、メッシュシェーディングや高性能レイトレーシングを含むDX12Uをフルサポートします。ボーナスとして、高品質なニューラルスーパーサンプリングがありますが、これについては別途発表します。

Intel Xe-HPG ARC AlchemistゲーミングGPUラインナップのすべてが明らかに

Xe-HPGを採用したAlchemist GPUの各製品は、フルサイズのチップからいくつかのカットされたバリエーションまで、さまざまな構成で提供されます。

これは、NVIDIAのAmpere GA102-400、GA102-200や、AMDのNavi 21 XTX、Navi 21 XT、Navi 21 XLのような命名規則に似ています。

今回の発表で興味深いのは、上の写真に写っている上位機種が、以前にラジャ・コドゥリ氏が予告していたチップと同じものだということだ。

Raja氏は6月に、Xe-HPGアーキテクチャのDL機能により、より優れた品質と性能を実現するアプローチが可能になると述べています。その詳細はこちら。

Intel Xe-HPG Alchemist 512 EUディスクリートゲーミンググラフィックスカード

Alchemist 512 EUは、4096コア、256ビットバスインターフェース、最大16GB GDDR6メモリ(8GB GDDR6もあり)を搭載したフルダイを採用しています。

需要と歩留まりに応じて、インテルはこのフラッグシップチップのバリエーションをさらに増やす可能性がありますが、今のところ断言はできません」と述べています。

Alchemist 512 EUチップのサイズは約396mm2で、AMD RDNA 2やNVIDIA Ampere製品よりも大きいと予想されます。

Alchemist -512 GPUは、37.5mm x 43mmのサイズのBGA-2660パッケージで提供されます。

NVIDIAのAmpere GA104のサイズは392mm2であり、フラッグシップのAlchemistチップが同等のサイズであるのに対し、Navi 22 GPUのサイズは336mm2と約60mm2少ないことになります。

これはチップの最終的なダイサイズではありませんが、非常に近い値になるはずです。

NVIDIAは、テンソルコアとより大きなRT/FP32コアをチップに搭載し、AMD RDNA 2チップは、CUあたり1つのレイアクセラレータユニットとInfinity Cacheを搭載しています。

また、IntelはAlchemist GPUにレイトレーシングとAI支援のスーパーサンプリング技術のための専用ハードウェアを搭載します。

Xe-HPG Alchemist 512 EUチップは、最大2.2GHzのクロックを搭載することが示唆されていますが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかはわかりません。

また、Intelの当初のTDP目標は225-250Wでしたが、現在は275W程度に引き上げられていると述べられています。

もしインテルがさらにクロックを上げたいのであれば、デュアル8ピンコネクタを備えた300Wのバリエーションも期待できます。

また、ES Xe-HPG AlchemistベースのグラフィックスカードのPCBや写真がリークされていますので、こちらもご覧ください。

インテル Xe-HPG Alchemist 384 EU ディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

次に、Intel Xe-HPG Alchemist 384 GPU SKUですが、少なくとも3つのバリエーションで構成されると予想されています。

フルシリコンチップは、3072コア、最大12GB GDDR6メモリ(6GB GDDR6も記載)、192ビットバスインターフェースを搭載します。

そして、2048コアと1536コアで構成される256EUと192EUの2種類のバリエーションがあります。

どちらも128ビットのバスインターフェースを備えていますが、256 EUモデルには最大8 GB GDDR6メモリ(4 GB GDDR6も搭載)が、192 EUモデルには4 GB GDDR6メモリが搭載されます。

これらの仕様から、これらのGPUはメインストリーム製品として位置づけられます。

これまでのリーク情報によると、Intel Xe-HPG Alchemist 384 EU GPU variantのサイズは約190mm2となっています。

PCBの設計図には、6つのメモリモジュールの位置が示されており、192ビットのバスインターフェースと、6または12GBのGDDR6メモリ容量が確認されています。

また、スマートキャッシュは、384 EU版が16MB、256 EU版が8MB搭載される予定です。

クロックスピードは、384 EUのパーツがベース600MHz、ターボ1800MHz、256 EUのパーツがベース450MHz、ターボ1400MHzと報告されています。

インテル Xe-HPG Alchemist 128 EU ディスクリート・ゲーミング・グラフィックス・カード

そして最後に、Intel Xe-HPG Alchemist 128 EUパーツです。トップモデルは、1024コア、64ビットバスインターフェース、4GB GDDR6メモリを搭載したフルスペックモデルです。

縮小版は、96個のEUまたは768個のコアと4GBのGDDR6メモリを搭載し、64ビットのバスインターフェースを備えています。

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードと非常によく似ていますが、Alchemistはアーキテクチャ設計が改善されており、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

仕様を見る限り、このラインナップはエントリーレベルのデスクトップ用ディスクリート市場に向けたものであることは間違いありません。

Intel Xe-HPG DG2 GPUベースのディスクリートゲーミンググラフィックスカードの仕様

GPUモデルGPU SKUExecution
Unit数
Shading
Unit数 (コア数)
メモリ容量メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit~275W
Xe-HPG
384EU
DG2-384EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bit不明
Xe-HPG
256EU
DG2-384EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bit不明
Xe-HPG
192EU
DG2-384EU192 EUs15364 GB
GDDR6
128-bit不明
Xe-HPG
128EU
DG2-128EU128 EUs10244 GB
GDDR6
64-bit不明
Xe-HPG
96EU
DG2-128EU86 EUs7684 GB
GDDR6
64-bit~120W

数ヶ月前、Intel Xe-HPG Alchemist GPUベースのディスクリート・グラフィックス・カードのエンジニアリング・サンプルが、噂されている性能や価格と共にリークされたことがありました。

Xe-HPG Alchemistは、NVIDIAのAmpereおよびAMDのRDNA 2 GPUと競合する製品です。

Xe-HPG ARC GPUは、モビリティプラットフォームにも搭載され、Alder Lake-PノートPCに搭載される予定です。

GPUファミリIntel Xe-LP
(第一世代)
Intel Xe-HPG
(第一世代)
Intel Xe-HP
(第一世代)
Intel Xe-HP
(第二世代)
Intel Xe-HPC
(第一世代)
GPU
セグメント
エントリー
(内蔵及び単体)
メインストリーム
・ハイエンド
ゲーミング
(単体)
データセンター
ワーク
ステーション
データセンター
ワーク
ステーション
ハイパフォーマンス
コンピューティング
GPU 世代Gen 12Gen 12Gen 12Gen 13Gen 12
製造
プロセス
Intel 10nm
SuperFin
外部工場Intel 10nm
SuperFin
不明Intel 10nm
SuperFin及び
外部工場
GPU製品Tiger Lake
DG1/SG1 Cards
DG2 GPUsArctic SoundJupiter SoundPonte Vecchio
スペック/
設定
96 EUs /
1 タイル/1 GPU
512 EUs /
1 タイル/ 1 GPU
2048 EUs /
GPU毎に
4タイル
不明8192 EUs /
GPU毎に
16タイル
メモリ
サブシステム
LPDDR4/GDDR6GDDR6HBM2e不明HBM2e
発売年2020202120212022?2021-2022

ソース:wccftech - Intel Unveils Arc Graphics Lineup With Alchemist GPUs Coming To Desktops & Notebooks In Q1 2022 – Demos High-Performance Gaming & Raytracing

 

 

解説:

IntelがXeを遂に公式に発表したようですね。

ここまでかなりの紆余曲折がありました。

あまり情報が出なかったので、「Xeはどうなったんですか?」と言うコメントが来たほどでした。

一時期本当に情報が出なかったので、さすがのインテルもかなり苦戦しているのかと思っていましたがようやく具体的な発売時期の情報が出てきました。

2022年Q1となるようです。

Xe-DG2の512EU版はRTX3080程度の性能、恐らく、RTX3080からRTX3080Tiの間の性能でRTX3080Tiには近くないはずです。

Ampereが出る前に発売されていればかなり世間にインパクトを与えることができたと思いますが、Lovelaceのリークが出始めた今となってはちょっと寂しい性能です。

RDNA3、Lovelaceともに前世代の2倍を超える相当な性能ジャンプとなるようですので、Xeが一線級のGPUとして、活躍できる期間は1年以下と言うことになります。

いささか遅きに失した感がありますが、最初の製品と考えると破格の性能と言ってもよいでしょう。

何せ、ずっとGPUを作ってきたAMDですらもRDNA1はミドルレンジの性能だったのですから。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.