GPU情報

AMDは、次世代Radeon RXグラフィックスカードに4GB以上のグラフィックスメモリを標準搭載することを示唆している

投稿日:

最近のブログ記事で、AMDは、最初のRDNA 2を搭載したRadeon RXグラフィックスカードの発売に近づくにつれて、4GBのエントリーレベルのグラフィックスカードの時代の終わりをほのめかしているかもしれません。

Game Beyond 4GB」と題されたブログ記事では、AMDの最もエントリーレベルのNaviベースのRadeon RXグラフィックスカードである5500 XTを4GBと8GBの両方で比較し、VRAMサイズの増加がパフォーマンスを向上させるだけでなく、次世代のAAAタイトルにおいてサポートの観点からも重要になっていることを紹介しています。

AMDは、RDNA 2 GPUアーキテクチャをベースにした4GB以上のエントリーレベルのRadeon RXグラフィックスカードを示唆しています。

現在、AMDのエントリーレベルのRadeon RXグラフィックスカードのラインナップは、4GB GDDR6メモリを搭載したRadeon RX 5500 XTと、8GB GDDR6メモリを搭載した2つのバリエーションで構成されています。

Naviベースのカードに加えて、AMDの古いPolarisベースのオプションは大量に販売されており、いくつかのオプションから選択できますが、その大部分は、前世代のPolaris製品の標準となった8GBのバリエーションです。

AMDは独自のテストで、8GBのRadeon RX 5500 XTを使用したAAAタイトルでは、4GBのモデルと比較して最大24%のパフォーマンス向上が報告されています。

Borderlands 3、Call of Duty Modern Warfare、Forza Horizon 4、Ghost Recon Breakpoint、Doom Eternal、Wolfenstein 2: The New Colossusなどの最新タイトルがテストされましたが、いずれも4GBオプションよりも顕著な改善が見られました。

AMD は、パフォーマンスの向上に加えて、VRAM が不足しているグラフィックスカードがいくつかの問題を引き起こす可能性があることを認めています。

  • エラーメッセージと警告の限界
  • 低いフレームレート
  • ゲームプレイのスタッタとテクスチャのポップインの問題

ここでさらに重要なのは、AMDの最小VRAM層カードがRadeon RX 5500 XTであり、このブログ記事は、AMDが次世代の製品でどこに向かっているのかを示唆しているということだ。

AMDの8GB RX 5500 XTで見られるように、エントリーレベルの市場では8GBと6GBのオプションが標準となっており、NVIDIAはまだエントリーレベルのGTX 1650 Tiを4GBのフレーバーで提供していますが、GTX 16シリーズのメインストリームラインアップは、Turing世代からの3GB GTX 1060の提供に代わって、6GBの提供から始まります。

AMDは、グラフィックスカードのVRAMや新しいメモリ技術の強化を常に最前線で行ってきました。

NVIDIAがハイエンド製品で4GB、最大6GBのメモリを提供していた頃、Radeon 300シリーズは、8GBのメモリを標準で提供した最初のカードでした。

また、AMDは、4GBのRadeon R9 Fury Xで最初にHBM規格を採用し、第1世代Vegaでは8GBのHBM2を、最後のウルトラプレミアムオプションであるRadeon VIIでは最大16GBのHBM2メモリを採用して、その境界線を再び押し広げました。

AMDとNVIDIAは現在、Radeon RX 5700 XTやGeForce RTX 2070 SUPERなどのハイエンドカードで同様のメモリ構成を提供していますが、AMDのBig Navi RDNA 2 GPUの発売が近づいているため、エントリーレベルのRadeon RX RDNA 2カードは6GBから8GBの範囲で提供されているのに対し、ハイエンドカードでは8GBからより高いメモリ構成への移行が見られ、これは競合他社にとっても高いハードルを設定することになるでしょう。

AMDが次世代RDNA 2 GPUで最初に優先するのは、コンソールセグメントに移行する前に、PC市場でのビッグNaviの形である。Naviが低価格でリフレッシュされる可能性が高いが、AMDはRDNA 2を同社のトップからボトムまでのラインアップ全体に電力を供給することを計画しているので、Big NaviがGPU市場に参入した後に、エントリーレベルとメインストリームでより高いVRAMを搭載したオプションを見ることができるのは間違いないだろう。

ソース:wccftech - AMD Hints at More Than 4 GB Graphics Memory As Standard on Next-Gen Radeon RX Graphics Card

 

解説:

AMDのGPUは4GB以上のVRAMを搭載することをアピール

特にRX5500XTでは4GBと8GBを比較すると最大で24%の性能がアップすることをアピールしています。

これはnVidiaにとってはかなり痛い比較でしょうね。

GeforceはCUDAコア数によってきまってしまうところがあるのでどうしようもないと言えばないのですが、容量をアピールするAMDもRX5600XTとRX5500XT8GBで容量のミスマッチが起きています。

一方のGeforceではこうしたことは起きておらず、上位のモデルは必ず下位のモデルを仕様で上回っています。

例外はGDDR5を搭載したGTX1660と後から出たGTX1650のGDDR6版くらいでないですかね。

どちらが良いとは言い切れませんが、商売としてはnVidiaのほうが上手だと思います。

VRAMは仕様によっても決まってくるので、RX5600XT6GBとRX5500XT8GBはある意味仕方ない面もありますが、より対価を支払ったユーザーが必ず報われるような仕様を貫いてほしいと私は思います。

なお、次世代GeforceはVRAMの容量が上がると思いますので、この限りではなくなる可能性が高いです。

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.