ゲームについて その他

PS5の初のダイショットがオンラインで公開されました。

投稿日:

PS5のダイショットは、ハイエンドチップセットのクローズアップ(赤外線撮影を含む)を得意とするTwitterユーザーの@FritzchensFritz氏が約1時間前に投稿したものです。

PS5のダイショットから明らかになっているのは、キャッシュがどのように分離されているかということで、PlayStation 5にはInfinity Cacheが搭載されていないということです。

AMDは、RDNA 2を搭載したRadeon RX 6000 GPUにInfinity Cacheを導入しました。

これは128MBの「全く新しいキャッシュレベル」で、低消費電力かつ低レイテンシーで高帯域幅のパフォーマンスを可能にすることを目的としており、帯域幅の乗算器として機能し、256ビット16GB GDDR6メモリの有効帯域幅の最大3.25倍を実現しています。

キャッシュはグラフィックスコア全体で見られ、時間的な再利用を可能にし、データへのほぼ瞬時のアクセスを可能にします。

以下、PlayStation 5の公式スペックをご紹介します。

ソニーの次世代ハードウェアは、プレイステーションのプラットフォームとしては過去最高の発売となりましたが、アナリスト会社であるAmpere Analysisは、これまでのところプレイステーション4と同等の性能であると考えています。

PlayStation 5 スペック
CPU (Zen 2)8 Cores @ 3.5GHz
(可変クロック)
GPU
(カスタムRDNA 2)
10.28 TFLOPs,
36 Compute Units
@ 2.23GHz
(可変クロック)
ハードウェア
レイトレーシング
サポート
システムメモリ
インターフェイス
16GB GDDR6/256-bit
メモリ帯域幅448GB/s
内蔵ストレージカスタム 825GB SSD
I/O スループット5.5GB/s (Raw),
8-9GB/s (クラーケン
による圧縮後)
拡張ストレージNVMe SSD Slot
M.1 or M.2サポート
外部ストレージUSB HDD サポート
(PS4ゲーム向け)
Optical Drive
(optional)
4K UHD Blu-ray Drive
(最大100GB disc)
Audioカスタム'Tempest' 3D
オーディオエンジン
100のシミュレーション
ソースをサポート

ソース:wccftech - First PS5 Die Shot Posted Online; Here’s the Console’s SoC

 

 

 

解説:

PS5のSoCのダイショットが公開される

PS5のダイショットが公開されました。

今まではっきりしていなかった部分が明確になったようです。

また、PS5にはインフィニティ・キャッシュが搭載されていないことが明らかになったようですね。

GPU部分は36CU2304SPで、ほぼRX6700(予定)と同等と思われます。

同じSP数のRX5700無印が7.9TFLOPSなので、クロック差を考えると公式の10.28TFLOPSは妥当な数字なのかなと思います。

アフターAmpere後のGPU界においてはSP数が2304と言うのは良くてミドルクラス(中間クラス)の性能なので、4Kや8K対応はゲーム機独自の技術を使うようですが、やはりアップスキャンコンバート前提と言うことになります。

ダイ上には40CUありますが、4CUは生産効率を上げる冗長性のために確保されているようです。

 

 

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.