CPU情報

Intel Core i9-11900Kは、AMD Ryzen 7 5700G、両方とも未発表の8コアプロセッサに対してテストされました

更新日:

Intel Core i9-11900K を Z590 マザーボードでテストしました

フラッグシップCPU「Rocket Lake-S」の初プレビューが、二斤自制のYouTubeに投稿されています。

Intel Core i9-11900KとAMD Ryzen 7 5700GのCPU、出典:二斤自制

 

Intel Rocket LakeのCPUは、GALAX HOFのDDR4-4000メモリを搭載したZ590マザーボードでテストを行った。

チャンネルではどのZ590マザーボードをテストに使用したかは公開されていないが、3枚のボードが表示されており、(MSI MPG Gaming Carbon、ASUS ROG Maximus VIII Hero、Gigabyte UD AC)となっている。

AMDのシステムでは、X570I AORUS PROマザーボードを使用した。また、システムにはGigabyte Radeon RX 6900 XT Gaming OCグラフィックスカードを搭載していた。

プレビューでは、Intel Core i9-11900K QS(Qualification Sample)とAMD Ryzen 7 5700G ESを比較している。

QSの方がESよりもリテール製品に近いかもしれないが、どちらも完成品ではないので、これらの結果は大目に見て扱うことが重要だ。

実際、IntelもAMDもこれらの製品の発売日を公式に確認していない。

また、技術的な考慮すべき点もある。AMD 5700G Cezanne CPU は、テストを通して比較的低い周波数を示しています。

また、内蔵グラフィックスがまだ動作していないことも言及されている。

一方、Intel CPUをテストしている間、多くのブルースクリーンやクラッシュが報告されており、特にオーバークロックの試みの間に報告されていた。

要するに、両方のCPUは最終製品には程遠いし、改善の余地がまだあります。

Intel Core i9-11900Kは、Cypress Coveアーキテクチャをベースにした8コア16スレッドCPU。

このテストで使用されたサンプルでは、ベースクロックが3.5GHz、ブーストアップで5.2GHzとなっている。すでに知っているように、CPUはThermal Velocity Boostで最大5.3GHzのクロックが必要だ。

最も重要な結果をチャートにまとめてみました。Core i9 CPUは、Cinebnech R15シングルコアを除くほぼすべてのテストにおいて、AMD Ryzen 5800Xと5700G CPU(いずれもZen3アーキテクチャベース)よりも速いようだ。

Intel Core i9-11900Kの対AMD Ryzen 7 5700GのPerforamnce

テストCore i9
-11900K
AMD Ryzen
7 5800X
AMD Ryzen
7 5700G
CPUZ
シングルコア
720657612
CPUZ
マルチコア
7,0366,3666,375
Cinebench R15
シングルコア
256257230
Cinebench R15
マルチコア
2,5262,3542,242
Cinebench R20
シングルコア
620609551
Cinebench R20
マルチコア
6,1405,6765,404
Cinebench R23
シングルコア
1,6611,5691,418
Cinebench R23
マルチコア
16,00114,63413,797

CPU-Z

CPU-Zでは、Core i9-11900Kはシングルコアテストで719.6点に達し、マルチコアでは7000点の壁を破ることができました。

これらの結果は、以前にテストされた初期のエンジニアリングサンプルよりも目に見えて優れている。

Intel Core i9-11900K CPU-Zのパフォーマンス ソース:二斤自制

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Cinebench

Intel Core i9-11900K Cinebench Source: 二斤自制

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

Games

現在の状態では、Core i9 CPUは、少なくともすべてのタイトルにおいて、ゲームでより良いパフォーマンスを提供しているわけではありません。

AMD Zen3は、リーカーが言及したPlayerUnknown's Battlegroundを除いて、ほとんどのゲームではまだ高速なようです。

Intel Core i9-11900K Gaming ソース: 二斤自制

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

ソース:

記事のソース:Videocardz.com - Intel Core i9-11900K tested against AMD Ryzen 7 5700G, both unreleased 8-core processors

 

 

 

解説:

未発売のCPUを比較評価

Core i9-11900KとRyzen 7 5700Gと言う2つの未発売CPUとRyzen 7 5800Xを比較したデータが流出しました。

大本のソースは中国のYoutubeチャンネル二斤自制です。

中華ソースは大嘘が混じっていることがあるのであまり油断が出来ませんが、今回のものは見る限り嘘ではないと思います。

現在は大消費地である中国に最新の情報が集まっていますが、かつては日本にもこういう時代がありました。

今は昔ですね。

さて、内容に関しては、今までのまとめのような感じです。

Rocket Lakeはシングルスレッド性能が非常に高いです。

しかし、実際のゲームではその性能が反映されているとはいいがたく、ほぼ5800Xとイーブンと言ってもよいでしょう。

一部のゲームで11900Kの方が優れているといった感じですね。

先日ツイートした11700K ESのレビューもそうですが、11700K ESの方が性能が勝っていますが、最高フレームレートでは勝っていても、平均フレームレートではComet Lakeの方が優れており、安定性においては長く続いたSky Lakeコアの方が勝っていることがわかる結果になっています。

この辺はRyzen 3000/5000シリーズと同じ傾向が出ているわけですが、実際のレビューでは各大手メディアでintel有利なバイアスをかけるのかどうか、皆さんよく見ておいてください。

出す結論を見れば、どのような方向性のバイアスがかかっているのか注意深く見ることによって、より正しい情報を得ることができます。

メディアリテラシーの一環として、大手のメディアが同じ傾向を持つAMD製品に対する結論とどのように違う結論を出すのか、意識してみてください。

 

最近Ryzen 7 5700Gのデスクトップ版APUテスト結果が盛んにリークされていますが、このままAPU無しの5700Xは出ないのかなあと思っています。

5700Gの方が明確に性能差やGPU内蔵されているという機能差があり、付加価値が高いため、AMDにとっては美味しい製品でしょう。

性能的にも5800Xより明確に下であり、差が付いています。

段々AMD製品がお買い得ではなくなっていくのはちょっと寂しいところです。

Intelには是非頑張って欲しいです。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.