GPU情報

Intelの巨大な「Ponte Vecchio」7nm GPUがEECファイリングで発見され、アルファ段階に入る

投稿日:

2021年に予定されているIntelの非常に野心的な旗艦GPU、Ponte Vecchioが復活しました-そして、リストが信頼できる場合、Intelはすでに5回バージョンを重ねています。

GPUのEECレジストリへの「有効」なファイリングは、Twitter(@Momomo_us)の通常の容疑者によって最近発見されました。

興味深いことに、Ponte VecchioはAICまたはアドインカードと呼ばれます。これは、テストボードではなく、標準のAIC(現在のGPUと考える)フォームファクターにあることを意味します。

 

Intelの大規模なPonte Vecchio 7nm GPUはすでにアルファ段階にあり、複数のモデルがEECページで発見されました

提出書類も非常に興味深い傾向を示しています。

それらは、Ponte Vecchioのプレアルファバージョンから始まり、GAP "V2"から "GAP" V5 "まで着実に増加します。それを実現してください。

ただし、Intelは着実に進歩しているようで、プレアルファプロトタイプからすでに4つのバージョン(プレアルファ、GAPV2、GAPV3、GAPV4、GAPV5)が確認されています。

できるだけ多くの命名法を推測しようとしましたが、残りは読者の意欲的な調査に任せます。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

たとえば、GAPV5はGraphics、Alpha、Ponte Vecchioバージョン5.0を表すと確信していますが、残りの部分は、読者の進取的な専門知識に任せます。(誰かが完全な命名法を解読できた場合は、コメント欄に残してください!)

先に進む前に、問題のファイリングのテキストを次に示します。

Intel Ponte Vecchio GPUファイリング1

"Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha),

GAPV3KI2TC; Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha),

GAPV4KI2TC; Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha), GAPV5KE2TC;"

 

Intel Ponte Vecchio GPUファイリング2

"Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha), GAPV2KE2TP;

Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha), GAPV4KI2TP;

Graphics card Ponte Vecchio RVP AIC (Pre-Alpha), GAPV5KE2TP;"

 

Intel Ponte Vecchio GPUファイリング3

Ponte Vecchio Si Upgrade Kit (Pre-Alpha), GAPV2KE2TP;

Ponte Vecchio Si Upgrade Kit (Alpha), GAPV3KE2TA;

Ponte Vecchio Si Upgrade Kit (Qual Internal), GAPV3KI2TQ;

Ponte Vecchio Si Upgrade Kit (Qual External), GAPV3KE2TQ;

Intelの7nm「Ponte Vecchio」GPUについてもう少し

IntelのチーフアーキテクトであるRaja Koduriは以前、彼らが構築していたXe GPUを「すべてのGPUの父」と呼んでいました。

Ponte Vecchioは、エクサスケールのスーパーコンピューターを構築することを目的としたエンタープライズクラスのGPUであり、現在のXe HPシリーズの後継製品であることを考えると、これが「すべての」GPUよりもさらに強力になることは明らかです。

最大6つのPonte Vecchio GPUが、2つのSapphire Rapids Xeonプロセッサと組み合わせて、Auroraと呼ばれる今後のエクサスケールスーパーコンピュータで利用されます。

GPUは、CXL(Compute Express Link)を使用してOneAPIソフトウェアスタックに接続されます。

リークはさらに、Ponte Vecchio GPUがCXLと共にFoverosパッケージング技術を利用するであろうと述べています。

Ponte Vecchioはゲーム用GPUではありませんが、超高キャッシュと高メモリ帯域幅を備えています。

IntelのPonte Vecchio GPUも、倍精度の高いFPスループットを備えています。

同社はまた、Xe GPUが動作するHPC / Exascale、DL / Training、Cloud GFX、Media Transcore Analytics、Workstation、Gaming、PC Mobile、Ultra Mobileなど、他のすべてのセグメントについても言及しました。

WhyCryは、Intelが2019年11月17日に予定されている7nmベースのXe GPU「Ponte Vecchio」の詳細を明らかにする予定であると述べています。

私は少し検索しました、そしてコードネームはいくつかのLinkedin求人リストを見つけました。

そしてそれは既知のコードネーム「Arctic Sound」と共に「Ponte Vecchio」という単語を含みます:

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

これは、Ponte VecchioがIntelがここしばらく取り組んできたものであることを示すだけでなく、P.Vがデータセンターで直接ターゲットにされたArctic Sound GPUファミリーの派生物であることも示しています。

VCZによる完全な開示を17日待つ必要がありますが、これはゲーマー向けではない最先端の製品になると考えられます。

Intelはまた、7nm Ponte Vecchio GPUが2021年第4四半期の発売に向けて順調に進んでいることも以前に確認しています。

ソース:wccftech - Intel’s Monstrous ‘Ponte Vecchio’ 7nm GPU Enters Alpha Stage, Spotted In EEC Filing

 

解説:

IntelのGPU、Ponte VecchioがEECのサイトに登録される

intelの単体GPUであるPonte VecchioがEECのサイトに登録されたようです。

不可解なことに登録名はAlpha版を想像させるような名称になっていることです。

まあ、普通Alpha版というと表には出ないテスト版のような扱いになると思いますが、Ponte Vecchioに使われているAlphaは世間一般の認識で使われているAlphaとは意味が違うのかもしれません。

今年の後半はBig NaviとAmpereが予定されており、すっかり影に隠れた形のIntel GPUですが、蓋を開けてみたらIntelのGPUが一番性能が良かったなどという可能性も残っているので、続報が出たら引き続き紹介したいと思います。

今のところ、ツイッターでの反応や注目度もイマイチですが、製品としては面白いと思います。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.