CPU情報

IntelはComet Lake-Hファミリー向けに6コアと8スレッドコアのi5-10500H CPUを準備中

投稿日:

 

AMDのRyzen 4000モバイルプロセッサは、発表以来、Intelを揺るがしました。Intelが引き続き重要だったノートブック市場を目指しているためです。

これは、Ryzen 4000の発表に対抗するため、Comet Lake H製品が当初の予想よりも早く発売される可能性があるという噂によって示されています。

そうは言っても、TUM_APISAK(NotebookCheck経由)は、Intelが6コアのCore i5チップのリリースを計画していると多くの人が信じる写真を見つけてツイートしました。

モビリティ分野でのRyzenの脅威に取り組むための8つのスレッドもあります。

 

IntelのCore i5-10500Hは、6つのコアと8つのスレッドを提供し、Lake-Hノートブックファミリーに登場すると伝えられています

このリストの主な驚くべき部分は、CPUに8つのスレッドがあると述べられていることです。これは誤ったリストである可能性があり、

しかし、このリストが正しければ、今後のi5-10500Hは世界初の6コア、8スレッドプロセッサになる可能性があります。

このプロセッサは、2.5 GHzの基本クロック速度を持っているように見え、3 GHzの半ばの範囲になるように潜在的にすべてのコアがブーストされています。

このリストが正しい場合、i5-10500Hは、6コア、12スレッドプロセッサであるi7-10750Hと同様のパフォーマンスを提供します。

これはIntelの第10世代の高速モデルかもしれませんが、このプロセッサーの直接の競争相手はRyzen 5 4600Hになり、6コアと12スレッドを提供します。

Ryzen 5 4600Hである直接のライバルは、より多くのスレッドを提供し、45ワットのTDPを持ち、35から54ワットの間で構成できます。

しかし、Intel i5-10500HのTDPはリリースされていません。

Ryzen 5 4600HはIPCの点ではそれほど遅れていません。持続的な全コアクロックが、それに対するComet Lake i5-10500Hのパフォーマンスを大きく決定します。

Intel i5-10500HプロセッサはRyzen 7 4800Hよりも安価ですが、Ryzen 7 4800HはIntel i5-10500Hよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮します。

 

Intel 10th Gen Comet Lake-H Mobility CPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP
Intel Core
I9-10980HK
8/163.1 GHz5.0 GHz16 MB45W
Intel Core
I9-10880H
8/162.3 GHz4.8 GHz16 MB45W
Intel Core
I7-10750H
6/122.6 GHz4.7 GHz12 MB45W
Intel Core
I5-10550H
6/82.5 GHz不明12 MB?45W
Intel Core
I5-10300H
4/82.5 GHz4.3 GHz8 MB45W

Ryzen 7 4800Hは、4.2 GHzの最大ブーストクロックを提供し、Intel i5-10500Hのリストよりも多くのスレッドを持っています。これは、Ryzen 7 4800Hプロセッサのコストがかなり高くなる可能性があることを意味しますが、はるかに高いパフォーマンスが期待されます

Intel i5-10500Hに関する詳細は現時点では非常に少ないですが、Intelの第10世代に関するその他の情報はここで見ることができます。

ソース:wccftech - Intel May be Prepping a 6 Core & 8 Thread Core i5-10500H CPU For Comet Lake-H Family

 

解説:

Renoirの脅威に対抗するため、6コア8スレッドのTiger Lakeを用意するとの話。

これが本当だとしたら、「何の意味があるのかなあ」と思います。

おそらくベンチマーク対策だと思うのですが、実際に早くなるのかと言われれば効果は微妙なのではないかと思います。

実際のところ、マルチスレッド化を普段使いで最も恩恵があるのはWindows Updateといわれています。

圧縮と解凍は最もマルチスレッド化の恩恵を受けやすい処理の一つですから、2コア2スレッドより、2コア4スレッドのほうが確実に早いということになります。

しかし、そうしたことを考えても6コア8スレッドは微妙かなと思います。

あとは実際に出た製品がどのくらいの性能を発揮するかですね。

こういうあまり意味のなさそうな強化をするのもAMDに確実に追い詰められている証拠でしょう。

OEMはIntelの最後の牙城ですから、ここが脅かされるのは非常にまずいのでしょう。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.