CPU情報 その他

Microsoftが次世代のSurfaceデバイスでAMDシリコンを使用すると報告

投稿日:

Microsoftは、最初のSurfaceデバイスが登場して以来、SurfaceのラインアップでIntelハードウェアのみを使用しています。

選択肢は明白でした。

Intelは、AMDが当時提供していたものよりもはるかに優れたエネルギー効率を提供しました。

ただし、AMDはRyzen 3000シリーズで十分な性能を保持しており、レポートを信じるなら、今後のSurfaceデバイスでハードウェア(Ryzen 3000HまたはU)の一部を使用するようにMicrosoftを揺さぶることができるようです。

マイクロソフトは、AMDハードウェアを採用したした15インチの製品でSurface Laptop 2を更新する必要があります。

これが発生するかどうかは不明であり、MicrosoftのSurface製品スタック全体(Surface Pro 6、Surface Book 2、Surface GoまたはSurface Studio 2の潜在的な更新を含む)で発生する可能性ははるかに低いです。

ただし、現在、AMDは、Microsoftの通常優れたデザインの製品で究極のWindowsエクスペリエンスであると言えるもので、Intelと並んで検討されています。

それは、それ自体が名声であり、レッドキャンプの地位にある力強いブランドを意味します。

※ red campは何か不明ですが、「トップの地位」くらいの意味だと思います。

ああ、マイクロソフトはついに、しばらくの間不満が聞こえてくるデュアルスクリーンデバイスを導入するかもしれません。

プロジェクト「Centaurus」はすでにIntel関係者の間でバラまかれているようです。そのため、10月2日にニューヨークで開催されるMicrosoft Surfaceイベントで日の目を見るかもしれません。

ソース:techpowerup - Microsoft to Reportedly Use AMD Silicon on Its Next Gen Surface Devices

解説:

私はSurface製品というのは薄型ノートPCだけだと思っていたのですが、どうも違うようですね。

近年のこういったデバイスの特徴はGoogleのPixelシリーズもそうですが、公式ともとれる製品を出して高いブランド力を保持するところだと思います。

そのSiurfaceがAMDの製品を採用するのではないかとということです。

採用される製品ラインは15インチノートのようですが、今までのintelとAMDの力関係を考えるとかなり驚くべきことだと思います。

以前の投稿で私は「優秀でない製品を優秀であることにしてしまったら淘汰される側に回るだけです」と言いましたが、事態は徐々にそういう方向に進んでいます。

おかしな嘘をついても騙せるの一部だけで、OEMやサーバーなどの法人需要ではそういったものは通じません。

にもかかわらず、自分の信じたい妄想だけをたれ流している人を見ると残念に思います。

一定数のシェアを得れば、ソフト・ハードの両方で積極的に対応するようになり、安定性がまし、評価が上がるというターンに入っていきます。

このままいけばRyzenもそのようなターンに入っていけるのではないかと思います。

ソフト側の対応が見込めれば、intelとの比較でもますます優位に立つことが出来ます。

そうして得た資金でソフトウェアのエコシステムに投資したり、今のIntelのようにラインナップを拡充させるのに再投資すれば今のIntelのような地位を築く一歩を刻むことも夢ではありません。

Intelのように人材を引っこ抜くのに使ってもよいでしょう。

もちろん一朝一夕では無理ですが、そこに踏み入るための第一歩を刻むことが出来たと言っても過言ではないでしょう。

この噂は衝撃を伴ってIntel関係者の間を駆け巡っているようです。

Ryzenシリーズの優秀性がスポットではなく、今後もコンスタンスにintelを凌駕する性能を持つCPUとして評価が定着するかどうか、今後の動きに注目です。

もう一度言いますが、嘘をついても、巨大な投資を伴うOEMやサーバーなどの法人需要の世界では通用しません。

投資金額が大きければ大きいほど、徹底的な調査が行われるからです。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.