GPU情報

AMD Radeon RX 5950、5900、5850および5800グラフィックスカードのリーク

投稿日:

AMDの次世代7nm NaviベースのRX 5700およびRX 5700 XTは、7月7日の1週間強で発売される予定です。

新製品はそれぞれ379ドルと449ドルで販売されるとされており、NVIDIAのRTX 2070とRTX 2060と競合すると予想されています。

AMDは他の7nmベースのNaviディスクリートグラフィックスカードを発表していません。

しかし、同社の最大のアドインボードパートナー(AIB)であるSapphireは、1ダース以上の新しい商標をECCに登録しました。

これらの商標は、これから起こることをかなり物語っています。

 

AMD Radeon RX 5950、5900、5850、5800グラフィックカード

新しく登録された商標には、Radeon RX 5950XT、RX 5950、RX 5900XT、RX 5900、RX 5850XT、RX 5850、RX 5800XT、RX 5700X、RX 5750、RX 5700XT、RX 5700、RX 5650XT、RX 5650、RXが含まれます。 5600XT、RX 5600、RX 5550XT、RX 5550、RX 5500XT、RX 5500、RX 590XT、およびRX 590があります。

 

現在、AMDは明らかにSapphireが登録したほど多くのグラフィックスカードをリリースすることに取り組んでいないまたはそれを意図していません。

これは、AIBが5000シリーズのすべての可能な名前の組み合わせを登録することによってそのトラックをカバーしているだけです。

しかし、これが示すことは、AMDが実際にRX 5700 XTとRX 5700以外のディスクリートグラフィックスカードで実際に動作しているということです。

私たちが知っていることは、同社がRX 5700シリーズに電力を供給しているNavi 10以外に、少なくとも2つの他のNavi GPUに取り組んでいるということです。

 

より小型とより大型のNavi GPUが動作中

他の2つのGPUは、ダイサイズと全体的なパフォーマンスの観点から、Navi 10の上と下に位置づけされます。

それで、あなたは確かにAMDがより速く、より高価なRX 5000シリーズのカードと、より主流でより手頃な価格のオプションの両方を発売すると期待することができます。

正確なスケジュールは不明ですが、これまでに聞いたことのすべてから私たちは来年までBig Naviを見ることはないでしょう。

7nm FinFETの歩留まりがより良好である場合、今日のプロセスは競争力のある価格の大型チップに対応するのに十分に成熟していません。

より小型のNaviチップに関しては、来年の初めに向けての毎年のNotebookの更新サイクルに間に合うように現れることを期待しています。

 

AMD Radeon RX 5700 '7nm Navi RDNA' GPU Lineup Specs:

Graphics CardRadeon RX 5700 XT 50th AnniversaryRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA第一世代)7nm Navi(RDNA第一世代)7nm Navi (RDNA第一世代)
Stream Processors2560 SPs2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64
ベースクロック1680 MHz1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1980 MHz1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1830 MHz1755 MHz1625 MHz
演算能力10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
VRAM容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅448 GB/s448 GB/s448 GB/s
消費電力(TBP)235W225W180W
価格$499 US$449 US$379 US
発売2019年7月7日2019年7月7日2019年7月7日

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5950, 5900, 5850 & 5800 Graphics Cards Leaked

解説:

過労死寸前です。

今日お仕事の皆さんは、これらの情報を胸に、期待を膨らませながら一日頑張ってください。

ECCの登録情報にこれから出るであろうNavi10より大きなサイズのダイが使われるであろう、RX5900シリーズ、RX5800シリーズの名前があったということです。

元記事にもありますが、これらの名前は全部出るのではなく、当該地域で名前を取られないように登録してあるものも含まれます。

ドメインとか商標登録を事前に済ませておくのと同じです。

よって、すべてが全て使われるのではないことに注意してください。

しかし、Naviの上位版が近日中(といっても数か月の範囲だと思います。)に発売されることはほぼ確実と言ってもよいでしょう。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.