GPU情報

AMD Radeon RX 5700 7nm Navi GPU最終仕様のリーク:2560コアに225Wおよび2304コアに180W、14 Gbps 8 GB GDDR6 VRAM、256 TMUの2モデル

投稿日:

※ E3 Next Horizonイベントで価格が発表されました。RX5700XTが449ドル、RX5700が379ドルです。

 

RDNAアーキテクチャを搭載した7nm Navi GPUをベースとした、AMDの次世代Radeon RX 5700グラフィックスカードラインナップの最終仕様が漏洩したようです。

この仕様は、AMDのE3 Next Horizonイベントまで公開されることを意図していなかった情報の全体を明らかにしたVideocardzから直接来たものです。

 

AMD Radeon RX 5700最終仕様リーク:2560コアと2304コア、225 W / 180 W TBP、14 Gbpsで8 GB GDDR 6 VRAM、256 TMUの2モデル

Radeon RX 5700 XTの仕様は昨日漏洩しましたが、Radeon RX 5700ファミリーには2つのモデルが含まれているようです。

最速モデルはRadeon RX 5700 XTですが、Radeon RX 5700もありますが、これは少し切り詰められたモデルですが、低価格で提供される予定です。

 

AMD Radeon RX 5700 XTファイナルスペック:

仕様から始めて、Radeon RX 5700 XTには合計40個の計算ユニットが付属しています。また、AMDはすでに計算ユニット設計に64個のストリームプロセッサが搭載されていることを確認しています。

チップ自体は1605 MHzのベースクロックで動作しますが、さらに2つのクロック速度、ブーストクロック、およびゲームクロックを含みます。

ブーストクロックの定格は1905 MHzで、ゲームクロックの定格は1755 MHzです。

これら2つの違いから私ができるのは、ブーストはリファレンスカードがヒットできる最高速度ですが、ゲーム中の平均クロック速度は「ゲームクロック」そのものであるということです。

GPUは、最大256個のTMUと64個のROPも備えています。

このブーストクロックにより、AMDはRadeon RX 5700 XTから最大9.75 TFLOPの単精度計算を期待しています。

このカードは、256ビット幅のバスインターフェース上で動作する8 GBのGDDR6メモリを搭載していることも確認されています。

AMDは最新の14 Gbpsメモリダイを使用する予定で、これは最大448 GB / sの帯域幅を提供するTuring TU104カードと同等のものです。

このカードには2つの8ピンコネクタも装備されており、先月Computexで確認された225Wの合計ボード電力またはTBPを備えています。

 

AMD Radeon RX 5700の最終仕様:

2枚目のカードに来ると、私たちはNavi Pro GPUをベースにしたRadeon RX 5700を手に入れました。

このカードには、2304個のストリームプロセッサ、256個のTMU、64個のROPがあります。 クロックは1465MHzベース、1725MHzブーストクロックおよび1625MHzゲームクロックに維持される。

このカードは8 + 6ピンコネクタ構成で、定格TBPは180Wです。

定格TBPが175WであるGeForce RTX 2070と比較すると、Radeon RX 5700がNVIDIAの499ドルのUSオプションまたはハイエンドのXTバリアントに対抗するものである場合は興味深いでしょう。

最新のリークされたベンチマークから、AMDはGeForce RTX 2070に対してXTの変種を採用していることがわかりました。

 

Radeon RX 5700「7nm Navi RDNA GPU」機能セット:

Radeonマルチメディアエンジン - シームレスストリーミング

 

  • 改善された符号化(新しいHDR / WCG符号化HEVC)
  • 8Kエンコード(HEVC&VP)
  • 40%のエンコーダスピードアップ

ナビのステータス


40のRDNA計算ユニット

  • 80スカラプロセッサ
  • 2560ストリームプロセッサ
  • 160 64 b双線形フィルターユニット

 

マルチレベルキャッシュ

  • 4MB L2、512Kb L1
  • 2×V $ L0の負荷帯域幅
  • どこでもDCC

合理化されたグラフィックエンジン

  • ジオメトリエンジン(4プリズムシェーダアウト、8プリムシェーダイン)
  • 64ピクセル単位
  • 4つの非同期計算エンジン
  • バランスの取れた仕事配分と再配分
  • 低電力で高周波用に設計されています

新しい計算ユニット設計

多様な作業負荷に対する優れた計算効率

  • 2倍の命令レート(2倍のスカラユニットと2倍のスケジューラで有効)
  • シングルサイクルの問題(SIMD32でWwave32を実行することで有効になります)
  • デュアルモード実行(Wave 32およびWave 64モードはワークロードに適応)
  • リソースプーリング(2つのCUがワークグループプロセッサとして調整)

レイトレーシングの見通し

シェーダからハードウェアアクセラレーションへの進化

  [...]

ハードウェア:リアルタイムゲーム用の稲妻効果の選択

NEXT GEN RDNA

NEXT GEN

NEXT

Videocardzによると、AMDは実際にはRay Tracing Visionと呼ばれる独自のハードウェアアクセラレーションによるレイトレーシング機能を導入するという。

しかし、それは来年7nm +ベースのNavi GPUと共に登場する次世代のRDNAアーキテクチャで取り上げられると言われているので、前の噂によると、2020 Naviは実際にNavi 7nmよりもGCNに対して大きな設計変更になるでしょう。

 

AMD Radeon RX 5700「7nm Navi RDNA」GPUラインナップ仕様:

グラフィックカードRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA 1st Gen)7nm Navi (RDNA 1st Gen)
ストリームプロセッサー2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs256 / 64256 / 64
ベースクロック1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1755 MHz1625 MHz
演算性能9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
メモリ容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit
メモリ帯域448 GB/s448 GB/s
TBP225W180W
価格(USドル)$449 US$379 US
発売2019/72019/7

NVIDIA GeForce RTX 2070よりも10%高速なRadeon RX 5000シリーズグラフィックスカードのデモをすでにいくつか紹介しました。また、少なくとも2種類の製品が発売されることもわかっています。180W TDP(225 W TBP) 150W TDP(180W TBP)SKUの価格は約399ドルです。

価格設定はまだ確定されていませんが、E3でのNext Horizon Eventでわずか2時間でより多くの詳細が予想されるので、それについての当社の取材範囲にご注目ください。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5700 7nm Navi GPUs Final Specs Leaked: Two Models With 2560 ‘225W’ & 2304 ‘180W’ Cores, 14 Gbps 8 GB GDDR6 VRAM, 256 TMUs

※ E3 Next Horizonイベントで価格が発表されました。RX5700XTが449ドル、RX5700が379ドルです。

解説:

Naviの最終仕様がリークしました。

Naviにはレイトレーシング再生支援機能がある?

この情報によると、Naviにはレイトレーシング再生支援機能があるという話ですが、それは次世代Naviになるのではないかといわれています。

GCNの設計を引きずっているFirst Navにはないのではないかといわれています。

 

性能

また、RX5700XTは9.75TFLOPS、RX5700が7.95TFLOPSとなります。

RTX2070が7.465 TFLOPS、GTX1080が8.8TFLOPSですので、それよりも10%前後性能が高いということになります。

ちょっとうさん臭いと思うのは、これがブーストクロックで測ったものか、ゲームクロックで測ったものかわからないというところです。

もしブーストクロックで計測して、長時間の使用に耐えないということであれば、長時間使用時の性能はもう少し落ちると思います。

こういううさん臭い性能の上げ方は出来ればやめてほしいところです。

 

結論

7nmになって従来のRadeonの欠点が解消されたのではないかと期待のかかっていたNaviですが、残念ですが、今世代のNaviではその欠点は改善されませんでした。

RTX2070、GTX1080をしのぐ性能ではありますが、従来通り、消費電力が尋常ではないレベルになってしまいました。

上位のNaviでTBP225W、下位モデルで180Wと、これまでの傾向が続きます。

ここで価格が安ければそれなりにヒットすると思いますが、価格もそれほど安くはなく、AMDファン以外は避けた方が良いGPUと言えるのではないかと思います。

AMDファンとしては残念の一言です。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.