その他

大手銀行が「間違った予想」をしたことを認めた後、AMDの株価は回復

投稿日:

アドバンストマイクロデバイスのシェアは、S&P 500の年初来のプラス60%近くの上昇を牽引しています。

最近、AMDはComputexの基調講演で、投資家を驚かせる次期製品を披露し、ほんの数日後にSamsungとの新しいグラフィック関連の提携を発表しました。

 

Morgan Stanley、AMDへの呼びかけを覆し、「ポジティブな短期誘因」を発表

AMDの最大の疑念の1つはMorgan Stanley(NYSE:MS 42.81 0.90%)であり、これはかなり以前からAMD株の投資基準より低い評価と意図的に低い価格目標を維持してきた。

本日、Morgan Stanleyのエクイティアナリストは、(一部)を読んだ投資家へのメモを付けて、同社がチップメーカーでそれを誤解したことをようやく認めた。

 

株価に慎重になることは明らかに間違った呼びかけでした。 過去12ヶ月間の当社の収益に対する懸念が浮上している間に…この表は2020年に設定されており、前向きな好調な誘因があります。

- モルガンスタンレー・アナリスト・ジョセフムーア

 

同銀行は、その価格目標を17ドルから28ドルに引き上げ、現在AMDを「同等のウエイト」と評価している。

Morgan Stanleyのような大手企業がいつでも価格目標と格付けを引き上げるため、投資家が注目を集めるようになり、驚いたことにAMDは本日8%近く急上昇して31.81ドルとなりました。

同社は現在、52週間ぶりの最高値の34.14ドルで約2ドルの売買を行っている。これは昨年9月にハイテク市場での売却が10月に始まる前に見られた。

アナリストは、最近の発表があっても誇大宣伝される可能性があることをクライアントに警告するようにしました。

ムーア氏は、「あまりにも短期的な楽観的な見方」が株価の周りに存在する可能性があり、収益に対する懸念は依然として有効であると述べています。

ムーアは有効な点を挙げています。

AMDは近い将来に計画されている確かな製品パイプラインを持っていますが、それは利益率に対して非常に高い価格で取引されています

(少なくともCPUの世界では、2020年以降にRadeonがどのようにスタッキングするかについてはまだ審査員の意見が出ていません)

- その株価が現実の世界の収益に関連して膨らんでいることを意味します。

AMDは、2020年までに1株あたり1ドルまでの収益を上げると予想されており、これにより、予想PERは約30:1になるでしょう。

比較のために、Intelの(NASDAQ:INTC 45.1 1.23%)PERは6:1前後を推移しています。

Intelは市場を飽和させていますが、AMDはすべて成長の可能性についてですので、これはいくらか予想されることです。

AMDは現在のところ最低限の利益しか得られていませんが、今ではデータセンターやラップトップセグメントなどのいくつかの主要分野で、市場シェアが大幅に伸びていると見ています。

どちらも第一世代のRyzenとEPYCの製品に浸透するのに苦労しました。

それはMorgan Stanleyのアナリストの総説です。

AMDはすぐに素晴らしい出来事を起こしていますが、現在の評価を証明するために実際の収益を実行し予約する必要があります。

Morgan Stanleyは、クラウドゲームがAMDの優れた成長の原動力に成長しつつあると語り続け、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く半導体企業がMicrosoft(NASDAQ:MSFT 127.82,1.58%)との間で新しいゲームパートナーシップを発表する可能性もあると述べています

  一部のビデオゲーム業界の専門家たちは、PlayStation 5と次世代のXboxがオフラインで発売される最後のゲーム機になると主張しているので、これはAMDの評価の上限の大きな翼となるかもしれない。

もしAMDがMicrosoftのクラウドビジネスに勝ったら、Sonyが急落するということだろうから当然の選択だろう。

ソース:wccftech - AMD Stock Bounces After Major Bank Admits It Made The “Wrong Call”

 

AMD logo

解説:

AMDに低い評価をつけていたMorgan Stanrayのアナリストジョセフ・ムーア氏が評価を変更したという話題です。

このムーア氏は「ムーアの法則」のムーアさんとは全く関係ありません。

私はマーケットの世界からの評価も記事にしていますが、業界とは何のしがらみもない単なる投資対象として機械的に分析する人たちの意見というのは感情論が入っておらず、ある意味非常に客観的です。

その客観的に評価する人たちからもRyzen3000シリーズは高い評価を受けたということです。

世の中で一番尊いことは食わせていくことと言いましたが、私も情報発信者の端くれですので、できるだけ正しく評価が下せるようにしたいと思っています。

その一環として一般的にはあまりなじみのない市場の評価も入れています。

これは過去に何度も触れてきた通りです。

ただ、所詮は株式アナリストかと思うところは、クラウドゲームというのはSTADIAのことだと思うのですが、STADIAもXboxもPS5もCPU、GPU共ににAMDなのでどっちが勝ってもAMDの利益になるというところです。

まあ、利益率の高いデータセンター向けのEPYCが浸透するのは業績を評価するうえで大きな要因だというのはわかりますが、この評価はちょっといかがなものかと思います。

所詮は門外漢の評価なので、的外れなところもありますが、それでも金にかかわることで、間違ったら一斉に批判を浴びるため、市場の期待値と違うことは言えないという立場の人たちがどんな意見を言っているのか知るのは大いに役に立つと思います。

ある意味、業界の意見というのはしがらみに縛られて信用できないところがありますからね。

一つAMDの欠点を指摘しておくと、やはり安定感に欠けるところです。

Zenの次のアーキテクチャーはどうなるのか?ここは重要なポイントだと思います。

サーバーや組み込みというのは個人向けよりはライフサイクルが長いですので、高い評価を得るには長い目で見て製品が優秀で安定していることが必要です。

AMDはOpteronでサーバーに食い込みましたが、FXシリーズで駆逐されてしまいました。

EPYCでまた挽回していますが、一度駆逐された市場にまた一から参入しなおすにはかなりの労力がかかります。

この状態を維持するにはZen系列の次のアーキテクチャーも優秀である必要があるわけですが、intelが人材を引き抜いていったこともあり、なかなか難しいのではないかと思います。

サーバー屋の評価としては「またすぐにダメになるんじゃないの?」ってところだと思います。

組み込みに関しては過去の経緯もあって総スカンされてると思いますのでここではあえて触れません。

知ってる人は知ってると思いますが(笑。

逆にここを解決出来たらAMDは新しいステージに入ったと判断しても差し支えないのではないでしょうか。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.