CPU情報

AMD Ryzen 7000「Zen 4」のラインナップは、Ryzen 9 7950X、Ryzen 9 7900X、Ryzen 7 7800X、Ryzen 5 7600Xと噂され、フラッグシップは900USドルにもなる可能性がある。

投稿日:

AMDのRyzen 7000デスクトップCPUは、Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7800X & Ryzen 5 7600Xの4つのフレーバーで9月に発売されるようです。

新情報は、Twitterのリーカー、Greymon55氏によるものです。

AMD Ryzen 7000 ローンチラインナップは、16コア Ryzen 9 7950X, 12コア Ryzen 9 7900X, 8コア Ryzen 7 7800X & 6コア Ryzen 5 7600X デスクトップCPUと噂される。

先日、AMD Ryzen 7000デスクトップCPUのラインナップが9月15日にリテール販売されることが明らかになりました。

Greymon55によれば、発売されるラインナップは、Ryzen 9 7950X、Ryzen 9 7900X、Ryzen 7 7800X、Ryzen 5 7600Xの4つのSKUになる見込みだそうです。

これらのCPUは、先代のRyzen 5000と同様のコア構成でありながら、より新しいZen 4コアアーキテクチャと、AM5(LGA 1718)ソケットにのみ対応した最新のパッケージデザインを採用しているのが特徴である。では、CPUのSKUについて説明しよう。

AMD Ryzen 9 7950X デスクトップCPU。16コア&32スレッド

AMD Ryzen 9 7950Xは、最大16 Zen 4コア&32スレッドを提供するフラッグシップモデルです。

AMDは、Ryzen 9に2つのZen 4 CCDを搭載して8コア以上を搭載し、クロックスピードは非常に高くなると予想され、すでにComputex「Gaming」デモンストレーションでは、16コアのプロトタイプチップが複数のスレッドで5.5 GHzを超える性能を示したことが紹介されました。

AMD Ryzen 9 7000の上位SKUは、TDPが最大170Wと230WのPPTになると予想されています。

Greymon55氏はまた、AMD Ryzen 9 7950XのトップCPUの価格が5999人民元程度になる可能性があると短くツイートしています。

これは約900ドルで、799ドルの希望小売価格で発売されたRyzen 9 5950Xよりも100ドルのプレミアムがついています。

これはかなり高い価格であり、このような高価格の背後にある唯一の可能な説明は、5nmプロセスのコストが高いということでしょう。

さらに、発売の数週間前でも変更される可能性があり、まだ数カ月先の話なので、価格について話すには少し早すぎるようです。

AMD Ryzen 9 7900X デスクトップCPU。12コア24スレッド

AMD Ryzen 9 7900Xは、12コアと24スレッドとなるだろう。

このCPUは、IntelのトップCore i7 SKUをターゲットにしているようで、16コア24スレッド、現在の最速Alder Lake CPUであるCore i9-12900Kと同じ構成になる可能性があります。

クロックについては、彼らはわずかに低いブースト周波数を運ぶ必要がありますが、我々はまだこのチップはまた、170W TDPまたはより穏やかな125W TDP設計を特色にするかどうかを確認することはできません。

価格面では、このSKUは550~600ドル程度になる可能性があります。

AMD Ryzen 7 7800X デスクトップCPU。8コア、最大5.2GHz

AMD Ryzen 7 7800Xは、8コア、16スレッドの設計を維持し、Ryzen 7 5800X3Dを置き換えることを考えると、非常に高いクロックが期待されます。

価格は450ドルから500ドル程度になるはずです。Zen 4の8コアとZen 3のV-Cache 8コア(ryzen 7 5800X)を比較するのも面白いかもしれません。

AMD Ryzen 7 7700Xも言及されていますが、最初のラインナップには含まれず、数ヶ月後に発売される可能性があります。

デスクトップCPU「AMD Ryzen 5 7600X」。6コアで最大5.1GHzを実現

最後に、6コアで12スレッドのZen 4を搭載する「Ryzen 7 7600X」があります。

このチップは、AMDがよりローエンドなSKUの開発を進めなければ、発売時に最もエントリーなSKUとなる予定です。

価格は300~350USドル程度になるはずだ。

AMD Ryzen 5 CPUセグメントは、IntelがAlder Lakeを発売し、そのCore i5 SKUがメインストリーム市場のシェアを握り始める前は、好調だった。Alder Lakeだけでなく、Raptor Lakeのメインストリームパーツに対しても、AMDがメインストリームセグメントで主導権を取り戻せるかどうか、興味深いところだ。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの噂のスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
クロック
(シングル
コア・最大)
TDP価格
AMD Ryzen 9 7950XZen 45nm16/325.4 GHz105-170W~$900 US
AMD Ryzen 9 7900XZen 45nm12/245.3 GHz105-170W~$600 US
AMD Ryzen 7 7800XZen 45nm8/165.2 GHz105W~$450 US
AMD Ryzen 5 7600XZen 45nm6/125.1 GHz65W~$300 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 ‘Zen 4’ Lineup Rumored To Include Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7800X & Ryzen 5 7600X, Flagship May Cost As Much As $900 US

 

 

 

解説:

え!?、Ryzen 9 7950XはRyzen 9 5950Xの$100高?

高いなあと言うのが感想です。

しかし、今の激しくIntelと争っている状態で$100高と言うのは元記事にある通り、恐らく原価が高くなるのでしょう。

原価の他にも問題があります。

それは円安です。

下の表は2019年からの為替レートの月ごとの平均値です。

2022年に入ってから随分とドル円が円安に傾いているのがわかります。

2019/12020/12021/12022/12022/5
108.9109.3103.7114.9128.9

為替レートと言うのは円安の方が良い、円高の方が良いというものではありませんが、さすがにここまで円安になるとあらゆるものが値上がりし、かなり苦しくなってきます。

特にPCパーツはほぼすべてが輸入品ですから、高くなるのは必然です。

元々の価格が高いのと円安分の値上がり、ダブルショックになるということです。

Ryzen 9 5950Xは税抜き96,800円でドルでは$799だったので為替レートに直すと121円で、当時の為替レートは約103円だったことを考えるとかなりのプレミアが付いていることがわかります。

このサーチャージが変わらなかったとして、現在の為替レートは135円ですから、5950Xと同様の18円のプレミアを加えると1ドル153円で、こちらを899ドルで計算すると137,547円と4万円以上の値上と言うことになります。

これだとかなり躊躇してしまう価格になるのではないかと思います。

しかも、税抜きで計算していますので、さらにここから消費税10%が加わるということになります。

というわけで、価格がどうなるのかはまだ分かっていませんが、今から覚悟だけはしておいた方がよさそうです。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.