GPU情報

Sapphire Radeon 6700グラフィックスカード(RX、XTなし)が目撃される

投稿日:

 

サファイア Radeon 6700 Pulse

SapphireがRadeon 6700を発表してからわずか1週間で、この新しいグラフィックカードはすでに小売店を通じて販売されています。

MegaSizeGPUがSapphire Radeon 6700 Pulseの実写を掲載した。これはRXやXTの名称がないNavi-22ベースの新モデルで、技術的にはRDNA2デスクトップシリーズでは初となる。

このグラフィックスカードはAMDの公式発表がなく、今のところSapphireからしか発売されていない。

RXのブランド名がないことから、そのように宣伝されてはいるが、典型的なゲーミングカードではないことを示唆しているのかもしれない。

Sapphire Radeon 6700 PULSE、ソース:MegaSizeGPU

このグラフィックカードは、すでにGPU-Zソフトウェアでサポートされており、おそらく新しいドライバでもサポートされています。

22.3.1ドライバと互換性があるようだ。GPU-Zでは、2304 Stream Processors、144 Texture Units、64 ROPsを搭載していることが確認されている。

さらに、160bitのメモリバスで動作する10GB GDDR6という珍しいメモリ構成であることも確認できた。

なお、カードのGPUブーストクロックは2450MHzで、Sapphireが公式に記載している2495MHzよりも低いとされる。

Sapphire Radeon 6700 PULSE, ソース MegaSizeGPU

 

興味深いことに、Sapphire Radeon 6700は、同じ会社から販売されているBC-2235マイニングカードとほぼ同じスペックを持っています。

RXの名称がなく、AMD BlockChainシリーズと同様のスペックであることから、Sapphireは、最近の暗号通貨暴落の後、意外にも買い手がつかなかったマイニングカードを販売しているだけなのかもしれません。

AMD Radeon RX 6000 シリーズ

GPUストリーム
プロセッサー
メモリ容量
・種類
メモリ速度TBP小売価格
RX 6950 XT7nm
Navi 21 KXTX
5,120 16GB G6 256b 18 Gbps 335W 1099 USD
RX 6900 XT LC7nm
Navi 21 XTXH
5,120 16GB G6 256b 18 Gbps 330WOEM
RX 6900 XT7nm
Navi 21 XTX
5,120 16GB G6 256b 16 Gbps 300W 999 USD
RX 6800 XT7nm
Navi 21 XT
4,608 16GB G6 256b 16 Gbps 300W 649 USD
RX 68007nm
Navi 21 XL
3,840 16GB G6 256b 16 Gbps 250W 579 USD
RX 6750 XT7nm
Navi 22 XT
2,560 12GB G6 192b 18 Gbps 250W 549 USD
RX 6700 XT7nm
Navi 22 XT
2,560 12GB G6 192b 16 Gbps 230W 479 USD
67007nm
Navi 22 XL
2,304 10GB G6 160b 16 Gbps 220W不明
RX 6650 XT7nm
Navi 23 XT
2,048 8GB G6 128b 17.5 Gbps 180W 399 USD
RX 6600 XT7nm
Navi 23 XT
2,048 8GB G6 128b 16 Gbps 160W 379 USD
RX 66007nm
Navi 23 XL
1,792 8GB G6 128b 14 Gbps 132W 329 USD
RX 6500 XT6nm
Navi 24 XT
1,024 4GB G6 64b 18 Gbps 107W 199 USD
RX 64006nm
Navi 24 XL
768 4GB G6 64b 16 Gbps 53W 159 USD

ソース:Videocardz.com - Sapphire Radeon 6700 graphics card (without RX or XT) has been spotted in the wild

 

 

 

解説:

以前にもお伝えしたRadeon 6700の記事です。

以前はRadeon RX6700無印としてお伝えしましたが、どうも違うようで、Radeon 6700が正しいようです。

原文ではそうなっていたのですが、RX6700無印が正しいと思ってわざわざ訂正したのですが、どうもコイツはRX6000シリーズではないようです。

ではコイツの正体は何かと言うとマイニング用GPU BC-2235の余りものらしいです。

うーん・・・。

正直、マイニングで売れなくなった残り物をいまさらゲーマーに在庫処分で売りつけてくるのはやめてほしいと思います。

「仕方ないからお前らにも売ってやるぜオラ、ありがたく思え」ってことなんですかねえ。

確かに世の中金を出す方が強いのは理解できますが、露骨過ぎて気分悪くなりますね。

当サイトを見ている方はさすがに次世代GPUの発売が迫っていることをわかっていると思うのでこうしたものに引っかかる方は少ないと思いますが・・・。

次世代製品はマイナーが発売日前に高値でかっさらっていくという海賊のような行為はしない(できない)と思いますので、かなり入手しやすくなると思います。

あと半年もすれば次世代のGPUが発売されるこの時期に残っているGPUなんて売りつけられても腹が立つだけで何にもならないというのが感想です。

GPUは金融商品らしいので、金融関連で処分してほしいですね(苦笑。

結局、発売されると言われていたRadeon RX6700無印が発売されなかったのはマイニング用として流されていたからと言うのが正解だったということのようです。

腹立つなあ。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.