GPU情報

Sapphire Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XT カスタムグラフィックスカードのリークと販売店によるネット販売価格が発見される

投稿日:

 

Sapphireの次期Radeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTのカスタムモデルがヨーロッパの小売業者によってネット販売価格が発見されました。

SapphireがカスタムRadeon RX 6950 XT、RX 6750 XT、RX 6650 XTグラフィックカードを準備、フランスの小売業者によるネット販売価格が発見されました。

Momomo_USによって発見されたこのリストには、3つのRadeon RX 6950 XT、2つのRadeon RX 6750 XT、2つのRadeon RX 6650 XTカスタムグラフィックスカードが含まれています。

フラッグシップモデルのRadeon RX 6950 XTにはエンスージアスト向けのTOXICとNitro+が、RX 6750 XTとRX 6650 XTにはNitro+とPULSEのバリエーションが用意されます。

これらのカードの価格は、RX 6950 XTがRX 6900 XTの2倍であることからも明らかなように、予備的なものです。他のカスタムモデルも同様だ。

以下は、SapphireのカスタムRDNA 2 refreshのラインアップである:

  • Radeon RX 6950 XT TOXIC LE Gaming OC 16 GB (11317-01-20G) - 3084€
  • Radeon RX 6950 XT Nitro+ Pure Gaming OC 16 GB (11317-04-20G) - 2999€
  • Radeon RX 6950 XT Nitro+ Gaming OC 16 GB (11317-02-20G) - 2914€
  • Radeon RX 6750 XT Nitro+ Gaming OC 12 GB (11318-01-20G) - 1396€
  • Radeon RX 6750 XT PULSE Gaming OC 12 GB (11318-03-20G) - 1311€
  • Radeon RX 6650 XT Nitro+ Gaming OC 8 GB (11319-01-20G) - 843€
  • Radeon RX 6650 XT PULSE Gaming OC 8 GB (11319-03-20G) - 822€

Sapphire RX 6X50 XT 'RDNA 2' Refresh グラフィックスカード一覧(ソース:Momomo_US)

※ 画像をクリックすると別window・タブで拡大します。

 

AMD Radeon RX 6950 XT - Navi 21 XTXH搭載のフラッグシップモデル

AMD Radeon RX 6950 XTは、80のCompute Unitsまたは5120 SPを備えたフルイネーブルのダイ構成でNavi 21 XTXH GPUを搭載しています。

また、256ビットバスインターフェースで16GBのGDDR6メモリを搭載しています。

また、グラフィックスカードには、レイトレーシングを可能にする80個のRayアクセラレータが搭載されています(Compute Unitあたり1個のRA)。

グラフィックスカードのTBPは約300~350Wとなる。

Radeon RX 6900 XTグラフィックスカードは、標準のメモリに加えて、GPUダイに128MBのInfinity Cacheを搭載しているのが特徴です。

このキャッシュは、1080p HDを超える解像度において、より高いパフォーマンスを発揮するための帯域幅を高めるのに役立ちます。

128 MB Infinity Cacheは、標準的な512 GB/sの帯域幅を3.25倍に高め、すべてのBig Navi GPUベースのカードで最大1.664 TB/sの実効帯域幅を提供します。

さて、クロックについては、様々な報告があります。

新ラインナップは18GbpsのGDDR6メモリダイを搭載し、576GB/sの実効帯域幅を実現することがわかっているが、まだ確認できないのはコアクロックだ。

Radeon RX 6950 XTのブーストクロックは2.5GHz以上と、標準のRX 6900 XTに対して大きく跳ね上がるとの情報もあるが、これがリファレンスモデル固有のものか、カスタムモデルなのかは不明である。

グラフィックスカードのデザインについては、6800 XT Limited Editionと同じ「Midnight Black」カラーで出荷され、2.5スロットクーラー、巨大なトリプルファン冷却ヒートシンク、2つの8ピンコネクタによる電源供給が行われる予定です。

AMD Radeon RX 6750 XT - 最速のNavi22メインストリーム

AMD Radeon RX 6750 XTは、Navi 22 XT GPUを搭載し、2560個のストリーム・プロセッサに相当する40個のコンピュート・ユニットを備えているのが特徴です。

また、RDNA 2ベースのGPUでレイトレーシング機能を実現するために、40個のレイ・アクセラレータを搭載しています。

このグラフィックスカードは、12GB GDDR6メモリバッファと192ビットバスインターフェイスを搭載しています。

AMDは18Gbpsのダイを使用し、カードの総帯域幅を432GB/sにする予定です。さらに、96MBのInfinity Cacheを搭載しています。

GPUはGen4.0に完全に準拠している。TBPについては、230~250Wの設計が採用される見込みだ。

これは、より高クロックのメモリダイを使用することで、消費電力が増加するためだ。GPUクロックについては、RX 6750 XTが上記のRX 6950 XTと同じ「ブースト」処理を受けるかどうかは確認できない。

このグラフィックスカードは、デュアルスロットデザインの全く新しいトリプルファン「ミッドナイトブラック」リファレンスデザインを採用し、電源は8+6ピンコネクタ構成で供給されます。

AMD Radeon RX 6650 XT - Navi 23搭載のバジェットディライト

最後に、AMD Radeon RX 6600 XTグラフィックスカードは、237mm2のダイに110億6000万個のトランジスタを搭載したNavi 23 XT GPUを搭載しています。

Navi 23 GPUは、合計2048個のストリームプロセッサを持つ32個のコンピュートユニットを搭載しています。

また、32MBのInfinity Cacheと8GBのGDDR6メモリを搭載し、128ビット幅のバスインターフェイスで18Gbpsのピンスピードで動作し、合計288GB/sの帯域幅を実現します。

Radeon RX 6600 XTと同様、8ピンコネクタ1基で動作し、TBPは160~180W程度と予想される。

なお、GPUのブーストクロックは、従来の6600 XTと同じなのか、それともブーストされているのかは確認できていない。

このグラフィックスカードは、デュアルスロットデザインの新しいデュアルファン「Midnight black」リファレンスデザインを採用し、シングル8ピンコネクタ構成で電源が供給されます。

AMD Radeon RX 6000「RDNA 2」デスクトップ・グラフィックス・カード・ラインナップ:

グラフィック
カード名
GPU コード
ネーム
製造
プロセス
演算ユニット
数/コア数
メモリ容量
/ バス幅
メモリ
クロック
TGP希望小売価格発売日
Radeon RX
6950 XT
Navi 21 XTXH?7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps300W?$999 US+?2022年5月
Radeon RX
6900 XT LC
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
18 Gbps330W$1199 US2021年7月
Radeon RX
6900 XTX
Navi 21 XTXH7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6900 XT
Navi 21 XTX7nm80 / 512016 GB /
256-bit
16 Gbps300W$999 US2020年10月
Radeon RX
6800 XT
Navi 21 XT7nm72 / 460816 GB /
256-bit
16 Gbps300W$649 US2020年10月
Radeon RX
6800
Navi 21 XL7nm60 / 384016 GB /
256-bit
16 Gbps250W$579 US2020年10月
Radeon RX
6750 XT
Navi 22 XT?7nm40 / 256012 GB /
192-bit
18 Gbps230W?$479-$499?2022年5月
Radeon RX
6700 XT
Navi 22 XT7nm40 / 256012 GB /
192-bit
16 Gbps230W$479 US2021年3月
Radeon RX
6650 XT
Navi 23 XT?7nm32 / 20488 GB /
128-bit
18 Gbps160W?$379-$399?2022年5月
Radeon RX
6600 XT
Navi 23 XT7nm32 / 20488 GB /
128-bit
16 Gbps160W$379 US2021年7月
Radeon RX
6600
Navi 23 XL7nm28 / 17928 GB /
128-bit
14 Gbps132W$329 US2021年10月
Radeon RX
6500 XT
Navi 24 XT6nm16 / 10244 GB /
64-bit
16 Gbps107W$199 US2022年1月
Radeon RX
6500
Navi 24 XL6nm12 / 768?4 GB /
64-bit
16 Gbps?不明$149 US?2022年4月
Radeon RX
6400
Navi 24 XL6nm12 / 7684 GB /
64-bit
16 Gbps53W$139 US?2022年1月

ソース:wccftech - Sapphire Radeon RX 6950 XT, RX 6750 XT, RX 6650 XT Custom Graphics Cards Leaked & Listed Online By Retailers

 

 

 

解説:

SapphireのRX6X50XTシリーズが欧州のネット小売り店にリストアップされる

価格上の記事にあますが、本日の為替レートで日本円に直したものを以下に書いておきます。

  • Radeon RX 6950 XT TOXIC LE Gaming OC 16 GB (11317-01-20G) - 3084€→419,424円
  • Radeon RX 6950 XT Nitro+ Pure Gaming OC 16 GB (11317-04-20G) - 2999€→407,864円
  • Radeon RX 6950 XT Nitro+ Gaming OC 16 GB (11317-02-20G) - 2914€→396,304円
  • Radeon RX 6750 XT Nitro+ Gaming OC 12 GB (11318-01-20G) - 1396€→189,856円
  • Radeon RX 6750 XT PULSE Gaming OC 12 GB (11318-03-20G) - 1311€→178,296円
  • Radeon RX 6650 XT Nitro+ Gaming OC 8 GB (11319-01-20G) - 843€→114,648円
  • Radeon RX 6650 XT PULSE Gaming OC 8 GB (11319-03-20G) - 822€→111,792円

PC21.frと言うサイトなのでフランスの業者だと思いますが、フランスの物品税は19.6%で、税込なのか税抜なのかちょっとわかりませんが全体的に高いなあと言う印象です。

ちなみにSapphireはサファイアと読み、シャピーンとは読みません。

「さふぁいあ」と打ってそのまま変換するとIMEだと候補に挙がってきますので、サファイアと覚えるのが無難です。

豆です。

 

早くもRDNA2 Refleshが小売店にリストアップされました。

欧州の価格は日本円との為替レートで変換するとかなり高めになるのであまり参考にならないかもしれませんが、現行のRDNA2旧モデルよりは高くなるのは確実ですね。

性能的にはほとんど変わらないと思いますので、OCerなど限界に挑戦している人でなければあまり買う意味はないかもしれません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.