GPU情報

Intel ARC Alchemist ハイエンド&エントリークラスのグラフィックスカードが登場、Xe-HPG GPU搭載のゲーマー向けデザインも

投稿日:

IntelのARC Alchemistグラフィックスカードの写真が、Moore's Law is Deadによってリークされました。

特にハイエンドのグラフィックスカードは、最終形態に近いPCBの姿も見えており、最も興味深いものとなっています。

Intel ARC Alchemistグラフィックスカードの写真、ハイエンドとエントリーレベルのXe-HPG GPUデザインを含む

MLIDは、ハイエンドグラフィックスカード「ARC Alchemist」がまだ初期のエンジニアリング段階にあったときに、最初のPCBショットを公開していた。

また、今月初めには新しいレンダリング画像を公開し、ARC Alchemistのハイエンドシュラウドのデザインを詳細に紹介しました。

今回、MLIDは、最大32個のXeコアを搭載したIntel ARC Alchemistハイエンドグラフィックスカードのハイエンドおよび最終的なデザインと、最大8個のXeコアを搭載したエントリーレベルの製品のレンダリング画像の両方をリークしました。

Intel ARC AlchemistハイエンドグラフィックスカードのPCB写真(ソース: MLID)

まずデザインですが、ハイエンドグラフィックスカードは、レンダリングで見たものと同様のデザインを採用していますが、反射性の高いシルバーカラーと、インテルのロゴが入った2つの9ブレードファンにより、より洗練された印象を受けます。PCBも前回の試作段階から大幅に変更されています。

最終的なデザインに近いため、PCBの色は黒にアップグレードされ、サイズ自体も短くなっています。

電源コネクタは背面ではなく側面に配置され、ハイエンドモデルでは8+6ピン構成を採用し、最大消費電力は300Wとなっています。

2つ目のファンは、PCBを超えて延びているため、ほとんどがアルミニウム製ヒートシンクを通して空気を吹き出します。

また、カードにはバックプレートがあるはずですが、今回の写真には写っていません。

Intel ARC Alchemistエントリーレベルグラフィックスカードの写真(ソース: MLID)

エントリークラスのIntel ARC Alchemistグラフィックスカードは、Xe-LP SDVを思わせる。

レンダリングされたデザインは、MLIDが今は見せられない実物をベースにしているという。

このカードは、デュアルスロットのフォームファクターを持つコンパクトなデザインが特徴で、起動時には6ピンのシングルコネクタを採用する可能性があります。

このカードは4つのディスプレイ出力(3つのDP+1つのHDMI)を備えています。また、MLID社は、AIBが高価なGeForce GTX 16シリーズなどに対抗するローエンドのグラフィックスカードソリューションを切望しており、供給問題により価格がさらに悪化していると述べています。

エントリーレベルのARC Alchemistグラフィックスカードがあれば、ローエンドのデスクトップGPUセグメントを破壊する可能性を秘めているかもしれません。

Intel Xe-HPG 512 EU ARC Alchemistグラフィックスカード

Alchemist 512 EUは、4096個のコア、256ビットのバスインターフェース、最大16GBのGDDR6メモリを搭載し、16Gbpsのクロックで動作するフルダイを採用しています。

Alchemist 512 EUチップのサイズは約396mm2で、AMD RDNA 2やNVIDIA Ampereのチップよりも大きいと予想されます。

Alchemist -512 GPUは、37.5mm x 43mmのBGA-2660パッケージで提供されます。

NVIDIAのAmpere GA104のサイズは392mm2であり、フラッグシップのAlchemistチップが同等のサイズであるのに対し、Navi 22 GPUのサイズは336mm2と約60mm2少ないことになります。これはチップの最終的なダイサイズではありませんが、非常に近い値になるはずです。

NVIDIAは、テンソルコアとより大きなRT/FP32コアをチップに搭載し、AMD RDNA 2チップは、CUあたり1つのレイアクセラレータユニットとInfinity Cacheを搭載しています。

また、IntelはAlchemist GPUにレイトレーシングとAI支援のスーパーサンプリング技術のための専用ハードウェアを搭載します。

Xe-HPG Alchemist 512 EUチップのクロックは約2.2~2.5GHzとされていますが、これが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかはわかりません。

仮に最大クロックであると仮定した場合、このカードは最大18.5TFLOPsのFP32演算能力を発揮し、これはRX 6700 XTよりも40%多いが、NVIDIA RTX 3070よりも9%低い値となる。

また、インテルの当初のTDP目標は225~250Wでしたが、現在は275W程度に引き上げられていると記載されています。

もしインテルがさらにクロックを上げたいのであれば、デュアル8ピンコネクターを備えた300Wのバリエーションも期待できます。

いずれにしても、最終モデルは8+6ピンのコネクター構成になると予想されます。

また、リファレンスモデルは、インテルがARCブランドの発表時に公開したドローンによるマーケティングショットによく似たものになるでしょう。

このリファレンスデザインは、しばらく前にMLIDによってリークされました。また、インテルのAIBパートナーによるカスタムラインナップの話も出ています。

Intel ARC Alchemist 対 NVIDIA GA104 & AMD Navi 22 GPU

GPU名Alchemist DG-512NVIDIA GA104AMD Navi 22
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nm
フラッグシップ製品ARC (未確認)GeForce RTX 3070 TiRadeon RX 6700 XT
ラスターエンジン数862
FP32コア数32 Xe Cores48 SM Units40 Compute Units
FP32ユニット数409661442560
FP32演算性能~16 TFLOPs21.7 TFLOPs12.4 TFLOPs
TMU数256192160
ROP数1289664
RTコア数32 RT Units48 RT Cores (V2)40 RA Units
Tensorコア数512 XMX Cores192 Tensor Cores (V3)N/A
Tensor 演算性能~131 TFLOPs FP16
~262 TOPs INT8
87 TFLOPs FP16
174 TOPs INT8
25 TFLOPs FP16
50 TOPs INT8
L2キャッシュ未確認4 MB3 MB
追加キャッシュ16 MB
スマートキャッシュ?
N/A96 MB
インフィニティ・キャッシュ
メモリバス幅256-bit256-bit192-bit
メモリ容量・種類16 GB GDDR68 GB GDDR6X16 GB GDDR6
発売2022Q12021Q22021Q1

インテルXe-HPG 128 EU ARC Alchemistグラフィックスカード

そして最後に、Intel Xe-HPG Alchemist 128 EUのパーツをご紹介します。

最上位モデルは、1024コア、64ビットバスインターフェース、最大8GB GDDR6メモリを搭載したフルファット仕様です。縮小版では、96個または768個のコアと、64ビットバスインターフェースの4GB GDDR6メモリを搭載します。

また、クロックスピードは2.2〜2.5GHz、消費電力は75W以下となり、エントリークラスのグラフィックカードではコネクターレスとなる予定です。

性能は、GeForce GTX 1650とGTX 1650 SUPERの間に着地すると予想されますが、レイトレーシング機能を搭載しています。

AMDやIntelに比べてIntelが持つ可能性のある大きなアドバンテージは、これらのカードで、現世代のカードでは完全に見捨てられていた250ドル以下の米国市場に参入するかもしれないということです。

GeForce RTX 3050シリーズは、これまでノートPC向けにしかリリースされておらず、RTX 3060は329USドルでエントリーレベルのアンペアセグメントにサービスを提供していますが、RX 6600は300USドル前後でAMDのエントリーレベルのソリューションとなることが予想されます。

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードと非常によく似ていますが、Alchemistは、より改良されたアーキテクチャ設計を採用し、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実にパフォーマンスが向上しています。

スペックから見ても、このラインナップはエントリーレベルのデスクトップ用ディスクリート市場に向けたものであることは間違いありません。

Intel Xe-HPGベースのディスクリートAlchemist GPUコンフィギュレーション:

GPUモデルグラフィック
カードモデル
GPU SKUExecution
Unit数
Shading
Unit数 (コア数)
メモリ容量メモリバス幅TGP
Xe-HPG
512EU
ARC A***DG2-512EU512 EUs409616/8 GB
GDDR6
256-bit225~275W?
Xe-HPG
384EU
ARC A***DG2-512EU384 EUs307212/6 GB
GDDR6
192-bit225-275W?
Xe-HPG
256EU
ARC A***DG2-512EU256 EUs20488/4 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
192EU
ARC A***DG2-512EU192 EUs15364 GB
GDDR6
128-bit150-200W?
Xe-HPG
128EU
ARC A***DG2-128EU128 EUs10244 GB
GDDR6
64-bit50-75W?
Xe-HPG
96EU
ARC A***DG2-128EU86 EUs7684 GB
GDDR6
64-bit50-75W?

このスケジュールによると、Xe-HPG Alchemistのラインアップは、NVIDIAのAmpereおよびAMDのRDNA 2 GPUと競合することになりますが、両社とも2022年末までに次世代パーツを発表する予定はないためです。

NVIDIAとAMDは2022年初頭にリフレッシュモデルを発表すると予想されているため、インテルの新ラインアップと競合することになるかもしれませんが、現在の性能期待値からすると、リフレッシュモデルがラインアップに劇的な性能差をもたらすことはないかもしれません」と述べています。

また、Xe-HPG ARC GPUは、モビリティプラットフォームにも搭載され、Alder Lake-Pノートブックに搭載される予定です。

ソース:wccftech - Intel ARC Alchemist High-End & Entry-Level Graphics Cards Pictured, Xe-HPG GPU Powered Designs For Gamers

 

 

 

解説:

以前に多様な記事があったのでアップデートされたのかと思っていましたが、あっちはレンダリングの画像でした。

今回は実機の写真がリークしています。

実機の画像もレンダリングとほとんど変わりません。

カバーに銀色をあしらったリファレンスデザインは黒が中心のGPUの中に会って、異彩を放っています。

リファレンスカード自体は搭載ファンが小さいためかかなり細い印象です。

AIBの独自モデルが出ることは確定していますので、ヒートシンクの形が若干変わるだけだと思いますが、もっとごつくてOC可能範囲も広い冷却性に優れた仕様になると思います。

デザイン的にはRX6000シリーズやRTX3000シリーズのモデルとほとんど変わらないものになると思います。

ガンガン回せばRTX3080と言わずにもっと性能が上がるのかもしれませんが、この細いカードのデザインを見ると安全策をとっているのかなと感じました。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.