GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3090/3080「PG133A」ボードがRRA認証を取得

投稿日:

NVIDIA PG133がRRA適合性評価を通過。

NVIDIA PG133A - RTX 3090/3080 Founders Edition?

PG133ボードは、ここ数週間で何度も様々な噂で言及されています。

それは、@kopite7kimiさんによって、次期GA102 GPUグラフィックスカードのボードデザインとして言及されていました。

シングルボードとは、NVIDIAが同じGPUをベースにした複数のモデルに使用しているボードのこと。

これにはX080シリーズやX060シリーズが含まれる。これらのカードはすべて、電源ステージやメモリレイアウトをわずかに変更しただけで、同じボードデザインを採用している。

PG133Aのボードは、韓国の電波研究院にスポットが当たっている。この認証プロセスは通常、製品が市場に出る前の最後のステップとなります。

NVIDIA PG133Aボード、ソース。RRA

これまでの発売から、Quadroシリーズではディスプレイ構成や電源回路が異なる独自のボードデザインを採用することが多かったため、PG133というボードデザインは採用されない可能性が高い。

また、PG132と呼ばれる別のボードバリアントがボードパートナーに採用されると考えられている。PG133は、以前のリークで示唆されていたように、NVIDIAのFounders Edition専用となるだろう。一方、PG133は、RTX 3080のリークで見たのと同じボード、つまり不定形のものである可能性が高い。

リークされたRTX 3080 Founders EditionはPG133のボードデザインを使用しているとされる

AMD D343とXGMIブリッジ

また、興味深いのは、コードネームD343という新しいAMDボードの登場だ。このボードは、新しいXGMIブリッジと同時にRRAのデータベースに追加された。

このインターコネクト技術は、次期Radeon Instinct MI100の電源にもなっているかもしれない。

D343ボードは、D34315、D34316、D34317、D34318、D34319と様々な構成で追加されている。

これらのバリエーションの数は、これがMI100であるという主張を裏付けるものではありません。

しかし、Arcturusチップのさらに多くのカットダウンモデルが期待されるはずだ。一方で、他のD343のバリエーションは、単に熱仕様が異なる特定のスーパーコンピュータなど、特別な用途のためのカスタムアクセラレータである可能性がある(あくまでも理論上の話だが)。

ソース:Videocardz.com - NVIDIA GeForce RTX 3090/3080 “PG133A” board gets RRA certification

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.