GPUについて

ゲーミングPCの最重要パーツ。

普通のパソコンとゲーミングPCの違いはGPUの性能の違いといってもよいと思います。

GPUは昔はウィンドウズアクセラレータと呼ばれていて、文字通り、Windowsを快適に動かすためのパーツだったのですが、2D性能が飽和して安いグラフィックカードでも快適にWindowsが動かせるようになると今度は3D性能が求められるようになりました。

これが今に続くGPUの流れです。

GPUにはCPU内蔵型と単体のGPUがあり、単体のGPUのほうが圧倒的に高性能です。

単体のGPUにはAMD社のRadeonとnVidia社のGeforceがありますが、ゲームの動作に関しては、最適化されているゲームの数が多いGeforceのほうがゲームに向いています。

自作PCの場合でもゲームに使うならGeforceシリーズの中から選ぶようにするのがセオリーです。

ゲーミングPCも主要なモデルはすべてGeforceシリーズのGPUを搭載しています。

2020年9月 Geforce RTX3000シリーズが発表になりました。

Ampereと言うコードネームで第二世代のレイトレーシングエンジンとDLSSを搭載し、CUDAコアが倍以上、TensorコアとRTXコアの処理能力が倍以上に向上したといわれています。

PCは必ず「最新世代」のものを買うようにしたほうが良いということは覚えておいてください。

ゲーミングPCは比較的長時間つけっぱなしにすることが多いですから、消費電力当たりの性能(ワットパフォーマンス)も重要です。

Geforceには下の表のようなモデルがあります。数字が大きいほうが性能が高く、値段も高くなっています。

Geforce RTX 3000シリーズ仕様一覧

 

Geforce RTX 2000/GTX 1600シリーズ仕様一覧

 

 

 

ソース:NVIDIA GeForce製品群

 

 

GPU性能一覧

ソース:3DMark - Search / PassMark - Videocard Benchmarks / Amazon - パソコン・周辺機器 - グラフィックボードNVIDIA GeForce製品群 / AMD デスクトップ用グラフィックス

※ 2020/10/25 一部OC込みの結果が混入しておりましたので、全面的に訂正いたしました。申し訳ありませんでした。

性能の比較がしやすいようにベンチマークテストの一覧を掲載します。

※ ベンチマークテストとはPCの性能を測るソフトウェアのことです。

GPU名の下に下線が付いている場合、クリックすると別Window・タブで販売ページが開きます。

3DMarkのDX12テストであるTime SpyとDX11テストであるFireStrike Extreme、総合ベンチマークであるPassmarkのGPUテストの結果を掲載しています。

いずれも数字が大きいほうが優秀です。

1W当たりのスコアも掲載しています。(FireStrike Extreme、TimeSpy両方出しています。)

VR Markに関してはGTX970がVR Ready PCの基準になっています。

VRのゲームが動く目安としてください。

ただし、VR HMDも高解像度化して、使用するHMDとゲームによってはもっと高い環境を要求されることがあります。

GTX1080程度の性能があれば快適にVRゲームがプレイ出来ます。

参考記事:VR HMDについて

参考としてAMDのRadeonRXシリーズとGeforceの旧世代製品であるGTX1000/GTX900シリーズおよびintel CPUに内蔵されているintel UHD 630 Graphicsの成績も載せています。

表は並べ替えもできますので、どのGPUが一番結果が良いか並べ替えできます。

RTX3000シリーズが発表になりました。

RTX3000シリーズのラインナップが出そろうまで、しばらく静観したほうがよいでしょう。

在庫処分品のRTX2000シリーズがあれば積極的に狙ってみるのもよいでしょう。

 

結論

  • レイトレーシング無しならGTX1660Ti、SUPERとは値段も性能も近いので、上のスコアを参考に価格で割ってお得な方を選択
  • レイトレーシング有りならRTX2060SUPER、ただし、型落ちのRTX2060も値段によってはあり

 

参考記事:GPU旧世代と現世代の性能比較

 

各GPUを使ったゲーミングPCのモデル一覧が見たい方はこちら

 

「ゲーミングPCの基礎知識」に戻る

 

 

更新日:

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.