CPUの性能

それでは、各CPUの性能について一覧にして比較したいと思います。

 

※ 末尾Fは内蔵GPU無しモデルです。GPUが無いだけで、中身はF無しのモデルと同じですので、CPUそのものの性能はF無しと同じになります。

ソース:PassMark Intel vs AMD CPU Benchmarks - High End

 

上が各CPUのとベンチマークテストの結果です。

CPUのベンチマークはCinebench R15とPassmarkの結果を表示しております。

Cinebench R15はレンダリングソフト用の計算速度を測るベンチマークで、PassmarkはCinebench R15より普通のアプリケーションを使った結果に近くなる傾向があります。

各ベンチマークにはSingleとMultiがありますが、Singleはシングルスレッド性能(1コア当たりの性能)、Multiはマルチスレッド性能(全コア・全スレッドの性能)です。

ゲームにおいてはシングルスレッド性能が高いことも非常に重要です。

 

2022年の状況

2021年11月に第12世代Core AlderLakeが発売されてAMD Ryzen 5000シリーズを抜き返しました。

シングルスレッド性能でもマルチスレッド性能でもCore i9-12900K/KFがトップに立ち、完全勝利しています。

また、Alderlakeに搭載されている高性能コアGoldenCoveは極めて高性能で、ゲームに重要なシングルスレッド性能では無敵の強さを誇っています。

 

 

ゲーミングPCの基礎知識メニュー一覧に戻る

2018/07/24 ベンチマークをGeekbench4からCinebench R15へ入れ替え

2018/07/26 一覧表の検索機能と複数ページ表記に対応

 

更新日:

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.