CPU情報 GPU情報

AMD Zen 3「Ryzen 4000」デスクトップCPUとRDNA 2「Radeon RX Navi 2X」GPUは2020年に発売予定 - EPYC Milanは今年後半に出荷、5nm Zen 4は2021年に発売予定

投稿日:

AMDは、最新の2020年第2四半期の決算コールにおいて、Zen 3ベースのRyzen 4000デスクトップCPUとRDNA 2ベースのRadeon RX「Navi 2X」GPUを2020年後半に投入する計画を改めて確認した。

AMDは、CPU、GPU製品ともに軌道に乗っていると述べたほか、サブ7nmプロセスノードを搭載した次世代製品や、今後数年での発売についての見解を示した。

AMD Ryzen 4000「Zen 3」デスクトップCPUとRadeon RX Navi 2X「RDNA 2」デスクトップGPUは2020年の発売に向けて軌道に乗る

AMDは2020年第2四半期に過去2番目の高収益を計上したばかりだが、同社はまだ最高の状態が続いていることを明らかにした。

AMDのCEO、Dr.Lisa Su氏によると、AMDは今年後半に2つの主要製品を発表する予定だという。

その中には、Zen 3コアアーキテクチャを搭載したクライアント向けのRyzen 4000デスクトップCPU「Vermeer」と、RDNA 2 GPUアーキテクチャを搭載したRadeon RXデスクトップディスクリートグラフィックスカード「Navi 2X」が含まれている。

現在の製品ポートフォリオと、2020年後半に発売が予定されている次世代CPU「Zen 3」とGPU「RDNA 2」の初期出荷により、下半期に力強い成長を遂げることができそうです。

AMD CEO - Dr.Lisa Su

また、AMDは最近、Zen 3ベースのRyzen 4000デスクトップ・プロセッサが高性能の旅の続きをマークすることを確認していた。

Zen 3アーキテクチャは、第3世代のRyzen 3000 MatisseファミリのCPUを置き換えるVermeerファミリのCPUの発売により、コンシューマ・デスクトップ・プラットフォームで最初に利用可能になるだろう。

では、AMDはPC分野で次は何をするのだろうか?あまり多くは語れませんが、今年後半に発売予定の初の「Zen 3」クライアント・プロセッサを搭載した高性能の旅が続いていると言えます。私たちのベストをまだ見たことがないということで締めくくりたいと思います...。

AMDコンピューティング&グラフィックス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント - Rick Bergman

AMDは、Zen 3ベースのコンシューマ向けCPUに加えて、Zen 3を搭載したEPYCのラインナップのコードネーム「Milan」についても語った。

第3世代EPYC Milanファミリーは、今年後半に出荷される予定であると述べられている。

少し前に、AMDはZen 3 Ryzen 4000 CPUをラボで稼働させていることを確認していたが、今はEPYC Milan CPUもラボで良好な状態であることを確認しているという。

2021年にはEPYC MilanがAMDの大きな牽引役となるだろうが、AMDは既存の第2世代EPYC Rome CPUでの大勝を期待している。

その点、AMDでは、今年の後半から2021年の前半にかけて、OEMやクラウドベースのプラットフォームの投入が予想されているとしている。

これを見る限り、EPYC Milanでは、2021年後半には顧客との連携を継続しているため、2021年後半にはEPYC Milanの勢いを取り戻し始めることになるだろう。

また、AMDはZen 4を搭載した初のEPYC Genoaのラインナップを2021年後半に投入することを確認しており、2021年末までには初出荷が開始されると予想できる。

今年の下半期に向けて、ローマではさらに多くのプラットフォームが登場します。多くのOEMプラットフォームを立ち上げており、さらにクラウドプラットフォームも追加していますので、ローマは今年の下半期にも来年にも当社の成長を強力に牽引していくと思います。

私たちはミラノに期待しています。ミラノはラボでは順調に進んでいます。我々は顧客と協力してミラノに取り組んでおり、今年後半には出荷を開始する予定だ。

AMD CEO - Dr.Lisa Su

AMDのCEOは、RDNA 2とCDNA 1のGPUが今年後半に発売される予定であることを確認しました。

AMDのCEOはまた、RDNA 2をBig Naviと呼び、よりメインストリームのスタックに移行する前に、まずエンスージアストグレードのGPUを見ることができるという事実を改めて強調しました。

AMDは以前、Big Navi GPUがRDNA 2の最初の製品として今年発売されることを確認しており、次世代コンソールの発売よりも前に発売されることになるだろうとしている。

 

Lisa はまた、RDNA 2 はハイエンド市場だけを対象にしたものではないと述べています。スタックのトップからそれ以外の部分へのフルリフレッシュとなるだろう。つまり、AMDはまずエンスージアストセグメントを狙っているだけで、2021年前半にはメインストリーム向けの性能提供製品を投入する予定だ。

RDNA 2、あるいはビッグナビと呼ばれているように、今年の後半に発売する予定だ。

私たちはRDNA 2のアーキテクチャに興奮しています。スタックのトップから他のスタックへのフルリフレッシュです。

AMD CEO - リサ・スー博士

AMDのCFOであるDavid Kumar氏はまた、RDNA 2アーキテクチャがスタック全体を通過することを明らかにしました。これは、ハイエンド製品だけでなく、メインストリームやハイエンドのグラフィックスカードをエンスージアストセグメントの下で、はるかに手頃な価格帯で手に入れることができることを意味します。

"Navi 2 (RDNA 2) のために多くの興奮がある、または私たちのファンがビッグナビと呼んでいるもの"

"Big Naviは基幹製品"

※ 原文の表現は「a halo Product」となっており「後光が差す(ような素晴らしい)製品」と言う意味ですが、最近できた言葉のようです。

"熱狂的なファンは最高のものを買うのが好きで、我々は確かに最高のものを提供するために努力しています。"

"RDNA 2アーキテクチャはスタック全体を貫く"

"メインストリームのGPUからエンスージアスト向けのGPUに至るまで、このアーキテクチャはゲームコンソール製品にも適用されます。

"これにより、より大きなエコシステムを活用し、レイトレーシングなどのエキサイティングな機能の開発を加速させることができます。

AMD CFO - David Kumar

AMDは、既存製品に加えて、2021年に向けて軌道に乗っているTSMCのブリードエッジ5nmプロセスをベースにしたEPYC Genoaとの次世代製品ロードマップにも注目した。

AMDのロードマップでは、RDNA 3、CDNA 2、Zen 4が2021年に初登場する見込みであることも確認されている。

AMDのRyzenラインナップはデスクトップCPUのRyzen 4000「Vermeer」で2021年まで行くが、RDNA 3のゲーミングGPUラインナップはNavi 3Xベースの製品で2022年まで行くという意味でも、最新のロードマップは興味深い。

AMDが先にサーバーのEPYC GenoaファミリでZen 4を発売する可能性がある一方で、次世代Zen 4ベースのRyzen CPUはRyzen 4000デスクトップCPUの発売から1年を経て、2022年初頭に登場する可能性がある。

AMDの更新されたCPU/GPUロードマップ:

AMDのZen 3ベースのRyzen 4000「Vermeer」デスクトップCPUについて知っていることはすべてここにある

AMD Zen 3アーキテクチャは、初代Zen以来の偉大なCPUデザインと言われている。

グループアップから全面的に刷新されたチップで、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、高効率化の3つに重点を置いている。

AMDはこれまでのところ、Zen 3には新しいCPUアーキテクチャが搭載されており、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、コア数の増加を実現していることを確認しています。一部の噂では、主要なキャッシュの再設計とともに、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加すると指摘されています。

また、EPYCのプレゼンテーションでは、Zen 3が統一されたキャッシュ設計を提供し、各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュがZen 2に比べて実質的に2倍になることを示したキャッシュ設計の大きな変更を見ることができました。

CPU はまた、Zen 3 ベースの Ryzen プロセッサを第 10 世代インテル Core の提供に近いもたらす必要があります

200-300 MHz のクロック ブーストまで取得することが期待されています。

それは、大規模な IPC の増加とアーキテクチャへの一般的な変更と一緒に、既存の Ryzen 3000 プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスになるだろう、

すでに Ryzen 2000 と Ryzen 1000 プロセッサ上の巨大なジャンプを作ったが、AMD は非常に最近発表したように革命的な製品ではなく、進化しています。

それを言うと、Rocket Lake-S はまだ何か、我々 はそれを禅 3 の挑戦者と呼ぶことができますが、時間がそれを明らかにする前に、そのリリースの前に評価する必要があります。

今のところ、AMDのZen 2ベースのRyzen 3000の競争優位性は、Intelが今年に向けて袖の中に持っているものに比べてあまりにも大きく、Zen 3ベースのRyzen 4000プロセッサは、その限界をさらに押し広げようとしています。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128112/224不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/12864/128?不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
2017201820192020/2021?2021/2022?

AMDのRDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2XデスクトップGPUについて知っていることはすべてここにある

AMD RDNA 2ベースのRadeon RX Navi 2xグラフィックスカードファミリーは、RyzenがCPUの世界全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊するとも言われています。これはAMD自身のかなり大胆な主張ですが、リークや噂では、AMDの次世代Radeon RXグラフィックスカードにも当てはまるのではないかと示唆されています。

AMDは、RDNA 2 GPUは、Zen 2がZen 1を上回ったように、第一世代のRDNA GPUを上回る性能のジャンプを実現すると発表した。

第一世代のRDNA GPUは、GCNアーキテクチャを上回るワットあたりの性能を50%も大幅に向上させたが、RDNA 2 GPUは、RDNA 1を上回る性能を実現し、ワットあたりの性能をさらに50%向上させると予想されている。

AMDが共有したロードマップによると、RDNA 2 GPUは、新しいGPUアーキテクチャの一部となる3つの重要な機能を備えているという。まず何よりもまず、ワットあたりの性能向上だが、これにはいくつかの理由がある。

AMDは、TSMCの7nmプロセスから、より先進的な7nmプロセスノードに移行する。新しいプロセス・ノード自体が新しいGPUのトランジスタ効率を向上させる一方で、全体のサイズを小さくすることで、AMDはより小さなパッケージにより多くの性能を詰め込むことができるようになります。

ワットあたりの性能を50%向上させた主な変更点は、クロックあたりの性能を向上させたIPC(Performance Per-Clock)の再設計されたマイクロアーキテクチャ、デザインの複雑さとスイッチング電力の削減に役立つロジックの強化、クロック速度の向上などの物理的な最適化などだという。

また、AMDは、RDNA 2 GPUがVRS(Variable Rate Shading)とハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを搭載することも発表している。AMDは、すでにTuring GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードに同技術を実装しているNVIDIAに追随している。

マイクロソフトとソニーの新しいコンソールの発売が間近に迫っていることから、AMDは、開発者が次世代ゲームタイトルに統合できるように、独自の最適化フレームワークを使ってこれらの機能を提供していく予定です。

また、AMDは最近、MicrosoftのDXR 1.1 (DirectX 12 API Ultimate) デモを実行しているRDNA 2 GPUを内部で公開し、ハードウェアアクセラレーションされたレイトレーシングを利用しています。

AMDのレイトレーシングへのアプローチは、開発の簡素化と迅速な採用を提供することであり、これはゲーム開発者の大多数が力を注いでいるコンソールを通じて可能であることは間違いありません。

最近の噂では、AMDのハイエンドのRDNA 2 GPUラインアップのみがハードウェアレベルでレイトレーシング技術を搭載するのに対し、エントリー層とメインストリームのラインアップは、NVIDIAがGeForce RTXとGeForce GTXラインのTuringグラフィックスカードをどのように区別するかに似た、より高い性能効率に焦点を当てることをほのめかしていました。

 

AMDのリサ・スー最高経営責任者(CEO)はすでに、RDNA 2 GPUを搭載したRadeon RXハイエンドファミリと、7nmのRDNAリフレッシュファミリが今年中に発売されることを期待できると述べている。

「Navi 2x」のラインナップは上から下までスケールアップし、その名の通り、第1世代のRXグラフィックスカードに比べて2倍の性能効率の向上を実現すると述べたプレゼンテーションの中でも同様のことが述べられていた。

そうは言っても、AMDのハイエンドRadeon RX Navi GPUは、巨大なダイサイズとGDDR6メモリを特徴とし、Navi 10の最大2倍の速度を実現する可能性があると指摘した最近の噂はすでに知っている。

第2世代Radeon RX Navi GPUに期待される機能のいくつかは以下の通りだ。

  • 最適化された7nmプロセスノード
  • 熱心なデスクトップグラフィックスカードのオプション
  • ハードウェアレベルのレイトレーシングのサポート
  • GDDR6グラフィックスカードのミックス
  • 初代Navi GPUよりも電力効率が高い

AMD Big Navi Radeon RX GPUの重要な特徴の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したように、4Kゲームセグメントを破壊しようとしているということだ。

これらは、AMDによるいくつかの大胆な主張ですが、これらの噂されている仕様が何かによって行くことがあれば、これらの主張は、はるかに先見の明がないかもしれません。

"Radeon 5000シリーズで、今日のPCゲーマー全体の90%程度をカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。"Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマーの90%程度をカバーしています。

"4K対応のGPUが来ないわけではありません。

"Ryzenと同様に、私たち全員が繁栄するAMD Radeon GPUエコシステムを必要としています。では、私たちは4Kを追いかけて、同様に4Kをディスラプトするつもりなのか?絶対に、それに期待していい。しかし、私が今言えるのはそれだけだ。"

- PCGamesN

今回も、AMDは独自のプレゼンテーションで、RDNA 2ベースのRadeon RX 'Navi 2X' GPUの熱狂的なクラスのパフォーマンスを強調しているので、それは何かを考慮する必要があります。

競争は、しかし、反対側からの競争は、AMDは、その高性能なグラフィックスカードを起動すると、目を閉じて行くことはありません。NVIDIAベースの次世代GeForce GPUは、我々が見てきた初期のスペックに基づいて、それ自体が獣になるようにシェイプアップされている。

AMDのRadeon RX GPUは、NVIDIAの既存のTuringラインだけでなく、次世代のAmpereラインアップに対して本当に持ちこたえられるかどうかを証明しなければならないだろう。

今年の下半期は、PC用の最新ハードウェアを待ち望んでいた世界中の消費者にとってエキサイティングなものになることは間違いありません。発売が近づくにつれ、今後の情報に期待してください。

ソース:wccftech - AMD Zen 3 ‘Ryzen 4000’ Desktop CPUs & RDNA 2 ‘Radeon RX Navi 2X’ GPUs On Track For 2020 Launch – EPYC Milan Ships Later This Year, 5nm Zen 4 in 2021

 

解説:

AMDのQ2中間決算発表で、Zen3とBig Naviが今年に、Zen4とRDNA3が来年に出ることが確認されました。

CPUはZen2でシングルスレッド性能がIntelに追いつき、Zen3で追い越し、Zen4ではもはや埋められないほどの差になると思われます。

しかもいずれも製造プロセスの進化を伴っており、低く見積もっても15%程度、高ければ25%程度のシングルスレッド性能の進化が見込めます。

特にZen4は5nmと言うさらに進化した製造プロセスを使うことが確定していますので、DDR5やPCI Express5.0への進化とも合わせて、Socket AM5?に進化するものと思います。

出始めのため恐らく一時的にメモリが割高になると思いますが、DDR5はDDR4と比較すると同じ速度表記でも約35%程帯域が広がると言われていますので、性能は期待できるでしょう。

Big Naviに関しても、Samsun 8nmが決定しているAmpereと比較すると、製造プロセスではかなり優位があります。

8nmと7nmでは大した違いが無いように見えますが、8nmは10nmの改良プロセスであり、トランジスタの密度だけ見ても2:3くらいの差があります。

また、どの製造プロセスを使うのか明示されていませんが、2021年にはさらに進化したRDNA3が発売されます。

2年に一度しかモデルチェンしないnVidiaと比較して、毎年アップグレードするAMDはそれだけ性能向上させる可能性があると言うことです。

私としてはRDNA2でnvidiaに追いつきねRDNA3でnVidiaを追い越すと思っています。

現在nVidiaはTSMCの5nmを押えているといわれていますので、2021年に何らかの新製品が出る可能性もありますね。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/08/06 19:23:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,480 (2020/08/06 19:23:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/06 19:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-CPU情報, GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.