CPU情報

Intel Rocket Lake-S CPUはPCIe 4.0 NVMe SSDで動作していることが判明

投稿日:

Intelがついに追いつく。

PCI-Express 4.0対応のIntel Rocket Lake-S

より多くのリークや噂が出始め、Intelの11th Gen Coreシリーズに徐々に近づいてきています。先週は、最初のエンジニアリングサンプルが5.0GHzに達していることを報告し、新しいデスクトップシリーズが現在のComet Lake-Sシリーズと同じようにゲームでの競争力を持つことを示しています。

そのリークの少し前に、MSIは彼らのH410マザーボードが予想通りRocket Lake-Sシリーズをサポートすることを確認しています。

第11世代CoreシリーズはLGA1200ソケットを使用することがかなり確認されています。まだ確認されていないのは、Intelが新しいプロセッサのためだけにZ590シリーズを計画しているのか、それとも400シリーズのすべてのマザーボードがプロセッサをサポートすることを可能にするのかということだ。

Rocket Lake-S (コードネーム Alder Lake-S) の後のシリーズは同じソケットを使用しないと予想されるため、LGA1200の寿命がかなり短くなることを意味するので、これはかなり興味深いトピックです。

覚えているかもしれないが、Rocket Lake-SはIntelのデスクトッププロセッサシリーズで初めてPCIe 4.0をサポートすることになると独占的に報じてきた。

この噂はすでにマザーボードメーカーが次期CPUシリーズのPCIe 4.0ハードウェア対応を発表していることが確認されている。

しかし今回は、Rocket Lake-SプラットフォームがPCIe 4.0デバイス、この場合はNVME SSDをサポートしているという最初の証拠(@tum_apisak氏が発見)を見ている。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

そんな中、Rocket Lake-SがCypress Coveのコアアーキテクチャを採用しているとの報道が浮上しています。

この噂はMoore's Law is Deadによって最初に報告され、後に@_rogameによって報告されています。

悲しいことに、証拠は提供されていません。現時点ではCypress CoveがWillow Coveの名前を変えただけなのか、それともデザインにさらなる変更があるのかは不明だ。

Willow Coveというコードネームのアーキテクチャは、9月2日に発売が予定されている次期Tiger Lake-Uシリーズで使用される。

IntelはRocket Lake-Sシリーズの発売日を確認していないが、後継機であるAlder Lake Sは2021年の後半に期待されていることを確認した。

したがって、Rocket Lake-Sは2020年後半か2021年前半に予想される可能性がある。

INTELメインストリームCPUシリーズ スペック

Coffee Lake-SComet Lake-SRocket Lake-SAlder Lake-SMeteor Lake-S
発売年20182020202020212022-2023
製造プロセス14nm14nm14nm??
アークテクチャーSkylakeSkylakeWillow Cove (?)Golden Cove + Gracemont?
最大コア数8コア10コア8コア16コア
(Big8コア+
Litttle8コア)
?
ソケットLGA1151LGA1200LGA1200LGA1700LGA1700
サポートメモリDDR4DDR4DDR4DDR5DDR5
PCI ExpressPCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 4.0PCIe 4.0?
世代8th/9th Gen Core-S10th Gen Core-S11th Gen Core-S (?)12th Gen Core-S (?)?
チップセットIntel 300 (eg. Z390)Intel 400 (eg. Z490)Intel 500 (Z590)Intel 600 (eg. Z690) (?)?

 

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

ソース:Videocradz.com - Intel Rocket Lake-S CPU spotted running with PCIe 4.0 NVMe SSD

 

解説:

Rocket Lake-SがNVBMe Gen4 SSDに対応していることが確認

また、これを言ってるのは当サイトだけですが、Rocket Lake-Sに搭載されるとされるCypress CoveはおそらくSunny Coveの14nm移植版です。

なぜならば、先日リークしたベンチマーク結果を見ると、キャッシュの構成がSunny Coveと同じであること、Willow Coveにしては遅すぎることなどが理由です。

これらのことは、Cypress Cove=Sunny Coveの14nm移植版と考えるとすべてが解決します。

 

Sunny Cove,Willow Cove, Cypress Coveのキャッシュの構成

Sunny CoveWillow CoveCypress Cove
L1 Inst.32KB Per Core32KB Per Core32KB Per Core
L1 Data48KB Per core48KB Per core48KB Per core
L2512KB Per Core1.25MB Per Core512KB Per Core
L38MB(4Core)12MB(4Core)16MB(8Core)

 

ソースは以下の画像

Core i7-1065G7(Ice Lake=Sunny Cove)

Core i7-1165G7(Tiger Lake=Willow Cove)

Rocket Lake-S ES(Cypress Cove)

※ 各画像はクリックすると拡大します。

 

また、以前の記事に書いた表を再び掲載しますが、

Rocket Lake-S ES VS Core i7-10700K VS Tiger Lake Core i7-1165G7

Core i7-10700KRocket Lake-S ESTiger Lake
Core i7-1165G7
コア数/スレッド数8C16T8C16T4C8T
ベースクロック3.8GHz3.41GHz2.8GHz
ブーストクロック5.1Ghz5.0GHz4.64GHz
TDP125W125W??
GeekBench5-Single135415071463
GeekBench5-Multi899376033810
1GHz当たりの
シングルスレッド性能
265.5301.4315.3

上の通り、Willow Coveと同一とみなすにはあまりにベンチマークが遅すぎます。

よって、Cypress Cove=Sunny Coveであると当サイトでは予測します。

これらの情報はコメント欄で指摘していたただいたものです。

ご指摘してくださった方、ありがとうございます。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.