CPU情報

Xeグラフィックス搭載のIntel Tiger LakeはAMDの最速7nm Vega統合GPUよりも優れています

投稿日:

IntelのTiger Lake CPUは今年後半に発売される予定で、同社の最新のXeグラフィックスアーキテクチャベースの統合GPUを搭載しています。

Xeグラフィックスアーキテクチャに関する多くの噂と憶測がありましたが、初期のサンプルからの最新のパフォーマンスリークは、AMDの更新された7nm Vega GPUをRenoir Ryzen 4000 CPU内で簡単に上回ることを示しています。

Xe GPUを搭載したIntelの第11世代Tiger Lakeプロセッサーは、AMDの7nm Vega統合グラフィックスを上回る

昨日、最大4.30 GHzのブーストクロックで動作する第11世代Intel Tiger Lake CPUを報告しました。

今日漏出したモデルは、以前に報告したモデルよりも高速ではありませんが、少なくとも合成ベンチマークでは、グラフィックワークロードをどのように処理するかを確認できます。

この特定のモデルは、以前見たすべてのTiger Lake-Uリストのように4つのコアと8つのスレッドを備えており、ベースクロックは2.70 GHzです。

チップの最大ターボコアクロックは2.8 GHzと報告されています。これは、ブースト機能が無効になっているか、3DMarkワークロードで使用されていないことを意味します。

※ 第11世代コアファミリ向けIntel 10nm Tiger Lake CPUは、2020年下半期に発売される予定です。

 

一方、GPUはXe(Gen 12)グラフィックアーキテクチャに基づいています。

GPUのコアクロックについては触れられていませんが、Tiger Lakeチップには96のEUが搭載されています。これは、DG1クラスのGPUに搭載されているものと同じです。

DG1 GPUは、ウルトラモバイル、PCモバイル、およびミッドレンジディスクリートグラフィックカードへのエントリーで利用されるXe LPマイクロアーキテクチャに基づいています。

 

Xe GPUを搭載したIntel Tiger Lake CPUは、入手可能な最もハイエンドなRenoirモバイル製品であるAMD Ryzen 9 4900HSに対してテストされました。

CPUは、8コア、16スレッド、3.0 GHzのベースクロック、4.3 GHzのブーストクロック、12 MBのキャッシュ(4 MB L2 + 8 MB L3)を備えています。

グラフィックス側には、12 nmの「Picasso」Vegaグラフィックスに比べてCUあたり50%以上のパフォーマンス向上を実現する拡張7 nm Vega GPUが含まれています。

このチップには8つのVega CUが搭載されており、1750 MHzでクロックされる合計512のストリームプロセッサが搭載されています。

注目すべき点の1つは、Ryzen 4000ベースのラップトップでは、Intel Tiger LakeチップがLPDDR4Xメモリ(8 GB)に対して3200 MHz LPDDR4メモリ(16 GB)のメモリを使用していたことです。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

※IntelのXeグラフィックスを搭載した第11世代のTiger Lake CPUと、AMDの7nm Vega GPUを搭載したRyzen 4000でテスト。 (画像クレジット:_Rogame

 

パフォーマンスの数値を見ると、CPUのパフォーマンスは、AMDのRyzen 4900HSのパフォーマンスよりも低いことが予想されます。

これは、予想されるクロックとコアの数が少なく、この比較は、35Wの高性能モビリティチップと15W-28Wの超低消費電力Tiger Lakeチップの間で行われているためです。

CPUテストは、AMD Ryzen 9 4900HSがIntelのTiger Lake-Uよりも最大64%高速であることを示していますが、そのグラフィックスコアは、議論に値するものです。

グラフィックステストでは、Intel Tiger LakeのXe GPUは、AMDの7nm Vega GPUよりも最大10%高速です。

また、2番目のグラフィックステストで最大14%速くなり、これらはまだ最適化されたドライバーと最終的なモデルで間違いなく改善される予備的な数値です。

 

そうは言っても、Intel Tiger Lake UチップとAMD独自のRyzen 4000 Uシリーズプロセッサを比較できます。

Proラインナップの3DMark Firestrikeスコアはしばらく前にリークされたので、それらを比較に使用できます。

Ryzen 3 Pro 4450Uは、ベースクロック2.50 GHzとブーストクロック3.80 GHzの4コアと8スレッドを備え、Ryzen 5 Pro 4650Uは、ベースクロック2.1 GHzとブーストクロック4.0 GHzの6コアと12スレッドを備えています。 一方、Ryzen 7 4750Uは、ベースクロックが1.7 GHz、ブーストクロックが4.2 GHzの8コアと16スレッドを備えています。

ここでは、Intelチップが4コア/ 8スレッドのRyzen Pro 4450Uを34%リードし、6コア/ 12スレッドのRyzen 4000 Proプロセッサーよりも優れていることがわかります。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

※ 3DMark PhysicsテストでのIntelのTiger Lake-UとAMDのRyzen UシリーズCPUの比較。 (画像クレジット:TUM_APISAK

 

Xe GPUはすでにRyzen 4000 Hシリーズチップの7nm Vegaグラフィックスを打ち負かしているため、Uシリーズの製品よりも先にあり、15W TDPの制約のために35-45Wの部品よりもわずかにパフォーマンスが低い可能性があります。

繰り返しますが、これらの数値は暫定的なものであり、最終版では改善される予定です。

Intel Tiger Lakeプロセッサは2020年に登場する予定であり、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられます。

まず、Ice Lakeプロセッサで現在搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアを使用します。

新しいコアに加えて、上記のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、および強化されたセキュリティ機能を取得します。

Intelはまた、Xe GPUをTiger Lakeチップに搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンスを実現します。

また、Xe GPUアーキテクチャと組み合わせて、10nm +ノードは、Ice Lakeチップに搭載された10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、増加したクロックを提供する必要があります。

10nm Tiger Lake CPUは、2020年の後半にAMDの7nm Zen 2ベースのRyzen 4000「Renoir」ファミリーに対抗します。

また、ファントムキャニオンとパンサーキャニオンのラインナップの一部として、2020年下半期に発売される新しい第11世代ベースのNUCも期待できます。

ソース:wccftech - Intel Tiger Lake With Xe Graphics Outperforms AMD’s Fastest 7nm Vega Integrated GPU

 

解説:

いつの間にかRyzen 9 4900Hの3DMarkスコアが出ていましたので、取り上げてみました。

そうはいってもTigerLakeはESなので、CPUのターボクロックは2.8GHzとかなり低いです。

この状態でGPUのスコアはAMDのフラッグシップモデルであるRyzen 9 4900Hより高いというのは注目に値します。

ただし、GPUの性能はCPUとTDPを分け合っており、両方が全力で稼働する状況になればもう少しスコアは落ちることになるかもしれません。

しかし、今まで今一つAMDにはかなわなかったGPUのスコアでAMDのフラッグシップモデルを抜くというのは画期的な変化だと思います。

iGPUがFullHDで満足な性能を発揮するには同クロックでDDR4より1.3倍ほどの性能があるDDR5の登場を待たねばならないでしょう。

しかし、Intelもようやくメモリの速度がボトルネックになるところまでiGPUの性能を上げてきたというのはなかなかに感慨深いものがあります。

まあ、この内臓GPUには元AMDのRaja氏がかかわっているはずですので、Renoirの内蔵GPUと兄弟モデルと言えなくもないです。

後に作られたほうが勝つ、当然と言えば当然です。

この結果でなければRaja氏が引き抜かれた意味がありません。

実際のところ、Intelの最大の問題は性能ではなく、数が用意できるかどうかなので、10nmの歩留まりは改善されたのかどうかですね。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.