CPU情報

Intel Core i7-10700K Comet Lake-S 8コア/16スレッドCPUに最大5.3 GHzのクロックを装備

投稿日:

TUM_APISAKによって驚くべきエントリーが発見され、最大5.3 GHzのクロック速度のIntelのCore i7-10700K 8コアおよび16スレッドデスクトップCPUが紹介されました。

Intel 10th Generation Comet Lake-S CPUラインナップはここ数か月で多くの変更を加えましたが、チップは主流の民生用プロセッサでこれまでに見た中で最速のクロックを搭載することになりそうです。

 

Intel Core i7-10700Kは、最大5.3 GHzの8コアと16スレッドのクロックでチャートを揺るがします

Intel Core i7-10700Kは、第10世代Comet Lake-Sデスクトップファミリの一部になります。

このファミリは14nmアーキテクチャとプロセスノードを再利用しますが、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサに取り組むためにより速いクロック速度とより競争力のあるコア構成をもたらします。

以前にラインアップリーク全体の仕様を見てきましたが、最新のエントリは以前に報告されたものよりも驚くほど高いクロック速度を示しています。

詳細に入る前に、当初、Core i7-10700Kは8コアと16スレッドを備えていると報告されていました。

このチップには、3.8 GHzのベースクロック、単一の5.1 GHzのブーストクロック、およびすべてのコアにわたる4.7 GHzのブーストクロックが付属しています。

チップは16 MBのキャッシュ、125 WのTDPを搭載し、Intelが競争力を維持するためにさらに価格を引き下げる可能性があるため、既存のCore i7-9700Kに近い価格で提供する必要があります。

 

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz
(Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz
(Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz
(Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz
(Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

ただし、以前に報告された情報は、シングルコアで最大5.1 GHzのブーストクロックを示唆していますが、チップの最新のエントリでは、5.3 GHzのブーストクロックが報告されており、かなり目を惹きます。

Intelは、Core i9-9900KSで行ったのと同様に、今回はKシリーズの製品に最も高い特別に選別されたダイを使用している可能性があります。

マルチスレッドのサポートを開放することは、チップがAMDのRyzen 7 3000シリーズプロセッサに対抗するのに非常に役立ちます。

これは、第10世代デスクトップ製品の発売の遅れと、過去にチップの仕様が異なっていた理由を説明するかもしれません。

今後の予定は、この変更がCore i7製品のみに限定されているのか、それ以外のラインナップでも同様のクロックスピード向上が発生するのかどうかです。

特別に選別されたダイを見ているため、消費電力が完全に不均衡にならない可能性があり、これらのチップからオーバークロックのヘッドルームを(わずかであっても)得る可能性さえあります。

私たちが心配すべき主なことは、これらのより高いクロック速度が単に短いバーストであるか(ターボブースト3.0が動作するはずです)、またはチップのより持続可能なクロックであるかです(適切なAIO /空冷設定の下で) 。

詳細に加えて、Core i9-10900Kが3DMark Firestrikeと3DMark Time Spyの両方に登場することで、さまざまなチップのパフォーマンスベンチマークもいくつか発見されました。

それはまともなパフォーマンス結果を示しており、AMDの12コアと24スレッドのRyzen 9 3900X CPUより5%の性能向上しており、価格は500ドルです。

Intel Core i9-10900Kも同じ価格帯で販売される予定です。

基本周波数で65W TDPを備えた8コアおよび16スレッドCPUであるIntel Core i7-10700も、AMDの8コアおよび16スレッドのRyzen 7 3800X CPUに対して、これはわずか500ポイント先であり、65W Ryzen 7 3700Xよりもわずかに高速であるいくつかの良い数値を投稿しています。

エントリーレベルの4コア/ 8スレッドチップであるIntel Core i3-10100も、Core i7-7700Kと同程度の性能で報告されています。

3DMark FireStrikeおよびTime SpyのIntel Core i9-10900KおよびCore i7-10700 CPUベンチマーク。 (画像クレジット:TUM_APISAK

そうは言っても、消費電力はAMD Ryzen 3000製品よりもはるかに高くなる可能性があります。

AMD Ryzen 3000は、AIBおよびボードメーカーが最近詳細に明らかにした7nmプロセスノードに基づいています。

ラインナップに関するもう1つの主な問題は、2020年後半にデビューする予定のAMDのZen3ベースのRyzen 4000ラインナップの近くで発売されることです。

Ryzen 3000はIntelが第10世代の部品と競争するのに十分な性能があるため、IntelがCore i9を$ 350〜$ 400に引き下げない限り、AMDは値下げをすることさえ考えないかもしれません。

しかし、再び、彼らはデスクトップCPUで競争力を維持するためにそうするための財政力を持っています。

Intelの第10世代のラインナップでは、すべての製品でマルチスレッド化とクロックの高速化を実現できますが、より多くの電力とより強力な冷却が必要になるため、最近のハイエンドのIntelセットアップとのトレードオフです。

ソース:wccftech - Intel Core i7-10700K Comet Lake-S 8 Core/16 Thread CPU Spotted With Up To 5.3 GHz Clocks

 

解説:

第十世代のCoreは素晴らしい性能になりそうではあるが・・・

Core i7-10700Kが5.3GHzのクロックであることがリークされました。

まあ、しかし、これは一番問題なのはどのくらいのTDPになるかであって、表記上は125Wでもターボの利いた状態の実際の消費電力はもっと高くなるでしょう。

これはAMDも変わりませんが、ユーザーは性能が劣っている製品の消費電力が高くなることを嫌います。

第十世代のCoreシリーズはツイッターで「プレスコットの再来」と言ってるフォロワーさんも見かけました。

14nmは8コア16スレッド、5GHzシングルコアターボで限界ギリギリだと思います。

しかし、AMDと競争していく上で、無理でもやらなくてはならないことをやってきたという感じです。

第10世代のCore i3などはついに第7世代のCore i7の仕様と同等になってしまいました。

全製品でHTTを搭載してマルチスレッド化されており、やれることはすべてやってきた仕様になっています。

逆に言えば14nmでこれ以上Skylakeを強化するのは難しいレベルになっているということです。

記事中にもありますが、5.3GHzを一瞬のブーストではなく、継続したクロックとして本当に出せるのかどうか9900KSを見ると私はちょっと疑問です。

9900KSの発売から3か月も経ってないわけですから。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.