CPU情報

AMD Ryzen 5 4500U CPUベースのノートブックテスト済み– i5-9600Kと同等の7nm Zen 2コア、Vega 6 iGPUによりGPUパフォーマンスが大幅に向上

投稿日:

AMDのZen 2ベースのRyzen 4000ノートブックの禁輸措置はまだ解除されていませんが、Ryzen 5 4500Uに基づいたラップトップのレビューの1つはOverclockers.ua(ノートブックチェック経由)によって流出したようです。

このレビューは、第3世代AMD Ryzen 4000 CPUベースの製品の主流ラインナップから期待されるものを適切に表しています。

 

AMD Ryzen 5 4500Uノートブックレビューリーク-デスクトップグレードCPUと強化された統合グラフィックスを備えた主流のラップトップパワーハウス

テストされた製品は、小売り用の棚にはまだ載っていないが今月中に発売されるACER Swift 3 S314-42ノートブックでした。 このノートブックは、2.3 GHzのベースクロックと4.0 GHzのブーストクロックで6コア、6スレッドをロックするAMD 'Renoir' Ryzen 5 4500 CPUを備えています。

このチップは8 MBのL3と3 MBのL2キャッシュを搭載し、15Wパッケージで提供されます。

Ryzen 4000 Uシリーズプロセッサは、Intelの10nm Ice Lake-Uおよび14nm Comet Lake-Uチップに対して理想的な位置にあります。

Ryzen 5 4500Uには、384コアと最大1500 MHzのグラフィッククロックを備えた、更新された7nm Vega 6グラフィックコアも搭載されています。

AMD Ryzen 4000「Renoir」モバイルプロセッサの仕様

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
最大ブースト
クロック
GPU
CU数/SP数
TDP
AMD Ryzen
9 4900H
8 / 16不明不明不明45W
AMD Ryzen
7 4800H
8 / 162.9 GHz4.2 GHz8 / 51245W
AMD Ryzen
5 4600H
6 / 123.0 GHz4.0 GHz6 / 38445W
AMD Ryzen
7 4800U
8 / 161.8 GHz4.2 GHz8 / 51215W
AMD Ryzen
7 4700U
8 / 82.0 GHz4.1 GHz7 / 44815W
AMD Ryzen
5 4600U
6 / 122.1 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen
5 4500U
6 / 62.3 GHz4.0 GHz6 / 38415W
AMD Ryzen
3 4300U
4 / 42.7 GHz3.7 GHz5 / 32015W

CPUの仕様に加えて、ノートブックは8200 GBのLPDDR4メモリを3200 MHzでクロックを備えています

256 GBのSamsung M.2 SSDがありますが、仕様リストにはHDDオプションがリストされていません。

また、PCBに余分なM.2スロットはないようです。そのため、ストレージを拡張する唯一のオプションは、既存のM.2ドライブを容量の大きいものに交換することです。

ラップトップのその他の仕様には、1080p HDの解像度をサポートする14インチIPSディスプレイが含まれます。

I / Oは、DisplayPortまたはPower Delivery、USB 2.0、HDMI、およびオーディオ出力を可能にするUSB 3.2 Gen 1(Type-AおよびType-C)ポートを提供するラップトップで、見た目からかなりまともです。

WiFi 802.11axおよびBluetooth 5.0のサポートもあります。

このノートパソコンの重量は正確には1.19 kgで、価格は約700 USドルです。

Notebookcheckは、ノートブックを、4つのコアと8つのスレッドを備えた8th Gen Core i5-8250Uを採用した同様の価格のIntel製品と比較するのに素晴らしい努力をしました。

テストによると、AMD Ryzen 5 4500Uは、同じく15Wの製品であるCore i5-8250Uよりも最大50%高速です。

新しいIntel Core i5-10210UまたはCore i5-10510Uと、Ice Lake-Uに基づくものも比較されませんでした

しかし、第10世代Comet Lake-U製品のより高速なクロック速度またはIce Lakeノートブックの非可用性は、ノートブック分野全体でIntelがあまり役に立たないと結論付けることができます。


AMD Ryzen 5 4500U CPUベンチマーク:

 

AMD Ryzen 5 4500U GPU総合ベンチマーク:

 

AMD Ryzen 5 4500U GPUゲーム・ベンチマーク:

グラフィックパフォーマンスに移ると、Ryzen 5 4500U上のRadeon Vega 6 GPUは、既存のRyzen 3000ノートブックパーツよりもほぼ60%優れたグラフィックリードで動作します。

GPUは間違いなく、ほとんどのゲームを適切なフレームレートで1080pで実行できますが、より要求の厳しいタイトルは720pの解像度で再生できます。

統合されたVegaグラフィックスは、主流ノートブックのコストを引き上げる個別のグラフィックスカードを必要とせずに、1080p解像度のeSportsゲームに最適です。

また、これにより、ノートブックはアイドル状態のワークロードと集中的なワークロードの両方で消費電力を抑えることができます。

 

バッテリータイミングもかなり安定しているようです。テストでは、標準ワークロード(PCMark 10スイート)で最大12時間のバッテリー時間が報告されます。

AMDは最近、ノートブック分野で大きな利益をもたらす最新の市場シェアの数値を発表しました。

7nm Zen 2は、元のRyzen 2000ファミリ以来のAMD Ryzenモバイルラインナップの最大のアップデートであり、AMDがRyzen 4000でさらに大きな出荷量を確保することが期待できます。

AMDは、2020年第1四半期に最初のRyzen 4000ノートPCを出荷し、2020年全体で100+モデルを出荷する予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5 4500U CPU Based Notebook Tested – 7nm Zen 2 Cores On Par With i5-9600K, Vega 6 iGPU Delivers Huge Boost in GPU Performance

 

解説:

Ryzen 5 4500Uのベンチマークが流出

これから出荷されるとみられるRyzen 5 4500Uのベンチマークが流出したようです。

元記事ではなぜか比較の対象がCore i5-8350Uとなっており、可用性のないCore i5-10210U(Ice Lake)と比較することには意味がないというよくわからない理屈をこねて旧世代のモデルを引き合いに出しています。

フェアではないと思いましたので、こちらでネットから結果を引っ張ってきました。

それが上の結果になります。

Ice Lakeと比較するとシングルはほぼ同等、マルチでは上回るという結果になっています。

なんにせよ。Intelに水をあけられていたノートPC向けCPUでもIntel追いつき、追い越したということになります。

元記事ではずいぶんAMDに偏った書き方をしてありますが私はこういうのは嫌いです。

Ice Lakeと比較して困る結果でもないのでなおさらです。

正直、この世界にはおかしなバイアスに脳が汚染されて本当のことを書かない人が多すぎると思うので(笑、この際はっきり書いておきます。

モバイルRyzen4000Uシリーズの上位モデルには8コアモデルもありますので、OEMは大喜びでしょう(笑

それを象徴するかのようにすでに100モデル以上の搭載ノートが発売確定しているようです。

OEMはIntelの牙城ですから、ここを落とされたらあとはサーバーのみ。

Tiger Lakeは性能は十分でしょうが、数が出せるのかどうか、それが争点になるでしょう。

実際にすでに100モデル以上のモバイルRyzen搭載ノートが発売予定になっているわけですから、数が出せないんですかね(笑

Intelは都合の悪いところには触れませんが、やはり歩留まりがかなり悪いようですね。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.